退職代行を使う時に退職届は必要?郵送でもいいの?

こんにちは。昨日、送別会を無事終えましたsmisです。やっぱ挨拶苦手ですね。

さて、退職代行を検討していると、

 

「退職代行を使ったときは退職届が必要?」

「明日から会社に行きたくないから退職届は出せないんだけど」

 

このような疑問を持たれる方が多いと思いますので、記事を執筆しました。

本記事を読むと、以下のことが分かります。

  • 退職代行を使うときに退職届は必要?
  • 退職届は郵送でもいいの?
  • 退職届の書き方
  • 退職届を作ってくれる退職代行サービス

 

それでは参りましょう。

退職代行を使うときに退職届は必要?

退職については民法627条で規定されていますが、「退職届に記入」という規定はないため、退職の意思表示は口頭でもメールでも可能です。

民法627条

  1. 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
  2. 期間によって報酬を定めた場合には、解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。
  3. 六箇月以上の期間によって報酬を定めた場合には、前項の解約の申入れは、三カ月前にしなければならない。

出典:wikibooks

よく退職届が必要と言われるのは、会社の就業規則に記載があるためです。しかし、就業規則は会社のルールであって、民法が優先されますので、退職届は法的に必要ではないのです。

じゃあ退職届は出さないでいいんだ、と思われるかもしれませんが、退職代行を利用するときは、2つの観点から退職届を出すべきと考えます。

1.退職の意思表示は自分でしたことを明確にするため

退職代行業者が、退職の意思表示を伝えて、退職届を出さずに退職した場合、非弁行為(弁護士以外がお金をもらって、法律上の事務を行うこと)にあたる可能性があります。

なので、正式な退職の意思表示はあくまで自分がしたということを示す必要があります。そこで有効なのが、退職届の提出です。

労働者を守るため

もし退職の申し入れを口頭で伝えただけで、退職届を出さなかった場合、

 

会社「退職なんて聞いてないです。なので、あなたは無断欠勤になります。従って解雇です。」

 

というトラブルになったりします。

退職届があれば、退職申し入れ日、退職日が明確になりますので、後に紛争になった場合、証拠になります。

以上の理由により、退職届は出すことを推奨します。

退職届は郵送でもいいの?

でも、会社に行きたくないから、退職届は出せないと思いますよね。

しかし、退職届は手渡しではなく、郵送でも可能です。なんならメールでもいいんです。

ただ、ブラック企業など悪質な会社では、

 

BLK(株)「退職届?そんなものは受理していない!」

 

などと、ごまかされる可能性があります。

そこでオススメなのが内容証明郵便で送ることです。

内容証明は、郵便局が書類の内容と送付日を証明してくれるので、受け取っていない、というごまかしは効かなくなります。

ちなみに、ワードファイルなどで作った文書をアップロードしてクレジットカードで料金を払う、e内容証明というものがあります。

プリンターがなくてもできるので便利です。料金は1200円ほどです。

参考:https://www.post.japanpost.jp/service/enaiyo/index.html

 

e内容証明の場合、署名や捺印ができないですが、本来、退職届は法律で定められているわけではないので、署名・捺印がなくても問題ないです。

参考:https://sr-souken.at.webry.info/201809/article_1.html

退職届の書き方

退職届はグーグルで検索すれば雛形がたくさん出てきます。

有給について触れない場合、触れる場合と2つの例を記載します。

普通の退職届

以下の図のように作成しましょう。

引用:https://ten-navi.com/hacks/retire-8-4437

 

必ず「退職届」にすること。「退職願」にすると、許可をもらいたいという意味になりますので、全く違う書類になります。

②申し入れ日を忘れず記載。

③会社の社長宛てにする。

④自分の名前を書く。(手書 or パソコン、捺印なくてもOK)

⑤私儀(わたくしぎ)はへりくだって言う言い方。あってもなくてもいいです。

⑥届け出から14日後を退職日として書く。「退職をさせていただきたく・・・」と書くと許可を得たいという意味にとられるので、「退職します」と断定すること。

⑦以上。

 

縦書きが正式などと言われますが、横書きでも構いません。

また、会社のフォーマットを使わないと受け取れない、ということにも応じる必要はありません。

署名・捺印があってもなくても法的効力は変わりませんが、日本社会では捺印した方が丁寧とされています。

私の退職時は、会社指定の退職届に記入しました。

さらに、なぜか同業他社には行かないという誓約書もサインさせられました。

 

有給休暇を申請する場合

有給休暇を取りたい場合はこのように書きます。

例なので、適宜変更してください。

なお、有給を使う時、会社が時季変更権(有給の時期をずらす権利)を使うと言ってくる場合もあると思いますが、応じる必要はありません。

なぜなら、時季変更権は有給を使う時期を変更するだけであり、退職前では変更する時期がないから有効にならないのです。(参考:弁護士ドットコム https://www.bengo4.com/c_5/b_737003/)

退職届けを作ってくれる退職代行サービス

退職代行 非常識

退職届も面倒だな〜と思われる方へ、退職届まで作ってくれるサービスはないか探したところありました。

ウラノス法律事務所では退職届も弁護士が作って送ってくれます。

もちろん追加料金はなし。

弁護士なのにリーズナブルな価格で、正社員54,000円、パートアルバイトは43,200円です。

ウラノス法律事務所の評判は別の記事にまとめています。

弁護士が退職代行!ウラノス法律事務所の評判・口コミ・体験・料金を調査

まとめ

退職代行利用時に退職届が必要か?というテーマでした。

まとめると、

 

法的に絶対必要ではないが、退職代行利用時は退職届を出す方がいい
退職届は郵送でOK
退職届を作ってくれるのはウラノス法律事務所

退職時は悩みがつきないと思いますが、退職代行を使って精神的な負担を減らすなど、自分の体を一番に考えてくださいね。

 



管理人厳選の退職代行サービス3選【2019年版】

SARABA
オススメポイント
  • どんな方も3万円で100%退職できる!
  • 海外スタッフ在中で完全24時間対応!
  • LINEレスは平均5分以内で不安はすぐ解消!
  • 法律に詳しい行政書士が実行!
3万円という低価格でありながら、海外にスタッフをおくことで、完全24時間対応を実現しています。

さらに、LINEのレス速度も平均4.5分と圧倒的なスピードなので、不安がすぐに解消できます。

また、行政書士の退職代行により、会社の方も冷静になるため、スムーズに話が進みます。

どこが1番オススメと聞かれたら間違いなくSARABAですね!

辞めるんです


オススメポイント
  • 24時間対応&LINEレス15分以内!
  • どんな質問も丁寧に答えてくれる!
  • 有給消化率95%以上!
  • キャンペーン中は3万円!


24時間対応で、LINEレス速度は15分以内と素早い対応をしてくれます。

一番の特徴は、こちらの質問に親身になって丁寧に答えてくれるところ。

私のわりと失礼な質問にも、きちんと返してくれて一人一人に真剣に向き合ってくれている感じがしました。

さらに、有休消化についても力を入れており、独自のノウハウにより有給全消化を95%以上成功されています。

もちろん顧問弁護士の指導も受けているので安心感があります。

この内容でありながら4万円とリーズナブルなのに、今なら、キャンペーン中で3万円で実施可能です。

素速くて、親身な対応、有給も消化したいなら、辞めるんですがオススメです!

川越みずほ法律会計


オススメポイント
  • 弁護士なのにリーズナブルな料金!
  • 弁護士なのに24時間営業!
  • LINEレス平均70分以内と素早い!
  • どんな質問も丁寧に答えてくれる!


正社員54,000円、パートアルバイト32,400と弁護士の中では料金が最安です。

この価格でありながら、24時間365日営業という、異例な営業をしている弁護士事務所です。

弁護士って依頼者のことを見下している人もいますが、清水弁護士は依頼者に寄り添い真剣に耳を傾けてくれます。

さらに、LINEの返信も弁護士の中では最速で、平均約70分で返ってきます。

弁護士にお願いしたいなら、川越みずほ法律会計の清水弁護士しかありません。



ABOUTこのブログをかいてる人

1986年に関東で生まれ関西で育つ。一部上場メーカーで化粧品開発に7年従事し子会社に異動。上司と部下の板挟みで消耗しわずか6ヶ月で退職。現在はWEB関連フリーランスとして奮闘中。妻・息子・住宅ローンあり。 Favorite:歌をうたう、ギター、カレー、コーヒー、ツナサラダ。