退職代行を公務員が使うときは注意!実績のある業者や弁護士を選ぼう

こんにちは。退職を間近に控えたsmisです。

本日は、「退職代行は公務員でも使えるか?」という疑問について調査してきました。

結論からいえば「公務員でも退職代行を使えるのですがちょっと面倒」ということになります。

詳細をみていきいましょう。

退職代行は公務員も利用できる?

公務員でも退職代行を利用できます。

しかし、退職代行を使って公務員を辞めるのは、民間企業とは違って辞令を受ける必要があり少し面倒になります。

公務員は退職辞令を受けなければならない

公務員が辞める時は、民間企業の方が辞めるのとは違って、「今日からあなたは公務員ではありません」という辞令を、任命権者(教育委員会、市長、消防局長、警察本部長など)から受ける必要があります。

つまり、退職代行を使って退職の意思は伝えられるのですが、最終的に辞める段階では、辞令を受ける必要があるのです。

そして一般的には、3月末に行われる退職辞令交付式に出席して、辞令を受けます。

辞令式は欠席もあり

ただし、どうしても出席が難しければ、欠席して後日郵送で辞令を送ってくれることもあります。

実際に辞令式を欠席した方もたくさんいます。

年度末で退職する場合、退職の辞令書を市長からもらう交付式があるのですが年度途中でもどうしますか、と聞かれお断りしました。退職日以降に郵送で辞令書が届きました。

引用:ぐれのブログ, https://www.gurenoblog.com/entry/2018/07/18/152400

また、年度途中の退職であれば辞令式しなくていいので、退職代行を使って辞めたければ、年度途中の退職がオススメです。

退職代行を使ってその日から職場に行かないはOK?

公務員の退職に関しては、民法の2週間前というのは適用されません。

なので、退職代行業者に、有給を使って辞めますと伝えてもらい、職場に行かないというのは可能ですが、承認されないと辞めれません。

ここは退職代行業者の伝え方にもよると思いますし、場合によっては交渉ごとも出てきますので、弁護士にお願いしたほうがいいかもしれません。

バックれはNG

一方、一切連絡を取らないでバックレるというのは絶対辞めたほうがいいです。

場合によっては懲戒免職の可能性も出てくるためです。

先ほどもあったように、公務員は退職を許可してもらう必要があります。

バックれて許可をもらわなかったら、無断欠勤の連続で懲戒免職になる可能性があるのです。

最低でも、退職代行業者を通じて連絡を取り合うようにしましょう。

有給は20日以内が無難

退職代行を使って有休消化するとしても20日以内が無難です。

万が一、無断欠勤扱いにされた場合、21日以上休むと免職されます。もし、懲戒免職になった場合は、退職金がゼロになってしまうためです。

第2 標準例
 1 一般服務関係
  (1) 欠勤
   ア 正当な理由なく10日以内の間勤務を欠いた職員は、減給又は戒告とする。
   イ 正当な理由なく11日以上20日以内の間勤務を欠いた職員は、停職又は減給とする。
   ウ 正当な理由なく21日以上の間勤務を欠いた職員は、免職又は停職とする。
引用:懲戒処分の指針『人事院』http://www.jinji.go.jp/kisoku/tsuuchi/12_choukai/1202000_H12shokushoku68.htm

分限免職処分の可能性はある?

退職ではなく、分限処分による免職の可能性が気になりますよね。

分限処分とは、身分保障の限界を意味しており、「あなたは公務員として適切な能力がないとか、病気で働けないので解雇する」という意味の免職です。

こちらは例がないので曖昧になりますが、可能性はあると思います。

しかし、いち早く公務員を辞めたいなら、退職代行を使ってでも辞めたほうがいいと思います。

無理やり続けて身体を壊すほうが人生で損します。

悪いことをして辞める懲戒免職とは異なり、分限免職なら退職金もしっかりもらえますので。

また、公務員の退職は明確な基準がないので、なるべく波風を立てないような施策をうっておくのも1つだと思います。

なるべく波風を立てないために

地方公務員の退職の場合ですと、「辞令式規程」「服務規程」などのルールを定めていますので、それに従うのがオススメです。

「○○市 辞令式規程」

などで、インターネット検索するとすぐ見れます。

内容としては、

  • 退職の20日前に申し出ること
  • 引き継ぎは上司にすること
  • など

 

細かく決められている自治体もありますが、各自治体で統一されておりません。

必ず守るべきかは良心によりますが、波風を立てないようにするのなら、従っておいたほうが良いですね。

公務員の退職代行に強い業者・弁護士

公務員の退職代行を表立って宣伝しているところはほとんどありません。

しかし、以下の業者・弁護士事務所に取材したところ、公務員の退職代行ノウハウがあり、実際に実施したこともあることを教えていただきました。

  • SARABA
  • 川越みずほ法律会計

 

SARABA(さらば)は2018年12月現在、公務員の退職代行依頼を3件受けたことがあり、法律に詳しい行政書士が退職代行を実行するので、安心です。

それでもやはり、民間の退職とは異なり、退職の許可が必要ということで、異なる対応をされているようです。

 

川越みずほ法律会計では、件数は明かしてもらえませんでしたが、公務員の方が依頼してくることもあるそうで、退職に関するノウハウもあるとのことでした。

公務員で退職代行を使いたい人は、このどちらかに相談するのがオススメですね。

 

まとめ

  • 公務員が退職代行を使うのは可能
  • 一般的に年度末の辞令式で退職辞令を受ける必要がある
  • 辞令を郵送で送ってもらうこともできる
  • 退職代行利用後のバックれは絶対NG
  • 有給は20日以内が無難

 

退職代行を使ってその日から職場に行かずに退職というのは可能です。ただし、退職の許可を得る必要があり、退職辞令を受けるなど、面倒な手続きがあります。

退職代行を選ぶ時は、公務員の退職代行ノウハウがあるところを選びましょう。

おすすめはSARABAと川越みずほ弁護士法人です。

 

関連退職代行 SARABA(さらば)の口コミや評判まとめ。LINE相談したら即レスきた

→SARABA公式サイトを見てみる

 

関連【取材あり】川越みずほ法律会計 清水弁護士の退職代行の評判はどうなの?

→川越みずほ法律会計公式サイトを見てみる

 



管理人厳選の退職代行サービス3選【2019年版】

SARABA
オススメポイント
  • どんな方も3万円で100%退職できる!
  • 海外スタッフ在中で完全24時間対応!
  • LINEレスは平均5分以内で不安はすぐ解消!
  • 法律に詳しい行政書士が実行!
3万円という低価格でありながら、海外にスタッフをおくことで、完全24時間対応を実現しています。

さらに、LINEのレス速度も平均4.5分と圧倒的なスピードなので、不安がすぐに解消できます。

また、行政書士の退職代行により、会社の方も冷静になるため、スムーズに話が進みます。

どこが1番オススメと聞かれたら間違いなくSARABAですね!

辞めるんです


オススメポイント
  • 24時間対応&LINEレス15分以内!
  • どんな質問も丁寧に答えてくれる!
  • 有給消化率95%以上!
  • キャンペーン中は3万円!


24時間対応で、LINEレス速度は15分以内と素早い対応をしてくれます。

一番の特徴は、こちらの質問に親身になって丁寧に答えてくれるところ。

私のわりと失礼な質問にも、きちんと返してくれて一人一人に真剣に向き合ってくれている感じがしました。

さらに、有休消化についても力を入れており、独自のノウハウにより有給全消化を95%以上成功されています。

もちろん顧問弁護士の指導も受けているので安心感があります。

この内容でありながら4万円とリーズナブルなのに、今なら、キャンペーン中で3万円で実施可能です。

素速くて、親身な対応、有給も消化したいなら、辞めるんですがオススメです!

川越みずほ法律会計


オススメポイント
  • 弁護士なのにリーズナブルな料金!
  • 弁護士なのに24時間営業!
  • LINEレス平均70分以内と素早い!
  • どんな質問も丁寧に答えてくれる!


正社員54,000円、パートアルバイト32,400と弁護士の中では料金が最安です。

この価格でありながら、24時間365日営業という、異例な営業をしている弁護士事務所です。

弁護士って依頼者のことを見下している人もいますが、清水弁護士は依頼者に寄り添い真剣に耳を傾けてくれます。

さらに、LINEの返信も弁護士の中では最速で、平均約70分で返ってきます。

弁護士にお願いしたいなら、川越みずほ法律会計の清水弁護士しかありません。



ABOUTこのブログをかいてる人

1986年に関東で生まれ関西で育つ。一部上場メーカーで化粧品開発に7年従事し子会社に異動。上司と部下の板挟みで消耗しわずか6ヶ月で退職。現在はWEB関連フリーランスとして奮闘中。妻・息子・住宅ローンあり。 Favorite:歌をうたう、ギター、カレー、コーヒー、ツナサラダ。