退職代行の弁護士費用は高いのか?業者と比較してみた

「退職代行を弁護士に頼むのって、費用はどれくらいかかるものだろうか。」

「頼むなら安い弁護士事務所にお願いしたい。」

 

このような疑問を持たれる方が多いと思いますので、本記事では、退職代行してもらうときの弁護士費用を様々な弁護士事務所で調査・比較して一覧にしてみました。

また、コスパが良い弁護士の退職代行も2つ紹介しますね。

 

10社の弁護士事務所費用を比較しています。

 

当サイトからのご相談No.1はSARABA
  • 29,800円で最安値クラス!
  • 退職代行実績2000人越え!
  • 24時間365日営業でLINEレス5分以内で不安がすぐ解消!
  • 有給消化率98%!
  • 行政書士が実行で安心!

弁護士による退職代行費用一覧

退職代行を実施してくれる主要な弁護士事務所をピックアップしました。

弁護士事務所と代表弁護士1名のみ記載致します。

費用は税込(8%)です。

弁護士事務所 正社員 パート
アルバイト
汐留パートナーズ法律事務所
佐藤
秀樹弁護士
54,000 54,000
ウラノス法律事務所
藤崎雅弘弁護士
54,000 43,200
センチュリー法律事務所
小澤亜季子弁護士
70,200 59,400
清水法律事務所
清水廣人弁護士
54,000 43,200
中野駅前総合法律事務所
井上裕貴弁護士
54,000 32,400
STO法律事務所
周防智弁護士
54,000 54,000
弁護士法人川越みずほ法律会計
清水隆久弁護士
54,000 32,400 
古川・片田総合法律事務所
古川拓弁護士
54,000 54,000
ウィステリア・バンデル法律事務所
藤澤潤弁護士
39,800
〜69,800 
39,800
〜69,800
梅田パートナーズ法律事務所
西村雄大弁護士
32,400
〜54,000
32,400
〜54,000

 

ひと昔前までは、弁護士費用は、着手金、報奨金、相談料金などの追加料金があって、わかりにくい体系だったのですが、最近はわかりやすい設定になっていますね。

 

正社員の方の弁護士費用は安くて54,000円です。

一般の退職代行業者は30,000〜50,000円なので、ちょっと高いです。

 

一方、パートアルバイトの弁護士費用は安くて32,400円です。

一般の退職代行業者では、20,000〜30,000円が相場なので、ちょっと高いですね。

 

弁護士の退職代行費用は、EXITやSARABAといった一般業者と比較すると、ちょっと高い価格設定といえます。

 

弁護士事務所によっては、相談は30分だけ無料とか、即日対応は追加費用がかかるところもありますので注意してください。

 

次に、コスパ的にどの弁護士がいいかを紹介します。

 

正社員で弁護士に頼むなら汐留パートナーズ法律事務所

正社員の方は、汐留パートナーズ法律事務所しかないと思うくらいオススメします。

 

汐留パートナーズは、正社員料金は54,000円で最安値でありながら、平日は10時から21時まで、土日も弁護士の都合が合えば極力対応してくれます。

また、営業時間外の月曜の朝でも事前に連絡していれば退職代行を実行してくれます。

 

そして、なんといっても、LINEの返信がめちゃくちゃ早く15分で返ってきます。

弁護士事務所の退職代行は、どこもスピードが遅いのですが、汐留パートナーズだけは異次元に速いです。

一般業社と比較しても3本の指に入ります。

 

さらに、弁護士事務所によくある、「来所して相談」というのもなく、電話やスカイプ等で打ち合わせするのでスピーディに退職代行が進みます。

 

詳細は以下の記事をご覧ください。

 

 

パートアルバイトで弁護士に頼むなら川越みずほ法律会計

パートアルバイトの方は川越みずほ法律会計をオススメします。

 

弁護士が実行してくれるのに、24時間対応で、32,400円という圧倒的コスパ。

LINE返信も深夜3時でも返ってきます。

問い合わせが多いので、夜間も対応できるようにスタッフを配置しているそうです。

 

また、リピートで退職代行をする場合は半額で行ってくれます。

しかも他社を利用していた場合も、リピート割が適用されるという太っ腹キャンペーンもやっています。

 

 

まとめ:退職代行の弁護士費用はちょっと高い

おおむね、弁護士の退職代行費用は一般と比べて高いです。

弁護士の退職代行費用で最安値は・・・

  • 正社員で54,000円(一般の最安値は29,000円)
  • パートアルバイトで32,400円(一般の最安値は20,000円)

 

しかし、一般の業者にはできない、残業代請求、退職金請求交渉なども多々あるので、これらをお願いしたい方は弁護士の退職代行を選ぶべきですね。

 

残業代請求や退職金請求の費用も、不透明な弁護士も多いですが、汐留パートナーズなら、着手金無料+経済利益の20%と分かりやすい設定なのでオススメです。

仮に毎日1時間のサービス残業を1年していたら、割増時間給1800円として40万円くらいになりますから、8万円が弁護士費用で、32万円があなたのものになります。

実質、退職代行費用も浮くかもしれません。

 

 




他の退職代行も知りたいと思う方は、20社以上に相談した経験をもとに作成した、オススメランキングをご覧ください。


関連実際に連絡してわかった本当におすすめの退職代行ランキング【20社に潜入調査】


実際LINE相談した体験をもとに、業者の態度や対応速度など、細かい調査結果をまとめていますので、あなたに最適な退職代行が見つかるはずです。


管理人厳選の退職代行サービス3選【2019年版】

退職代行「SARABA」
オススメポイント
  • 料金は29,800円で最安値クラス
  • 退職代行実績2000人越え
  • 24時間365日営業でLINEレス5分以内で不安がすぐ解消
  • 有給消化率98%
  • 行政書士が実行で安心
smis
29,800円の最安値クラスの料金であり、 それでいて、365日24時間対応や、素早いLINEレス速度もめちゃくちゃ速いので不安がすぐ解消します。総合力トップの退職代行です。

行政書士による退職代行の実行や、有給消化率も高いの安心です。

とりあえずどこがオススメ?と聞かれたら、まず出てくる退職代行です。

汐留パートナーズ法律事務所
オススメポイント
  • 弁護士の退職代行
  • LINEレスが平均12分と弁護士最速
  • 有休消化請求無料
  • 退職金・残業代請求の着手金無料
  • 超巨大法律グループの安心感
smis
LINE返信速度は12分であり、速度ランクもNo.3です。ここまで速い弁護士は他にはありません。

また、有休消化請求は無料で、残業代や退職金請求の着手金も無料というのは、弁護士業界ではかなりの破格対応と言えます。

弁護士にお願いしたいなら、まずは汐留パートナーズをオススメします。

なお、LINEで友達追加したら、一度自分でコメントを送信する必要がありますのでご注意を。(おそらくシステム都合)

退職代行「ニコイチ」
退職代行ニコイチ
オススメポイント
  • 有名退職代行で最安値の28,000円
  • 退職代行実績4500人以上
  • 創業14年の実績
  • 提携会社からの転職成功で退職代行費用キャッシュバックあり
smis
退職代行が有名になる前から、退職代行業務を実行し10年以上の老舗。
退職代行実績はなんと4500人以上で100%の成功率

有名退職代行では最安値の一律28,000円という破格でありながら、心理カウンセラーによるカウンセリングや、転職成功で退職代行費用全額キャッシュバック制度もあります。

メンタルサポートや転職まで考えている人にオススメです。