退職代行は弁護士法違反か。見解が分かれている理由を解説

こんにちは。子会社に異動してわずか6ヶ月で退職したsmisです。

退職代行という新しいサービスが生まれましたが、弁護士法違反だ!非弁行為になる!とか言われているのでちょっと不安になりますよね。

特に気になるのは、

 

「退職代行業者の退職代行って弁護士法違反じゃないの?合法なの?」

「法的問題になって訴えられることはないの?」

 

このような疑問については、実は、弁護士の間でも見解が別れています。

様々な見解があるので、見ていきましょう。

当サイトからのご相談No.1はSARABA
  • 29,800円で最安値クラス!
  • 退職代行実績2000人越え!
  • 24時間365日営業でLINEレス5分以内で不安がすぐ解消!
  • 有給消化率98%!
  • 行政書士が実行で安心!

退職代行サービスとは?

まず退職代行について簡単におさらいをしましょう。

退職は本来、誰でも希望すればすぐできるのですが、会社を辞めたくても辞められない方ってすごく多いと思います。

 

また、勇気を出して退職を伝えたのに受理されず、退職できない方もいると思います。

このように、退職を言い出せない方や、退職が受理されない方に代わって、退職する意思があることを代理で伝え、無事に退職まで持って行ってくれるサービスなのです。

退職代行は弁護士法違反であるという意見

退職代行が弁護士法に違反しているのか、合法の範疇なのか、2018年現在の見解を調査しました。

 

結論から言うと、違法かどうか現時点では誰にもわからないです。

争点になっているのは、弁護士法第72条の見解です。

第七二条 弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない

引用元:https://ja.wikibooks.org/wiki/%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB%E6%B3%95%E7%AC%AC72%E6%9D%A1

噛み砕いて言うと、

  • 弁護士や弁護士事務所以外は、その他の法律事務を取り扱ってお金を稼いではいけません。
  • 弁護士や弁護士事務所以外は、その他の法律事務の取り扱いにおいて、交渉の仲立ちをしてお金を稼いではいけません。

 

ということを示しています。ここまで踏まえた上で、弁護士法違反であるという意見についてみていましょう。

中野駅前総合法律事務所

「その他の法律事務」というのはなんぞやと気になりますが、中野駅前総合法律事務所の見解を載せます。

その他の法律事務とは、法律上の効果を発生、変更する事項の処理や、保全、明確化する事項の処理をいいます(東京地方裁判所平成29年2月20日判決・東京地方裁判所平成29年(ワ)第299号参照)。

噛み砕いていうと、退職の意思表示を本人に代わって伝えると、会社と労働者の「労働契約が終了する」ため、法律上の効果に該当。

そのため、(弁護士ではない)退職代行業者が、退職の意思表示を会社に伝えるということは、労働契約終了という法律上の効果を発生させる処理(その他の法律事務)を取り扱うことになるため、違法であるという見解です。

参考:中野駅前総合法律事務所、https://nakano-houritsu.com/2018/10/15/retirement-acting-service-attorney-act-violation/

退職代行は弁護士法違反ではないという意見

退職代行はあくまで退職の意思を代弁しているだけで、弁護士法72条には該当しないという見解もあります。

退職代行EXIT(ベンチャーサポート法律事務所)の見解

EXITの退職代行非弁行為についての見解です。

(こちらは公式に発表しているわけではなく、私の独自取材によるものということをご了承ください。)

 

EXITは顧問弁護士としてベンチャーサポート法律事務所さんがいます。

EXITでは、退職をしたいと伝えるだけであれば、正式な意思表示をしているわけではなく、本人から退職届を郵送してはじめて正式な退職の意思表示として効力が発揮されると考えられています。

 

確かに、伝えるだけでは効力を発揮していなさそうですよね。

退職届けが出たら正式に会社も動き始めますからね。

まとめ

  • 非弁行為については、弁護士により見解が異なる。
  • 法律事務の解釈が争点

 

某テレビ番組(行列のできる・・・)でも弁護士が複数いますけど、同じ事例でも見解が異なりますよね。

 

また、「Aさんが退職したいと言っています、と伝えること」が弁護士法72条の「その他の法律事務」にあたるかどうかが争点となりそうです。

 

この件については、今のところ退職代行サービスが原因で裁判になった例がありませんし、日弁連の見解も出ていません。

 

そのため、不安な方は退職代行を行なっている弁護士に依頼してもいいですし、そこまで気にならない人は、退職代行サービス業者さんにお願いしましょう。

 

そして退職をしたい方はすぐに行動し、自分の貴重な人生を有意義に過ごすようにしましょう。

世の中には仕事はたくさんあるし、あなたに合う職場はきっとあります。




他の退職代行も知りたいと思う方は、20社以上に相談した経験をもとに作成した、オススメランキングをご覧ください。


関連実際に連絡してわかった本当におすすめの退職代行ランキング【20社に潜入調査】


実際LINE相談した体験をもとに、業者の態度や対応速度など、細かい調査結果をまとめていますので、あなたに最適な退職代行が見つかるはずです。


管理人厳選の退職代行サービス3選【2019年版】

退職代行「SARABA」
オススメポイント
  • 料金は29,800円で最安値クラス
  • 退職代行実績2000人越え
  • 24時間365日営業でLINEレス5分以内で不安がすぐ解消
  • 有給消化率98%
  • 行政書士が実行で安心
smis
29,800円の最安値クラスの料金であり、 それでいて、365日24時間対応や、素早いLINEレス速度もめちゃくちゃ速いので不安がすぐ解消します。総合力トップの退職代行です。

行政書士による退職代行の実行や、有給消化率も高いの安心です。

とりあえずどこがオススメ?と聞かれたら、まず出てくる退職代行です。

汐留パートナーズ法律事務所
オススメポイント
  • 弁護士の退職代行
  • LINEレスが平均12分と弁護士最速
  • 有休消化請求無料
  • 退職金・残業代請求の着手金無料
  • 超巨大法律グループの安心感
smis
LINE返信速度は12分であり、速度ランクもNo.3です。ここまで速い弁護士は他にはありません。

また、有休消化請求は無料で、残業代や退職金請求の着手金も無料というのは、弁護士業界ではかなりの破格対応と言えます。

弁護士にお願いしたいなら、まずは汐留パートナーズをオススメします。

なお、LINEで友達追加したら、一度自分でコメントを送信する必要がありますのでご注意を。(おそらくシステム都合)

退職代行「ニコイチ」
退職代行ニコイチ
オススメポイント
  • 有名退職代行で最安値の28,000円
  • 退職代行実績4500人以上
  • 創業14年の実績
  • 提携会社からの転職成功で退職代行費用キャッシュバックあり
smis
退職代行が有名になる前から、退職代行業務を実行し10年以上の老舗。
退職代行実績はなんと4500人以上で100%の成功率

有名退職代行では最安値の一律28,000円という破格でありながら、心理カウンセラーによるカウンセリングや、転職成功で退職代行費用全額キャッシュバック制度もあります。

メンタルサポートや転職まで考えている人にオススメです。