実際にあった退職代行での失敗・トラブル体験談。後悔している?

「退職代行って本当にやめれるのかな。失敗したり、トラブルにならないんだろうか。

使った人の体験や後悔してることを聞いてみたい。」

 

退職時代行利用によるトラブルは、業者とのトラブルと、会社とのトラブルの2種類がありますが、1つ1つみていきましょう。

 

当サイトからのご相談No.1はSARABA
  • 29,800円で最安値クラス!
  • 退職代行実績2000人越え!
  • 24時間365日営業でLINEレス5分以内で不安がすぐ解消!
  • 有給消化率98%!
  • 行政書士が実行で安心!

退職代行業者との失敗談・トラブル

まず業者との失敗・トラブルですが、以下のようなものがあげられます。

  • 退職代行を実行したのに失敗される
  • お金を振り込んだのに退職代行が実行されない
  • 退職後も会社とのやりとりに入ってほしいのに連絡がとれない

 

退職代行を実行したのに失敗される

現段階では、退職代行を失敗しているところは見当たりませんでした。

メジャーな退職代行の退職率100%です。

 

ただ、一部、こじんまりとした退職代行サービスで、退職率99.7%とかほぼ100%とかいうところがあります。

 

ほぼ100%というのは、退職するか休職するかを選ぶことになり、依頼者が休職を選んだケースとのこと。(退職代行SARABAより)

 

お金を振り込んだのに実行されないトラブル

次に、お金を払って退職代行が実行されないということを調べましたが、苦情は見当たりませんでした。

これをやってしまうと、詐欺になりますが、退職代行ビジネスで詐欺するのは困難です。

詳しくは関連記事ご参照。

 

関連退職代行サービスでは詐欺できないたった1つの理由

 

退職代行を実施した後に業者と連絡が取れない?!

退職代行を実行した後に連絡がとれないことは、ポツポツあるようです。

これについては、業者と当事者で取り決めをしっかりして、理解していないと起こるトラブルだと思います。

退職代行実行したら終わりなのか、離職票を受け取るまで仲介をしてくれるのか?などは、業者によって異なりますので、あらかじめ確認しておくことをオススメします。

 

会社との体験談・トラブル

さて、一番問題なのが、会社とのトラブルですよね。

失敗談・ドラブル事例を紹介します。

  1. 退職を認めない、引き止めにあう
  2. 有給休暇が足りない
  3. 有給を使わせない時季変更権で脅される
  4. 離職票が送られてこない
  5. 社員全員で自宅に押しかけられる
  6. 車で追い回される

 

退職代行失敗談1.退職を認めない&引き止めにあう

退職を認めないと言っても、退職の意思表示をしてから2週間たてば法律的に辞められます。

退職届を出すことで退職の意志表示になりますが、退職届を受理しないのは、労働基準法的に問題になるので、常識的にありえないですが、ブラック企業にはあるようです。

 

また、引き止めについてみますと、エンジャパンが2018年11月28日に調査したアンケートでは、「後任が不在だから」、「進行中のプロジェクトの途中だから」などで引き止めることが多いとのこと。

引き止められると、つい、応じてしまいますが、辞めたいなら断固たる決意で辞めねばなりません。

 

また、悪質な引き止めはもっとひどいです。例えば、以下のお話。

 

アンケートに答えたAさん
退職届を受け取ってもらえないので、内容証明郵便で退職届を送ったが、破棄されました。

再度送ったのですが、受取拒否されました。

らちがあかないので、労働基準監督署に相談することで解決しました。

 

参考:https://news.careerconnection.jp/?p=63383

 

このような悪質な引き止めがあれば、労基に相談するのがオススメです。

ただ、退職代行を使えばなんと言われても「辞めますと本人はおっしゃっています」で終わらせることができます。

 

退職代行失敗談2.有給休暇が足りない

なんJさん(仮名)
退職代行サービスを利用して退職することは決定。

 

しかし、有給休暇が足りなくて、退職まで出社することになってしまった

 

これは、ものすごい気まずい失敗です。

こうならないためには、有給は2週間以上確保した上で辞めるのが得策です。

 

ただ私が思うに、退職を伝えて明日から会社に行きたくない場合、欠勤扱いでにしてもらえばいいと思います。

 

それだと無断欠勤連続で解雇になるのでは?と思われる方はご安心ください。

 

解雇について

まず、解雇するときは会社は解雇予告する必要があり、予告から30日経たないと解雇できません。

 

一方で、退職に関する民法では、退職の意思表示をしてから、2週間で辞められる。(雇用期間の定めのない正社員の場合)と定められています。

つまり、解雇される前に退職可能なのです。

民法
(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
627条
1 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。

引用:Wikipedia

 

でも、普通の解雇ではなく、懲戒解雇っていう即日解雇があったと思うけど、と思われるかもしれません。

 

確かに、即日解雇という方法もありますが、会社は「解雇予告をせず解雇できる基準(解雇予告除外認定基準)」を満たす必要があります。

 

それが以下の図の⑤です。

引用:労働基準監督署 https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/library/tokyo-roudoukyoku/seido/kijunhou/shikkari-master/pdf/

 

その基準とは、2週間無断欠勤した場合、つまり、14日間無断欠勤した場合に解雇予告せずに解雇できるようになるのです。

 

しかし、退職意思表示から退職までは14日しかなく、その間には公休日もあるので、稼働日は10日しかないですよね。10日の欠勤で済むので、即日解雇されることはないのです。

 

ちなみに無断欠勤は「正当な理由なく欠勤すること」なので、体調が悪いなどの理由があれば、無断にもカウントされません。

 

退職代行失敗談3.有休消化を使わせない

時季変更権があるから、有休消化はさせない。

そう言ってくる会社もありますが、応じる必要はありません。

詳しくは関連記事に記載していますが、退職時の有給消化に会社は時季変更権を使うことはできません。

 

関連退職代行を使って有給休暇は消化できる?各社へインタビュー

 

退職代行失敗談4.離職票が送られてこない

離職票が送られてこないという失敗談がありました。

ツイッターでつぶやかれていたうっちーさんは、友達の旦那さんがトラブっているというツイートををされています。

退職代行を利用したものの、離職票がおくられてこなかったり、未払い賃金も無視されているようです。

 

これは、退職代行サービスを利用したからのトラブルというより、ただその会社が悪質なも行為をしているだけと考えます。

なお、離職票が送られてこないというトラブルがあった場合、ハローワークでも発行してもらえます。

 

退職代行失敗談5.社員全員で自宅に押しかけられた

依頼者の家まで社員が押しかけたことがある。

と語ってくれたのは、退職代行SARABAさんのお話です。

 

SARABA
依頼者の家まで社員全員がおしかけてきたことがあります。

 

依頼者から連絡があったため、すぐに上司の方に電話したのですが、直接会って話がしたかったとか、言われてました。

 

でも、社員総出で自宅に押しかけるのは明らかに不自然ですよね。

警察を呼びますということをお伝えしたところ、丸く収まり、無事退職できました。

 

どこまで労働者を追い詰めたいのでしょうか。

理解に苦しむエピソードです。

 

退職代行失敗談6.車で追い回される

退職代行サービスEXITさんのお話では、カーチェイスになって追いかけまわされたことがあったとのこと。

 

EXIT
依頼者が会社の車を返し忘れていたときの話です。

そっと会社に返しに行ったら、会社の人が待っていたため、驚いて車で逃げたそうです。

そうすると、会社の方も、2〜3人で車で追いかけてきてカーチェイスになったんです。

 

こんなことされたらメチャクチャ焦りますよね。

ただ、この会社の方は、逃げることはないだろう、ちゃんと話したかっただけだ、と言って、無事会社を辞められたとのこと。

 

以上、退職代行の失敗談トラブルでした。

確かに、想定外のことは起こりえますが、退職代行業者が冷静に対応してくれるので無事に辞められていますね。

 

退職代行を使った人は後悔しているのか?

退職代行を使って後悔している人はいるのか、ツイッター等で感想を調査しました。

現時点では、後悔している人はいませんでした。

苦しんでいる人にとっては画期的なサービスですからね。

 

なお、実際に使った人のリアル体験談や、インタビューについては、以下の記事に掲載中です。

関連退職代行業者の体験談は嘘?実際に使ってみた感想や失敗談をまとめた

 

さいごに

退職代行での失敗・トラブル体験談を紹介。後悔している?

退職代行の失敗、トラブル、後悔についてまとめました。

トラブルはあるものの、今のところ失敗や後悔はない、という結論ですね。

退職代行は世間では、賛否両論ありますが、退職したくてもできない、苦しんでいる人にとっては画期的なサービスです。

 

身体を壊すと思ったら無理をせず、退職代行に相談しましょう。




他の退職代行も知りたいと思う方は、20社以上に相談した経験をもとに作成した、オススメランキングをご覧ください。


関連実際に連絡してわかった本当におすすめの退職代行ランキング【20社に潜入調査】


実際LINE相談した体験をもとに、業者の態度や対応速度など、細かい調査結果をまとめていますので、あなたに最適な退職代行が見つかるはずです。


管理人厳選の退職代行サービス3選【2019年版】

退職代行「SARABA」
オススメポイント
  • 料金は29,800円で最安値クラス
  • 退職代行実績2000人越え
  • 24時間365日営業でLINEレス5分以内で不安がすぐ解消
  • 有給消化率98%
  • 行政書士が実行で安心
smis
29,800円の最安値クラスの料金であり、 それでいて、365日24時間対応や、素早いLINEレス速度もめちゃくちゃ速いので不安がすぐ解消します。総合力トップの退職代行です。

行政書士による退職代行の実行や、有給消化率も高いの安心です。

とりあえずどこがオススメ?と聞かれたら、まず出てくる退職代行です。

汐留パートナーズ法律事務所
オススメポイント
  • 弁護士の退職代行
  • LINEレスが平均12分と弁護士最速
  • 有休消化請求無料
  • 退職金・残業代請求の着手金無料
  • 超巨大法律グループの安心感
smis
LINE返信速度は12分であり、速度ランクもNo.3です。ここまで速い弁護士は他にはありません。

また、有休消化請求は無料で、残業代や退職金請求の着手金も無料というのは、弁護士業界ではかなりの破格対応と言えます。

弁護士にお願いしたいなら、まずは汐留パートナーズをオススメします。

なお、LINEで友達追加したら、一度自分でコメントを送信する必要がありますのでご注意を。(おそらくシステム都合)

退職代行「ニコイチ」
退職代行ニコイチ
オススメポイント
  • 有名退職代行で最安値の28,000円
  • 退職代行実績4500人以上
  • 創業14年の実績
  • 提携会社からの転職成功で退職代行費用キャッシュバックあり
smis
退職代行が有名になる前から、退職代行業務を実行し10年以上の老舗。
退職代行実績はなんと4500人以上で100%の成功率

有名退職代行では最安値の一律28,000円という破格でありながら、心理カウンセラーによるカウンセリングや、転職成功で退職代行費用全額キャッシュバック制度もあります。

メンタルサポートや転職まで考えている人にオススメです。