実際にあった退職代行での失敗・トラブル体験談。後悔している?

退職代行の失敗が気になる男
 退職代行って本当にやめれるのかな。

失敗したり、トラブルにならないんだろうか。

使った人の体験や後悔してることとかを聞いてみたい。

 

退職時代行利用によるトラブルは、業者とのトラブルと、会社とのトラブルの2種類がありますが、1つ1つみていきましょう。

 

退職代行業者とのトラブル・失敗談

まず業者とのトラブルですが、以下のようなものが考えられます。

  • 退職代行を実行したのに失敗される
  • お金を振り込んだのに退職代行が実行されない
  • 退職後も会社とのやりとりに入ってほしいのに連絡がとれない

退職代行を実行したのに失敗される?

現段階では、退職代行を失敗しているところは見当たりませんでした。メジャーどころは退職率100%です。

ただ、一部、こじんまりとした退職代行サービスで、退職率99.7%というところがあるようです。

また、退職代行を実行したものの、退職をするか、休職にするか選んでもらうというケースがあったそうです。

このときに休職を選ぶと退職代行失敗にカウントされちゃうのかな?とも思いますが、各社の判断によるのでしょう。

お金を振り込んだのに実行されない?

次に、お金を払って退職代行が実行されないという苦情は見当たりませんでした。

これをやってしまうと、詐欺になりますが、退職代行で詐欺するのは難しいと思います。

現在の社会では、ネットでの悪評が上がれば瞬く間に拡散されますからね。

退職代行を実施した後に業者と連絡が取れない?

退職代行を実行した後に連絡がとれないことは、ポツポツあるようです。

これについては、業者と当事者で取り決めをしっかりして、理解していないと起こるトラブルだと思います。

退職代行実行したら終わりなのか、離職票を受け取るまで仲介をしてくれるのか?などは、業者によって異なりますので、あらかじめ確認しておくことをオススメします。

【実録】退職の失敗、トラブル体験談

さて、一番問題なのが、会社とのトラブルですよね。

失敗談・ドラブル事例を紹介します。

  1. 退職を認めない、引き止めにあう
  2. 有給休暇を使わせてくれない
  3. 離職票を送ってくれない
  4. 追い回される
  5. 退職代行で失敗される

 

退職代行失敗談1.退職を認めない、引き止めにあう

退職代行での失敗・トラブル体験談を紹介。後悔している?

退職を認めないと言っても、退職の意思表示をしてから2週間たてば法律的に辞められます。退職届を受理しないのは、労働基準法的に問題になります。

常識的にありえないですが、いわゆるブラック企業にはあるようです。

例えば、エンジャパンさんが2018年11月28日に調査したアンケートでは、引き止めの理由は、「後任が不在だから」、「進行中のプロジェクトの途中だから」などが多いとのこと。

これくらいならまだ良質なひきとめですが、悪質な引き止めはもっとひどいです。

アンケートに答えたAさん
退職届を受け取ってもらえないので、内容証明郵便で退職届を送ったが、破棄されました。

再度送ったのですが、受取拒否されました。

らちがあかないので、労働基準監督署に相談することで解決しました。

 

参考:https://news.careerconnection.jp/?p=63383

このような悪質な引き止めがあれば、労基に相談するのがオススメです。

ただ、退職代行を使えばなんと言われても「辞めますと本人はおっしゃっています」で終わらせることができます。

退職代行失敗談2.有給休暇を使わせてくれない

なんJさん(仮名)
退職代行サービスを利用して退職することは決定。

しかし、有給休暇は使わせてもらえず、退職まで出社することになってしまった

 

これは、ものすごい気まずい失敗です。

ただ私が思うに、退職を伝えてもう二度と行きたくない場合、欠勤扱いでもいいので会社にいかなければいいと思います。

最悪、それだと無断欠勤連続で解雇になるのでは?と思われる方はご安心ください。

 

まず、解雇するときは会社は解雇予告する必要があり、予告から30日経たないと解雇できません。

一方で、退職に関する民放では、退職の意思表示をしてから、2週間で辞められる。(雇用期間の定めのない正社員の場合)と定められています。

つまり、解雇される前に退職可能なのです。

民法
(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
627条
1 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。

引用:Wikipedia

 

でも、普通の解雇ではなく、懲戒解雇っていう即日解雇があったと思うけど、と思われるかもしれません。

確かに、即日解雇という方法もありますが、会社は「解雇予告をせず解雇できる基準(解雇予告除外認定基準)」を満たす必要があります。

それが以下の図の⑤です。

引用:労働基準監督署 https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/library/tokyo-roudoukyoku/seido/kijunhou/shikkari-master/pdf/

 

その基準とは、2週間無断欠勤した場合。つまり、14日間無断欠勤した場合に解雇予告せずに解雇できるようになるのです。

しかし、退職意思表示から退職までは14日しかなく、その間には公休日もあるので、稼働日は10日しかないですよね。10日の欠勤で済むので、即日解雇されることはないのです。

ちなみに無断欠勤は「正当な理由なく欠勤すること」なので、体調が悪いなどの理由があれば、無断にもカウントされません。

有給休暇は労働者の権利であり、申請すれば基本的に全部消化できます。

ただ、会社にも時季変更権という権利が認められており、あなたが休むことで会社に大きな損害が出るとか、立ちいかなくなる場合は、有給の時期を変更することができるというのもあります。

しかし、一般的には、あなたがいなくなることで会社が潰れることはないので、時季変更権を行使されることは無いです。

もし使うぞと言われたら、それは脅しか、一個人だけに頼りきっていたヤバイ会社です。

このようなもっともらしい理由で、有給消化を拒否された場合ですが、退職代行サービスの方に交渉してもらうのは不可能です。

「交渉」を退職代行サービスが行うと、非弁行為(弁護士でしか認められていない交渉等をすること)となり、法律違反の対象になってしまうためです。

本当に交渉が必要となれば、弁護士の方に別途費用をかけてお願いしましょう。

退職代行失敗談3.離職票を送ってこない

退職代行での失敗・トラブル体験談を紹介。後悔している?

ツイッターでつぶやかれていたうっちーさんは、友達の旦那さんがトラブっているというツイートををされています。

退職代行を利用したものの、離職票がおくられてこなかったり、未払い賃金も無視されているようです。

これは、退職代行サービスを利用したからのトラブルというより、ただその会社が悪質なも行為をしているだけと考えます。

なお、離職票が送られてこないというトラブルがあった場合、ハローワークでも発行してもらえます。

退職代行失敗談4.追い回される

家まで押しかけてくる、というのはさすがに見当たりませんでしたが、有名退職代行サービスEXITさんのお話では、カーチェイスになって追いかけまわされたことがあったとのこと。

退職代行EXITさん
 退職者が会社の車を返し忘れていたので、そっと会社に返しに行ったら、会社の人が待っていて2〜3人で車で追いかけてきました。 

 

こんなことされたらメチャクチャ焦りますよね。

ただ、この会社の方は、逃げることはないだろう、ちゃんと話したかっただけだ、と言って、無事会社を辞められたとのこと。

退職代行を使った人は後悔しているのか?

退職代行を使って後悔している人はいるのか、ツイッター等で感想を調査しました。

現時点では、後悔している人はいませんでした。

苦しんでいる人にとっては画期的なサービスであるということがわかります。

さいごに

退職代行での失敗・トラブル体験談を紹介。後悔している?

退職代行の失敗、トラブル、後悔についてまとめました。

退職代行を失敗しないためには、退職金、有給休暇、残業代などの交渉ごとを失敗したくない場合は、退職代行サービスではなく、弁護士に依頼するようにしましょう。

身体を壊すと思ったら無理せず、退職代行や弁護士に依頼して、退職しましょう。

周りも大切だけど一番大切なのは自分の身体です。



管理人厳選の退職代行サービス3選【2019年版】

SARABA
オススメポイント
  • どんな方も3万円で100%退職できる!
  • 海外スタッフ在中で完全24時間対応!
  • LINEレスは平均5分以内で不安はすぐ解消!
  • 法律に詳しい行政書士が実行!
3万円という低価格でありながら、海外にスタッフをおくことで、完全24時間対応を実現しています。

さらに、LINEのレス速度も平均4.5分と圧倒的なスピードなので、不安がすぐに解消できます。

また、行政書士の退職代行により、会社の方も冷静になるため、スムーズに話が進みます。

どこが1番オススメと聞かれたら間違いなくSARABAですね!

辞めるんです


オススメポイント
  • 24時間対応&LINEレス15分以内!
  • どんな質問も丁寧に答えてくれる!
  • 有給消化率95%以上!
  • キャンペーン中は3万円!


24時間対応で、LINEレス速度は15分以内と素早い対応をしてくれます。

一番の特徴は、こちらの質問に親身になって丁寧に答えてくれるところ。

私のわりと失礼な質問にも、きちんと返してくれて一人一人に真剣に向き合ってくれている感じがしました。

さらに、有休消化についても力を入れており、独自のノウハウにより有給全消化を95%以上成功されています。

もちろん顧問弁護士の指導も受けているので安心感があります。

この内容でありながら4万円とリーズナブルなのに、今なら、キャンペーン中で3万円で実施可能です。

素速くて、親身な対応、有給も消化したいなら、辞めるんですがオススメです!

川越みずほ法律会計


オススメポイント
  • 弁護士なのにリーズナブルな料金!
  • 弁護士なのに24時間営業!
  • LINEレス平均70分以内と素早い!
  • どんな質問も丁寧に答えてくれる!


正社員54,000円、パートアルバイト32,400と弁護士の中では料金が最安です。

この価格でありながら、24時間365日営業という、異例な営業をしている弁護士事務所です。

弁護士って依頼者のことを見下している人もいますが、清水弁護士は依頼者に寄り添い真剣に耳を傾けてくれます。

さらに、LINEの返信も弁護士の中では最速で、平均約70分で返ってきます。

弁護士にお願いしたいなら、川越みずほ法律会計の清水弁護士しかありません。



ABOUTこのブログをかいてる人

1986年に関東で生まれ関西で育つ。一部上場メーカーで化粧品開発に7年従事し子会社に異動。上司と部下の板挟みで消耗しわずか6ヶ月で退職。現在はWEB関連フリーランスとして奮闘中。妻・息子・住宅ローンあり。 Favorite:歌をうたう、ギター、カレー、コーヒー、ツナサラダ。