退職代行を使っても有給休暇は消化できる?各社へ取材してみた

「退職代行って有給消化ができるか気になる。」

有給休暇は100%保証できないというところもあれば、取得できるという業者もいるし。」

「確実に有給取得できる業者を知りたい」

 

このように思われる方も多いと思います。

本記事では、退職代行利用時の有給休暇について、各社に取材してまとめました。

 

本記事でわかること
  • 退職時にまとめて有給消化ができるか?
  • 退職代行業者が有給消化をお願いすることは違法か?
  • 有給取得に定評のある退職代行業者
  • 有給消化におすすめの弁護士

それでは参りましょう。

退職時にまとめて有給消化は可能?

結論からいえば、有給取得は労働者の権利ですので、まとめて取得することに問題はありません。

しかし時季変更権がこわいですよね。

時季変更権で会社から拒否されるのでは?

時季変更権は、労働者が有給取得を申し出たときに、会社が有給の使用時期をずらせる権利です。

何人もの労働者が一斉に有給をとるなどで、事業の正常な運営を妨げられると判断されるときに使用できます。単に「忙しいから」という理由では使えない権利です。

この時季変更権は、退職日を過ぎると行使できないため、退職に伴う時季変更権は認められていません。したがって、退職時に有給休暇は全て使用できるのです。

ただ、会社によっては、法律を理解していないところはダメだ!と言ってくる場合があるので要注意です。

以下、参考に社労士記載のQ&Aを記載しました。

Q. 従業員が、退職の1か月前に退職希望を申し出て「残っている有給休暇を消化させてほしい」と言ってきました。

引継ぎもあるため、希望を聞くことができません。

辞める従業員にまとめて年次有給休暇を与えなければいけないのでしょうか?

A. 会社は有給休暇の請求をされた時季が、業務に支障を与える場合には、有給休暇の取得日を変更させる「時季変更権」が認められています。

しかし、「時季変更権」は退職予定日を越えて行使ができないため、残っている有給を消化させるしかありません。

ご質問のように退職予定日まで1か月しかなく、仮に労働日すべての有給休暇申請を出された場合には、これを拒否することはできません。

出典:https://business.bengo4.com/practices/87, BUSINESS LAWYERS, 2016年03月31日投稿

 

ちょっと話は逸れますが・・・

 

休むことは悪いことと考えるのが日本の風潮です。

日本の有給取得率は取得率は50%であり、世界19カ国で最下位という調査があります。

出典:https://welove.expedia.co.jp/press/40915/, エクスペディアジャパン, 2018年12月10日投稿

 

「仕事が余計忙しくなるからとるのは無理」と思われる方も多いのではと思います。

smis
私も辞める時は有給が40日も残っていました。退職時も後ろめたく、全て使いませんでした。

取得推奨と同時に、必要ない仕事の取捨選択、業務の効率化について考えていかないと有休取得率は向上しないですよね。

また、2019年4月からは、5日の有給休暇取得が義務づけられます。

退職代行利用時も、積極的に有給消化をしていきましょう!

有給消化を退職代行業者がお願いするのは弁護士法違反?

退職代行業者が、有給を使いたいという旨を伝えるだけなら違法ではないです。

しかし、法律を理解していない会社には断られることもあります。その場合、交渉ごとに発展し非弁行為のリスクが生じるため、一般の業者では対応が困難になります。自分と会社で直接交渉できればいいですが、難しいですよね。

このような場合は、労働基準監督署、または弁護士に相談しましょう。弁護士にお願いする場合は、別料金がかかる場合がありますので確認が必要です。

退職代行を行なってくれる弁護士さんもいますので参考にしてみてください。

関連退職代行を弁護士に頼みたい。東京の事務所をまとめてみた

 

smis
一般的に大企業ほど制度がしっかりしているので、有休消化はすぐに承認してくれます。

私が辞めた会社も一部上場企業だったのですが、むしろ会社から、有給消化しますよね?と聞いて来てくれたほどです。

退職代行を使って有給消化はできるか?各社の見解

そうは言うものの実際のところどの業者も100%有給取れると宣言してるわけじゃないし、各社はどう考えてるのが気になりますよね。

有給に対する各社のコメントを、実際のインタビューも交えてまとめました。

一般退職代行業者の見解

smis
一般業者様に質問ですが、退職時に有給消化は可能ですか?
辞めるんです
原則貰えます。しかし、就業規則により有給の消化ができないとおっしゃるお勤め先もあります。

その際はご依頼社様と相談の元、お勤め先と折り合いがつく形を取らせて頂いております。

エスポワール
有給消化は伝えることができますが、こちらから交渉ができないので100%対応できるとはお伝えできません。
ニコイチ
有給休暇を全て取得して辞めることは可能です。
コンシェルジュ
通常の会社であれば貰えます。
SARABA
有給休暇は労働者の権利なので貰えます。
NEXT
権利があるのでしたらもちろん、行使して頂けます。その際の追加料金もございません。
リスタッフ
有給休暇の消化につきましては念のため確認させていただきますが、完全に消化できるという保証はできません。
ミカタ
法律上、有給休暇は従業員が申請すれば、理由もなしで無条件で取得することができるものと定められています。

事前に打ち合わせを行い、可能な限りきちんと取得できるようにいたしましょう。

EXIT
有給休暇の消化については確認させていただきますが、100%消化できるという保証はできません。
ギブアップ
会社様に強制できる訳ではないので、あくまでも依頼者様が有休消化を希望している事を連絡させて頂いております。

また、有休がない方は退職日までは欠勤扱いで会社様にはご連絡、対応して頂いております。

どこの業者も100%の保証はしていないですが、有給を使いたいことを通知することは可能です。

弁護士の見解

smis
弁護士様への質問ですが、退職時に有給消化は可能ですか?
ウラノス藤崎弁護士
労働者の権利です。消化可能です。
センチュリー小澤弁護士
残っている有給を全て消化してから辞めることは可能です。

また、有給は、法律上の権利なので、就業規則に定めがなくても取得できます。

当事務所では有給消化の料金は基本プランに含まれます。

川越みずほ清水弁護士
有給消化はできます。

料金は事情をお聞きして提示しています。

弁護士の場合は、100%の有給消化が保証されますが、別途料金がかかるというのが一般的です。

有給消化に定評のある退職代行業者・弁護士

私が取材した中ですが、これまでに有給休暇取得ができなかったことはないと答えてくれた退職代行業者さんと、オススメの弁護士を紹介します。

なお、あくまで一般業者は、有給消化したい旨を伝えるだけで、断られたときに交渉はできませんのでご注意ください。

退職代行GIVE UP(ギブアップ)

「有給消化できなかったケースはない」と言われていたのがギブアップです。

ギブアップは、退職代行料金が30,000円という最安値でありながら、LINEのレス速度も15分以内で速いし、24時間営業しており、不安もすぐ解消できます。

なるべく有給消化をしたければ、ギブアップに相談してみてはいかがでしょうか。

 

※2019年1月現在の実績であり、保証するものではございません。

小澤亜季子弁護士

弁護士の場合は交渉可能なので、100%有給消化できますが、別途料金がかかります。

わかりやすくリーズナブルなのは、小澤弁護士の退職代行ですね。

正社員の退職代行料金が70,200円ですが、有給消化がプランに含まれているので追加料金はかかりません。

まとめ

以上、まとめます。

まとめ
  • 有給消化は労働者の権利でありまとめて取得可能。
  • 退職代行業者は有給消化希望を伝えることができるが、100%保証はできない。
  • 弁護士は有給消化が100%可能だが、別途料金がかかる。

 

有給消化について迷うならば、自分が気になる退職代行業者・弁護士に相談してみましょう。

オススメはギブアップ小澤弁護士です。



管理人厳選の退職代行サービス3選【2019年版】

SARABA
オススメポイント
  • どんな方も3万円で100%退職できる!
  • 海外スタッフ在中で完全24時間対応!
  • LINEレスは平均5分以内で不安はすぐ解消!
  • 法律に詳しい行政書士が実行!
3万円という低価格でありながら、海外にスタッフをおくことで、完全24時間対応を実現しています。

さらに、LINEのレス速度も平均4.5分と圧倒的なスピードなので、不安がすぐに解消できます。

また、行政書士の退職代行により、会社の方も冷静になるため、スムーズに話が進みます。

どこが1番オススメと聞かれたら間違いなくSARABAですね!

辞めるんです


オススメポイント
  • 24時間対応&LINEレス15分以内!
  • どんな質問も丁寧に答えてくれる!
  • 有給消化率95%以上!
  • キャンペーン中は3万円!


24時間対応で、LINEレス速度は15分以内と素早い対応をしてくれます。

一番の特徴は、こちらの質問に親身になって丁寧に答えてくれるところ。

私のわりと失礼な質問にも、きちんと返してくれて一人一人に真剣に向き合ってくれている感じがしました。

さらに、有休消化についても力を入れており、独自のノウハウにより有給全消化を95%以上成功されています。

もちろん顧問弁護士の指導も受けているので安心感があります。

この内容でありながら4万円とリーズナブルなのに、今なら、キャンペーン中で3万円で実施可能です。

素速くて、親身な対応、有給も消化したいなら、辞めるんですがオススメです!

川越みずほ法律会計


オススメポイント
  • 弁護士なのにリーズナブルな料金!
  • 弁護士なのに24時間営業!
  • LINEレス平均70分以内と素早い!
  • どんな質問も丁寧に答えてくれる!


正社員54,000円、パートアルバイト32,400と弁護士の中では料金が最安です。

この価格でありながら、24時間365日営業という、異例な営業をしている弁護士事務所です。

弁護士って依頼者のことを見下している人もいますが、清水弁護士は依頼者に寄り添い真剣に耳を傾けてくれます。

さらに、LINEの返信も弁護士の中では最速で、平均約70分で返ってきます。

弁護士にお願いしたいなら、川越みずほ法律会計の清水弁護士しかありません。



ABOUTこのブログをかいてる人

1986年に関東で生まれ関西で育つ。一部上場メーカーで化粧品開発に7年従事し子会社に異動。上司と部下の板挟みで消耗しわずか6ヶ月で退職。現在はWEB関連フリーランスとして奮闘中。妻・息子・住宅ローンあり。 Favorite:歌をうたう、ギター、カレー、コーヒー、ツナサラダ。