退職代行を使う人は無責任で非常識なのか?

退職代行が気になる人
早く会社を辞めたいけど、退職代行を使うのは無責任なのかな。

こんな非常識なことをして大丈夫だろうか。

会社にすごい迷惑がかかりそうだ。

 

私も子会社に異動して半年で会社を辞めたので、この気持ちは理解できます。

退職代行については、賛否両論ありますが、私見を交えてこのような疑問について考えていきます。

また、退職代行を使っても無責任や非常識だと言われない方法についても提案します。

退職代行を使うのは無責任で非常識?

退職代行 非常識

まず、この記事を読まれている方で退職代行を検討している方は、責任感がある方だと思います。非常識な方なら何も言わずに消えてしまいますからね。

しっかり退職という区切りをつけたいけど、自分では切り出せないから、退職代行を検討しているいうことだと思います。

自責の念との戦いですよね。自分で言い出せないなんて、自分はなんて無責任なんだ、非常識なんだ。と自分を責める。真面目な方が多いのだと思います。

早速世論を見ていきましょう。

無責任・非常識だという意見

ツイッターで引用させてもらいます。

無責任・非常識ではないという意見

https://twitter.com/keico25/status/1072623346242805760

私個人的な見解

突然の退職によって迷惑をかけるのは事実です。一般的には何日に辞めると伝え、引き継ぎをして辞めるべきだと思います。

ギリギリの人手でシフトを組んでいるのに急にこなくなれば、誰かが急に対応することになるか、お客さんに謝るかになりますよね。無責任、非常識と言われるでしょう。

しかし、心が消耗している人は退職代行を使ってすぐ辞めたほうがいい。通常の精神状態であれば、人のこと、自分のこと、バランスよく考えられると思いますが、心が弱っている人は、周りの人より自分を中心に考えたほうがいいです。

日本人の場合、1つの会社しか知らないことが多いので、自分の置かれた環境でしか考えられません。良い環境で働かれていた方は、「なんで退職くらい自分でいえないの?」と思います。

しかし、そうでない労働者もたくさんいます。いわゆるブラック企業に勤めている方。特に人手不足の飲食業、運送業などが多いと思いますが、長時間労働、パワハラなどで悩み、自分では辞めると言い出せないくらい心が消耗している人もたくさんいるのです。

エスカレートすれば、うつ病になったり、最悪の場合、命を断つ選択をする可能性もでてきます。そうなる前に逃げ出すのは悪いことでしょうか。

しごとのために、そこまで背負い込む必要はありません。

 

自分の大事な人生なのに、自分を苦しめるために生きるのでしょうか。

 

自分を責めるのではなく、その仕事や職場環境がたまたま自分にあっていなかっただけと思いましょう。

厳しいことを言うかもしれませんが、その仕事はあなたでなくてもできます。補充はいくらでもいます。そう思うと少しは勇気が出ませんか。

世の中にはたくさん仕事や職場があるので、自分にあった仕事を見つけて、今後の人生が楽しくなる選択をしましょう。

退職代行を使う人は逃げ癖がつく?

退職代行 非常識

退職代行を使う人は逃げグセがついて次の会社でもどうせうまくいかない。

そんな風な批判も聞こえてきますが、私はそんなことないと思います。

辞めた会社は、その職場が合わなかっただけで、良い環境に巡り会えば、仕事は続けられると思います。

ただ、注意点として、辞めるときに考えておいて欲しいのは、

  • 辞める原因は何だったのか(長時間労働、仕事が好きになれない、人間関係など)
  • 自分はどんなことをしたいのか

 

このあたりをしっかり考えて次のステップに進まないと、ずっと同じことをを繰り返してしまう危険性があり、それが逃げグセにつながります。

退職代行を使うべき人

退職代行 非常識

退職代行を検討している人は、以下のような悩みを持つ人ではないでしょうか。

  1. 退職を切り出すと嫌がらせをされる(された)
  2. 退職を切り出したが受理されない、引き止められている
  3. 周りの人に迷惑をかけると思って退職を切り出せない

 

私としては、1、2の人は退職代行を使うべきだと思います。辞めたいのに辞めれないのは会社の法律違反となります。

それでも、個人から会社に意見してもどうにもならないものですよね。なので第3者の介入により退職することはおかしくないと思います。

退職は労働者の自由なのです。

一方、職場環境はよく、3の理由で迷っている人は、退職代行は使わずに自分で伝えたほうがいいです。

私も退職経験がありますが、周りに迷惑をかけると思ってなかなか切り出せなかったんですね。

自分が抜けることで迷惑かも、この仕事は自分しかできない、そんな風に思う方もいると思いますが、迷惑ってそんなにかからないです。

そもそも会社は個人の力に依存しすぎていては永続的な発展は難しい。個人ではなく組織として標準化されて成長していかないといけません。

1人が退職したことによって会社の経営が傾くのであれば、それは個人に頼りすぎた経営者の責任です。

言える方は自分で言い出しましょう。退職代行の費用が浮きます。

退職代行利用時に迷惑をかけない方法

退職代行を使っても迷惑をかけない方法は、退職代行を実施する前に引き継ぎ書を作っておくことですね。

引き継ぎ書は会社によってフォーマットもあるかと思いますが、箇条書きの羅列で十分です。エクセルが便利です。

必要な事項は下記。これさえあれば、あとは残った人でなんとかなります。

  • 仕事情報の保存場所
  • 現在の問題・課題

 

引き継がないといけない情報がどこに保存されているかと、現在の課題が分かればOKです。

残った人が関連部署の人にも聞けます。細かく作り込む人もいるかもしれませんが、細かい情報って、ほとんど後から読まれません。

私が退職するときは、エクセルで、

  1. 仕事の内容(例)Aという機械を発注中
  2. 課題(例)納期未定なので催促が必要
  3. 関連ファイル保存場所のハイパーリンク

 

これらを一行に書き、それを羅列して作成しました。

退職代行で退職する前に、これだけ用意しておきましょう。

あとは退職代行の方からメールで会社に送ってもらってもいいですし、自分から郵送してもいいです。

会社側は職場環境改善のヒントにすべき

退職代行で辞められた会社側は憤りもあると思いますが、ずっとその思いだけ引きずっていても仕方ありません。

それよりも、職場環境改善を考えるきっかけにしたほうが良いと思います。どうしてその人が辞めたのか考え、その原因を分析して改善していけば、良い会社になり、人は定着し、さらに発展していくと思います。

また、退職代行を使うか否かに限らず、突発的な退職や休職はいつでも起こり得ます。経営者は、労働者が急に辞めるリスクも想定して、突発対応できる会社にしておく必要があると思います。

例えばですが、運送業で、ドライバーが急に退職。そのエリアは1人だと配達ができない。解決策としては、普段事務をしている方も運送ができるような人材にしておきヘルプ体制を作っておく。

事務の仕事が遅れると言われるかもしれませんが、どちらを優先するかの問題です。あくまで一例ですが、このような観点でシステムを作っておけば、突発の仕事にも対応できるようになります。

まとめ

弁護士が退職代行!ウラノス法律事務所の評判・口コミ・体験・料金を調査

退職代行で退職するのは非常識、無責任なのかについては賛否両論ありました。

即日退職は確かに迷惑はかけます。

ただ、心をすり減らしている人、追い詰められている人にとっては、決して無責任、非常識などとは言えないと思います。周りの人より自分の体を大切にしましょう。

退職代行を利用する際に、オススメなのが、あらかじめ簡単な引き継ぎ書を作っておくこと。

これによって、退職でかける迷惑は軽減されます。

管理人simisが選ぶイチオシの退職代行

私は、実際に退職代行業者さん、弁護士事務所に連絡をとって、返信のスピード感や対応の丁寧さを確認しています。

その中で、オススメの退職代行サービスは今のところ以下の2社です。

  • 退職代行サービスSARABA(さらば)
  • ウラノス法律事務所の退職代行

 

退職代行サービスではスピード感とコストパフォーマンスが圧倒的に優れているSARABAさんがオススメです。値段は3万円で、時差のある海外スタッフがいますので、本当に24時間対応してくれます。明日にでも即辞めたい人にオススメです。

弁護士にお願いしたいと言う場合は、ウラノス法律事務所がオススメです。弁護士は高そうという固定観念をひっくり返しています。また連絡をとったときは非常に丁寧に返事をくれました。弁護士さんの退職代行は一度面談したり、相談料がかかったりするところもありますが、それもありません。リーズナブルで弁護士の安心感が得たい方にはオススメです。

 

→退職代行SARABAについての詳細記事はこちら

→ウラノス法律事務所の退職代行の詳細記事はこちら

 



管理人厳選の退職代行サービス3選【2019年版】

SARABA
オススメポイント
  • どんな方も3万円で100%退職できる!
  • 海外スタッフ在中で完全24時間対応!
  • LINEレスは平均5分以内で不安はすぐ解消!
  • 法律に詳しい行政書士が実行!
3万円という低価格でありながら、海外にスタッフをおくことで、完全24時間対応を実現しています。

さらに、LINEのレス速度も平均4.5分と圧倒的なスピードなので、不安がすぐに解消できます。

また、行政書士の退職代行により、会社の方も冷静になるため、スムーズに話が進みます。

どこが1番オススメと聞かれたら間違いなくSARABAですね!

辞めるんです


オススメポイント
  • 24時間対応&LINEレス15分以内!
  • どんな質問も丁寧に答えてくれる!
  • 有給消化率95%以上!
  • キャンペーン中は3万円!


24時間対応で、LINEレス速度は15分以内と素早い対応をしてくれます。

一番の特徴は、こちらの質問に親身になって丁寧に答えてくれるところ。

私のわりと失礼な質問にも、きちんと返してくれて一人一人に真剣に向き合ってくれている感じがしました。

さらに、有休消化についても力を入れており、独自のノウハウにより有給全消化を95%以上成功されています。

もちろん顧問弁護士の指導も受けているので安心感があります。

この内容でありながら4万円とリーズナブルなのに、今なら、キャンペーン中で3万円で実施可能です。

素速くて、親身な対応、有給も消化したいなら、辞めるんですがオススメです!

川越みずほ法律会計


オススメポイント
  • 弁護士なのにリーズナブルな料金!
  • 弁護士なのに24時間営業!
  • LINEレス平均70分以内と素早い!
  • どんな質問も丁寧に答えてくれる!


正社員54,000円、パートアルバイト32,400と弁護士の中では料金が最安です。

この価格でありながら、24時間365日営業という、異例な営業をしている弁護士事務所です。

弁護士って依頼者のことを見下している人もいますが、清水弁護士は依頼者に寄り添い真剣に耳を傾けてくれます。

さらに、LINEの返信も弁護士の中では最速で、平均約70分で返ってきます。

弁護士にお願いしたいなら、川越みずほ法律会計の清水弁護士しかありません。



ABOUTこのブログをかいてる人

1986年に関東で生まれ関西で育つ。一部上場メーカーで化粧品開発に7年従事し子会社に異動。上司と部下の板挟みで消耗しわずか6ヶ月で退職。現在はWEB関連フリーランスとして奮闘中。妻・息子・住宅ローンあり。 Favorite:歌をうたう、ギター、カレー、コーヒー、ツナサラダ。