公務員が退職辞令交付式に出たくない場合の方法

こんにちは。管理人smisです。

私は公務員ではありませんが、民間企業を退職しました。

退職はエネルギーいるし、退職が周りに伝わった後の気まずさが尋常じゃないですよね。

私でも苦労したのに、公務員の方は、退職するときに辞令を受ける必要があります。

辞令は、退職辞令交付式に出席して受けることが一般的ですが、どうしても出席が無理な場合や、出たくないときってありますよね。

そこで、辞令交付式に出なくてもよいのか、実際に欠席した人がいるのか、調査しました。

当サイトからのご相談No.1はSARABA
  • 29,800円で最安値クラス!
  • 退職代行実績2000人越え!
  • 24時間365日営業でLINEレス5分以内で不安がすぐ解消!
  • 有給消化率98%!
  • 行政書士が実行で安心!

辞令交付式ってなに?

新しく職につくときや、退職するときに辞令を受ける式です。

公務員の場合は、人事権がある任命権者から辞令をもらいます。地方公務員なら市長、警察官なら警察署長など。

そして、退職交付辞令式は、毎年3月末に行われ、定年退職の方、途中退職の方が全員集まって行われます。

公務員の退職当日の様子については、リアムさんのブログがあるので参考になります。

参考:http://liam.blue/taisyoku/

 

余談ですが、リアムさんの職場では、以下のような内訳の退職者がいたようです。

  • 定年退職 約26人
  • 定年退職以外 13人(一般事務職5人、保育士8人)

 

1つの自治体でも結構退職者がいることに驚きました。

公務員は辞令交付式に出なくても良い?

結論からいうと、公務員は辞令交付式に出る必要があるという法律はないです。

なので、出たくなければ出る必要はないです。

実際に、ツイッター等で調査すると、欠席される方も多くいらっしゃいます。

辞令式に出なくても、辞令は受け取る必要があるので、後日郵送で受け取りましょう。

年度末で退職する場合、退職の辞令書を市長からもらう交付式があるのですが年度途中でもどうしますか、と聞かれお断りしました。退職日以降に郵送で辞令書が届きました。

引用:ぐれのブログ, https://www.gurenoblog.com/entry/2018/07/18/152400

退職交付辞令式に出たくない時の方法

退職交付辞令式に出たくない場合、年度途中に退職するように設定するのがオススメです。

一般的に、3月末に辞令式が執り行われるので、3月末だと辞令式出るよね?となっちゃいます。

人事課からは、3月末まで待てないか?と引き延ばされると思いますが、断固とした意思で断ることが必要です。

 

「辞令式出るよね?」

「いえ、出ません。」

と言える鉄の心の持ち主なら関係ないですが。

もめたくないなら退職時のルールを守るのが吉

公務員も民間も同じですが、退職する際は、引き継ぎや人員補充の問題で、引き止められたり、もめたりします。

特に公務員の場合は、民間企業と違って、急に補充人員が当てられないので、残された人が苦労します。なので、年度末退職をお願いされるのです。

そのため、年度途中で辞める時は、なるべく波風をたてないように、自治体の退職ルールに従うことをオススメします。

公務員の退職ルールに関しては、各自治体にて「辞令式規程」「職員服務規程」など、独自に定められているので、自分の所属するところの規程を確認しましょう。

インターネットで検索できます。

「○○市 辞令式規程」などと検索しましょう。

引き継ぎに関する規程とか、20日前に退職を伝える必要がある、などの規程があり、各自治体によってルールはバラバラです。

私の感覚から言えば、以下2点を守って退職したほうが良いです。

  • 退職1ヶ月以上前に伝える
  • 引き継ぎを行う

 

この2つを守ることで残された人の負担は少しは軽減できます。

私の場合は民間企業ですが、10月中頃に退職意思表示→11月末最終出社→1ヶ月有給休暇→12月末に退職という形で辞めて、簡単な引き継ぎ書を作りましたので、すんなり辞めることができました。

まとめ

公務員が退職辞令交付式に出たくない場合について調査しました。

  • 公務員が退職辞令交付式に必ずしも出なくて良い
  • 出たくない場合は、年度途中での退職に設定する
  • 退職の意思表示は1ヶ月前に伝える
  • 引き継ぎをする

 

退職はエネルギーが入ります。

もし心身の不調により、自分で言い出せない場合は退職代行の利用をおすすめします。

その際、公務員の退職代行のノウハウが豊富なところを選びましょう。

 

関連退職代行を公務員が使うときは注意!実績のある業者や弁護士を選ぼう




他の退職代行も知りたいと思う方は、20社以上に相談した経験をもとに作成した、オススメランキングをご覧ください。


関連実際に連絡してわかった本当におすすめの退職代行ランキング【20社に潜入調査】


実際LINE相談した体験をもとに、業者の態度や対応速度など、細かい調査結果をまとめていますので、あなたに最適な退職代行が見つかるはずです。


管理人厳選の退職代行サービス3選【2019年版】

退職代行「SARABA」
オススメポイント
  • 料金は29,800円で最安値クラス
  • 退職代行実績2000人越え
  • 24時間365日営業でLINEレス5分以内で不安がすぐ解消
  • 有給消化率98%
  • 行政書士が実行で安心
smis
29,800円の最安値クラスの料金であり、 それでいて、365日24時間対応や、素早いLINEレス速度もめちゃくちゃ速いので不安がすぐ解消します。総合力トップの退職代行です。

行政書士による退職代行の実行や、有給消化率も高いの安心です。

とりあえずどこがオススメ?と聞かれたら、まず出てくる退職代行です。

汐留パートナーズ法律事務所
オススメポイント
  • 弁護士の退職代行
  • LINEレスが平均12分と弁護士最速
  • 有休消化請求無料
  • 退職金・残業代請求の着手金無料
  • 超巨大法律グループの安心感
smis
LINE返信速度は12分であり、速度ランクもNo.3です。ここまで速い弁護士は他にはありません。

また、有休消化請求は無料で、残業代や退職金請求の着手金も無料というのは、弁護士業界ではかなりの破格対応と言えます。

弁護士にお願いしたいなら、まずは汐留パートナーズをオススメします。

なお、LINEで友達追加したら、一度自分でコメントを送信する必要がありますのでご注意を。(おそらくシステム都合)

退職代行「ニコイチ」
退職代行ニコイチ
オススメポイント
  • 有名退職代行で最安値の28,000円
  • 退職代行実績4500人以上
  • 創業14年の実績
  • 提携会社からの転職成功で退職代行費用キャッシュバックあり
smis
退職代行が有名になる前から、退職代行業務を実行し10年以上の老舗。
退職代行実績はなんと4500人以上で100%の成功率

有名退職代行では最安値の一律28,000円という破格でありながら、心理カウンセラーによるカウンセリングや、転職成功で退職代行費用全額キャッシュバック制度もあります。

メンタルサポートや転職まで考えている人にオススメです。