退職代行に海外の反応は?中国メディアからSARABAへの取材動画あり

退職代行が気になる人
 退職代行サービスが流行っているけど、海外の反応ってどうなんだろう。日本っておかしいと思われてるのかな。

 

このような疑問を解決していきます。

海外メディアについて調べると、今の所中国メディアが反応しています。

 

退職代行の海外の反応(中国)

中国の反応です。

ニュースサーチャイナというサイトから引用しています。

中国では近年、さまざまな「代行サービス」が流行している。ドリンク1杯からの弁当配達、買い物の代行、家事代行など様々な代行サービスが存在する。

だが、日本で近年生まれた退職を代行するサービスは中国にはない。それゆえ、退職を代行してもらうニーズが日本に存在することは驚きのようだ。中国メディアの今日頭条は1日、日本の「退職代行サービス」を紹介する記事を掲載し、「日本だからこうした奇妙なサービスが成り立つのだ」と伝えている。

日本はこれまで終身雇用制度が一般的だったが、近年は状況が変化してきており、転職も極めて普通のことになった。

しかし記事は、日本では退職するのが中国ほど簡単なことではないことが多いとし、「日本人は周りに気を遣ったり、上司や会社から言い訳をされたりして、スムーズに退職できないことも多い」と紹介した。

そこで、近年の日本では「退職を代行するサービス」が生まれたと伝えている。記事が紹介していた会社では、料金が5万円(約3000元)もするが、非常に多くの日本人がこのサービスを利用していると伝えつつ、日本のようにすでに成熟した社会でも「人のニーズは変化しており、ビジネスチャンスは常に存在する」ことを強調した。

中国では日本以上に転職は一般的で、自分が評価されていないと感じれば人々はすぐに転職してしまう。また、中国人にとって転職はステップアップにおける当たり前の手段であるため、日本人のように周りに気を遣って退職を止まるようなことはほとんどないと言えるだろう。

また、中国では工場などでは大型連休などで帰省した労働者と連絡がつかなくなってしまったり、企業に退職することも告げずに転職してしまうケースも多いと言われる。それゆえ企業側としては人材育成を行うモチベーションが高まらず、せっかく業務を覚えて一人前になったころに退職してしまうという頭の痛い問題も多いと言われている。

引用:http://news.searchina.net/id/1672449

 

退職代行に対する中国メディアの意見をまとめますと、

  • 日本だから成り立つ。中国では成り立たない。
  • 中国は転職が一般的。評価されていなければすぐ転職する。
  • 日本人のように周りに気を使って退職できないことはほぼない。

 

ということです。

中国では様々な代行サービスがあるが、退職は自分で言えるということです。

日本のようなブラック企業は少ないのでしょうか。また、変に周りに気を使うことはなさそうですね。

 

中国メディアから退職代行SARABAへの取材

退職代行 海外の反応

退職代行サービスSARABAが、中国のPEAR VIDEOというメディアから取材を受けています。

中国のメディアの反応をご覧ください。

以下、インタビュー動画のURLです。

https://www.pearvideo.com/living_1468901

 

女性中国人記者がSARABA(合同会社ゼロ)の山本さんにインタビューしているので、抜粋してテキストにしています。

 

インタビュアー:なぜこのような会社を設立しましたか?

 

山本氏:WEBサイトの構築やコンサルティングを本業にしていました。退職の市場調査したところ、ニーズがあったので会社をはじめました。

最初はニーズは少ししかないイメージだったんですね。ただ、うちの会社はナンバー1〜2位の会社ですが、今では1日10件の退職代行をするほどです。

他社も含めると1日で全体で30件くらいはあるのではないでしょうか。

 

イ:なぜこのニーズがある?

山:正直わからなかった。当社が乗り込む前は、5万円が普通だったのでなぜそんなに高いお金を払ってまで頼むのか。しかし日本は、ブラック企業が多く、引き止めがすごいためなのだとわかってきた。

また、個人都合もあります。例えば、コネ入社ですが、1週間で辞めたい。でも恥ずかしくて言えないというのもあります。

 

イ:ブラック企業とはどのような特徴がありますか?

山:サービス残業、暴言が多いです。

極端な例ですが、上司に切腹しろと言われ、それ以来切腹がトラウマで精神が追い詰められた人もいます。

若い世代は繊細であり、冗談で言ったことが若い世代に通じないことがある。

世代間のギャップがあると思います。

 

イ:SARABAで印象に残っている事例はありますか?

山:依頼者の方から、会社から連絡がこないようにしてほしいとのことで、会社に伝えました。

しかし、夜9時、従業員が全員家の周りにきて写メをとられたりしており、困っているという連絡がきました。警察に電話していいですか?と。

すぐに、こちらから会社に連絡をとったら、たまたま、家の周りに来たとのこと。

たまたま従業員全員でくるというのはおかしいと思いましたが、有名なブラック企業です。

 

その事例はCさんという形で、LINEのやりとりを紹介します。

Cさん:会社の人が玄関前にいまいるのですが、警察呼んでも大丈夫ですか?店舗の社員全員を引き連れて来ているのですが。正直、迷惑以外の何物でもありません。PM9:03

SARABA:店長さんに電話してみます。PM9:06

Cさん:よろしくお願いします。

SARABA:今電話しました。なぜCさんの家にきたのですかと聞いたら、退職届けのことを聞きたかったそうです。では、なぜ全員引き連れる必要があるのですかと聞いたら、行き過ぎてましたと謝罪してました。警察沙汰になりかけましたよとお伝えしました。退職を引き止めるつもりはなかったとのことですが・・・辞めて正解です。弊社の方から訪問はご遠慮くださいと伝えました。PM9:10

Cさん:たぶん他の従業員がいる中で退職理由を問い詰めるのだと思います。そして些細な隙があればそこをついて、退職を引き止める作戦だったのだと思います。前回それで引き止められたので同じことをまたするんだと思います。PM9:13

SARABA:ちなみに今日、A社から2件依頼がありました。PM9:15

Cさん:それを聞いたら辞めて大正解だと心から安堵します。PM9:15

以上。

 

イ:この方は最後は順調に退職されましたか?

山:はい。この会社は依頼が多いです。この日も2件ありましたから。某、車の会社ですが、私の知り合いも殴られたり蹴られたりしていたそうです。いまだにこういう会社はあります。

 

イ:最近、福岡の方で、丸刈りにされて高圧洗浄機で水をかけられるというパワハラ事件がありましたよね。

山:そうですね。これくらいわかりやすいとすぐ犯罪になるので良いですが、わかりにくい事例が大変。例えば、研修で洗脳するとか。

主に大企業に多いです。研修により、自分が辞めると申し訳ないという考えになってしまう。

 

イ:頼まれた方で外国人いらっしゃいますか?

山:ハーフの方がいました。そこの会社は保険のセールスです。営業は合う合わないがあります。

営業は本人への説得がすごいありますので大変です。

本人には会わないでくださいと伝えますが、こっそり家に会いに来たり、家族に連絡したりして、なんとか説得して休業扱いにしたりします。

 

イ:どこの業界が多いですか?

山:運輸系が多いですね。我々利用者側からすると、サービスが良くていい会社ですが、それゆえ従業員に対しては厳しい環境なんでしょうか。

 

イ:引き止めはありますか。

山:あります。

 

イ:引き止めは日本の文化ですか?重要人物が引き止められるのですか?

山:重要人物に限らずありますね。ブラック企業の方が引き止めがマニュアル化されています。

 

イ:ブラック企業ですか・・・。怖い企業もありますか。

山:小さい会社などが多いですね。建築、ペンキ系、リフォーム系は多い。20件に1件は口調も怖いです。事務所に行くぞと言われたり。ただ、怒る企業は簡単に終わります。

残業時間が月300時間という方もいました。労働時間の間違いじゃないかと聞き返したほどです。

介護やコンビニ系は人が足りないので、自分がいかなければならない。名前変えてタイムカードを押したりもありますね。

 

イ:日本の企業には多いですよね。残業100時間しているのに20時間しかつけられなかったり。

山:みなし残業時間なども注意が必要です。

 

イ:SARABAさんは仕事のストレス溜まってますか?

山:1日10件もすると、慣れて来ます。また、ありがとうと言われるのでやりがいにもつながります。

今は、最短30分で代行したり、24時間対応、日曜日対応もしているので、回らなくなって来ている。

従業員には、忙し過ぎて逆にこの会社がブラック企業と言われます(笑)。

 

イ:会社は現在、何人ですか?

山:4人です。来月から法律家が入ってきて5人になります。

 

イ:退職代行は電話だけですか?

山:そうです。退職を認めないことは違法です。2週間で退職できます。私物や荷物は返して終わりです。

 

イ:退職は3週間以上かかることもあります?

山:就業規則で1ヶ月とかありますが、基本は2週間で辞められます。本人は2週間は会社に行かないので、それなら、保険証のこともあるし、会社として即日で認めるということも多いですね。

 

イ:退職代行はみなさんに知られていますか?

山:知名度はまだないと思いますが、一過性のブームじゃないと感じています。認知度が上がればもっと伸びると思います。

 

イ:料金はいくらかかりますか?

山:全て込み込みで3万円です。日本人はパックが好きだしわかりやすいので。

 

以上、抜粋でした。

 

退職代行SARABAは3万円、海外スタッフもいるため本当に24時間対応の会社です。即日退職代行したいのであれば利用してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

現在、退職代行に対する海外の反応は中国くらいでしたが、中国では退職代行は成り立たないということです。

アメリカでも転職が一般的ですし、退職できないと悩む人はほとんどいないと思います。

また、ブラック企業は経営者に責任があると思いますが、人手不足の影響もあると思います。

退職代行を使って気軽に退職できるようになると、日本の雇用がもっと流動化されて、企業にとってもミスマッチが減り、生産性が上がるのではないでしょうか。

また、周りに気を使うのは日本人の特徴ですしいいことではありますが、自分を一番に考えて欲しいです。

利用者の方は、引き止めやパワハラに悩まされて体や心を壊す前に、遠慮せずに退職代行サービスを利用することをオススメします。

 

<関連記事>

中国から取材を受けていたSARABAさんについて詳細はこちら。

→退職代行 SARABA(さらば)の口コミや評判まとめ。LINE相談したら即レスきた



管理人厳選の退職代行サービス3選【2019年版】

SARABA
オススメポイント
  • どんな方も3万円で100%退職できる!
  • 海外スタッフ在中で完全24時間対応!
  • LINEレスは平均5分以内で不安はすぐ解消!
  • 法律に詳しい行政書士が実行!
3万円という低価格でありながら、海外にスタッフをおくことで、完全24時間対応を実現しています。

さらに、LINEのレス速度も平均4.5分と圧倒的なスピードなので、不安がすぐに解消できます。

また、行政書士の退職代行により、会社の方も冷静になるため、スムーズに話が進みます。

どこが1番オススメと聞かれたら間違いなくSARABAですね!

辞めるんです


オススメポイント
  • 24時間対応&LINEレス15分以内!
  • どんな質問も丁寧に答えてくれる!
  • 有給消化率95%以上!
  • キャンペーン中は3万円!


24時間対応で、LINEレス速度は15分以内と素早い対応をしてくれます。

一番の特徴は、こちらの質問に親身になって丁寧に答えてくれるところ。

私のわりと失礼な質問にも、きちんと返してくれて一人一人に真剣に向き合ってくれている感じがしました。

さらに、有休消化についても力を入れており、独自のノウハウにより有給全消化を95%以上成功されています。

もちろん顧問弁護士の指導も受けているので安心感があります。

この内容でありながら4万円とリーズナブルなのに、今なら、キャンペーン中で3万円で実施可能です。

素速くて、親身な対応、有給も消化したいなら、辞めるんですがオススメです!

川越みずほ法律会計


オススメポイント
  • 弁護士なのにリーズナブルな料金!
  • 弁護士なのに24時間営業!
  • LINEレス平均70分以内と素早い!
  • どんな質問も丁寧に答えてくれる!


正社員54,000円、パートアルバイト32,400と弁護士の中では料金が最安です。

この価格でありながら、24時間365日営業という、異例な営業をしている弁護士事務所です。

弁護士って依頼者のことを見下している人もいますが、清水弁護士は依頼者に寄り添い真剣に耳を傾けてくれます。

さらに、LINEの返信も弁護士の中では最速で、平均約70分で返ってきます。

弁護士にお願いしたいなら、川越みずほ法律会計の清水弁護士しかありません。



ABOUTこのブログをかいてる人

1986年に関東で生まれ関西で育つ。一部上場メーカーで化粧品開発に7年従事し子会社に異動。上司と部下の板挟みで消耗しわずか6ヶ月で退職。現在はWEB関連フリーランスとして奮闘中。妻・息子・住宅ローンあり。 Favorite:歌をうたう、ギター、カレー、コーヒー、ツナサラダ。