退職代行を使って有給休暇は消化できる?各社へインタビュー

「退職代行って有給消化ができるか気になる。時季変更権というので拒否されるって聞いたし。」

有給休暇は100%保証できないって退職代行もあるし、確実に有給取得できる業者を知りたい」

 

このように思われる方も多いと思います。

有給が残っていれば、退職代行費用も実質無料にできるほど給料が入るので、確実に取得したいところですよね。

 

本記事では、退職代行利用時の有給休暇や、時季変更権、有給取得が確実な退職代行について、各社に取材してまとめました。

 

本記事でわかること
  • 退職時の有給消化と時季変更権の関係
  • 有給取得に定評のある退職代行業者・弁護士

 

当サイトからのご相談No.1はSARABA
  • 29,800円で最安値クラス!
  • 退職代行実績2000人越え!
  • 24時間365日営業でLINEレス5分以内で不安がすぐ解消!
  • 有給消化率98%!
  • 行政書士が実行で安心!

退職代行で有給消化は拒否されない?時季変更権との関係

結論からいえば、有給取得は労働者の権利ですので、退職代行利用時にまとめて取得することができます。

しかし時季変更権で会社から拒否されるという噂があります。

 

時季変更権で会社から拒否されるのでは?

時季変更権は、労働者が有給取得を申し出たときに、会社が有給の使用時期をずらせる権利です。

何人もの労働者が一斉に有給をとるなどで、事業の正常な運営を妨げられると判断されるときに使用できます。単に「忙しいから」という理由では使えない権利です。

 

この時季変更権は、退職日を過ぎると行使できないため、退職に伴う時季変更権は認められていません。

したがって、退職時に有給休暇は全て使用できるのです。

 

以下、参考までに、社労士記載のQ&Aを記載しました。

Q. 従業員が、退職の1か月前に退職希望を申し出て「残っている有給休暇を消化させてほしい」と言ってきました。

引継ぎもあるため、希望を聞くことができません。

辞める従業員にまとめて年次有給休暇を与えなければいけないのでしょうか?

A. 会社は有給休暇の請求をされた時季が、業務に支障を与える場合には、有給休暇の取得日を変更させる「時季変更権」が認められています。

しかし、「時季変更権」は退職予定日を越えて行使ができないため、残っている有給を消化させるしかありません。

ご質問のように退職予定日まで1か月しかなく、仮に労働日すべての有給休暇申請を出された場合には、これを拒否することはできません。

出典:https://business.bengo4.com/practices/87, BUSINESS LAWYERS, 2016年03月31日投稿

 

ただ、会社によっては(中小企業に多い印象ですが)ダメだ!と言ってくる場合があるので、そうすると交渉に発展してしまいます。

交渉は一般業者ではできません。

 

有給消化を断られる可能性があるなら弁護士の退職代行

 

有給消化について、万が一断られて、交渉に発展すると、一般業者では弁護士法違反になる可能性が高いです。

 

このような場合が想定されるときは、弁護士にお願いしておくのが確実です。

 

弁護士にお願いする場合は、別料金がかかる場合が多いですが、有休消化請求も無料でやってくれる神がかった弁護士もいます。

後ほどまとめて紹介します。

 

有給消化はどれくらい成功するのか?各社にインタビュー

企業によっては断ってくるところもあるそうなので、各退職代行業者の伝え方によって結果が変わってくるものと推察されます。

そこで、退職代行業者・弁護士にインタビューし、有給消化がどれだけ確実に取れるか聞いてみました。

 

有給消化に対する一般退職代行業者のコメント

まずは一般業者のコメントです。

 

EXIT
有給休暇の消化については確認させていただきますが、100%消化できるという保証はできません。
SARABA
有給休暇は労働者の権利なので貰えます。当社では98%以上、有休消化に成功しています。
辞めるんです
原則貰えます。しかし、就業規則により有給の消化ができないとおっしゃるお勤め先もあります。

その際はご依頼社様と相談の元、お勤め先と折り合いがつく形を取らせて頂いております。

当社では95%以上の方が有給消化に成功しています。

ギブアップ
会社様に強制できる訳ではないので、あくまでも依頼者様が有休消化を希望している事を連絡させて頂いております。

また、有休がない方は退職日までは欠勤扱いで会社様にはご連絡、対応して頂いております。

当社では今のところ有給を取得できなかったことはないです。

エスポワール
有給消化は伝えることができますが、こちらから交渉ができないので100%対応できるとはお伝えできません。
ニコイチ
有給休暇を全て取得して辞めることは可能です。
コンシェルジュ
通常の会社であれば貰えます。
NEXT
権利があるのでしたらもちろん、行使して頂けます。その際の追加料金もございません。
リスタッフ
有給休暇の消化につきましては念のため確認させていただきますが、完全に消化できるという保証はできません。
ミカタ
法律上、有給休暇は従業員が申請すれば、理由もなしで無条件で取得することができるものと定められています。

事前に打ち合わせを行い、可能な限りきちんと取得できるようにいたしましょう。

 

おおむね取れるようですが、保証できませんという業者も多いですね。

 

有給消化に対する弁護士のコメント

次に、弁護士のコメントです。

 

ウラノス藤崎弁護士
労働者の権利です。消化可能です。
センチュリー小澤弁護士
残っている有給を全て消化してから辞めることは可能です。

また、有給は、法律上の権利なので、就業規則に定めがなくても取得できます。

当事務所では有給消化の料金は基本プランに含まれます。

川越みずほ清水弁護士
有給消化はできます。

料金は事情をお聞きして提示しています。

汐留パートナーズ佐藤弁護士
有給消化は無料で可能です。

 

弁護士の場合は、100%の有給消化が保証されます。

ただ、別途料金がかかるというのが多いです。

 

では、どの退職代行業者に頼むのが有給消化が確実で、コスパがいいのでしょうか。

 

有給消化に定評のあるオススメ退職代行業者・弁護士

有給消化を確実に実施するために、オススメの退職代行業・弁護士を紹介します。

これまでの見解を踏まえ、表にしてまとめました。

正社員料金
(有給消化請求込み)
有給消化
成功率
オススメな人
EXIT 50,000 非開示
SARABA 29,800 98%以上 大企業の方
GIVE UP 30,000 100%
辞めるんです 30,000 95%以上
汐留パートナーズ法律事務所 54,000 100% 中小企業の方
川越みずほ法律会計 54,000+α 100%
センチュリー法律事務所 70,200 100%

 

有給ゲットのためにオススメなのは、大企業勤務の方はSARABA、中小企業勤務の方は汐留パートナーズをオススメします。

以下、詳しく説明します。

 

大企業に勤めている方向けのおすすめ退職代行

大企業は法律を理解していますので断ってくることはほぼないです。

なので、一般業者を使うほうが弁護士よりもコスト的にお得です。

私も一部上場企業を退職しましたが、会社から有給使うよね?と聞いてきてくれたほどです。

 

一般業者でオススメなのは、退職代行SARABAです。

SARABAは、退職代行実績が2000人を超えている中で、98%有給取得に成功されています。

LINE返信はいつでも5分以内ですし、24時間営業なので、早朝深夜土日でも即座に悩みが解決します。

 

 

中小企業に勤めている方向けのおすすめ退職代行

中小企業を軽んじるわけではないですが、家族経営の小さな会社だったりするところは、法律を理解していないところも多いそうです。

そのため、有給消化を断ってきて交渉に発展する可能性がありますので、弁護士を使う方が確実です。

 

オススメ弁護士は、汐留パートナーズ法律事務所。

多くの弁護士が有給消化請求に別途料金がかかりますが、汐留パートナーズは有給消化請求が無料です。

しかも、弁護士の退職代行でも、対応がダントツ早いですし、正社員料金も弁護士の中で最安値なので、ここ以外選ぶ理由はないです。

 

もちろん、大企業の方でもお金をいくらでもかけられるのであれば、汐留パートナーズの方がオススメです。

 

 

まとめ|退職代行で有給消化は可能

まとめ
  • 有給消化は、労働者の権利であり取得可能。
  • 退職時の有給に対する時季変更権は認められない。
  • 一般の退職代行業者は、有給消化希望を伝えることができるが、100%保証はできない。
  • 有給消化請求が確実で、無料なのは汐留パートナーズ法律事務所

 

休むことは悪いこと。

そう考えるのが日本の風潮です。

日本の有給取得率は取得率は50%であり、世界19カ国で最下位という調査があります。

出典:https://welove.expedia.co.jp/press/40915/, エクスペディアジャパン, 2018年12月10日投稿

 

しかし、退職するときは、一気に消化してしまいましょう。

もし有給が1ヶ月分残っていたら、退職代行費用も浮きますから。

 

有給消化を確実にとるためには、大企業の方ならSARABA、中小企業の方なら汐留パートナーズにしておけば間違いないです。

 

 




他の退職代行も知りたいと思う方は、20社以上に相談した経験をもとに作成した、オススメランキングをご覧ください。


関連実際に連絡してわかった本当におすすめの退職代行ランキング【20社に潜入調査】


実際LINE相談した体験をもとに、業者の態度や対応速度など、細かい調査結果をまとめていますので、あなたに最適な退職代行が見つかるはずです。


管理人厳選の退職代行サービス3選【2019年版】

退職代行「SARABA」
オススメポイント
  • 料金は29,800円で最安値クラス
  • 退職代行実績2000人越え
  • 24時間365日営業でLINEレス5分以内で不安がすぐ解消
  • 有給消化率98%
  • 行政書士が実行で安心
smis
29,800円の最安値クラスの料金であり、 それでいて、365日24時間対応や、素早いLINEレス速度もめちゃくちゃ速いので不安がすぐ解消します。総合力トップの退職代行です。

行政書士による退職代行の実行や、有給消化率も高いの安心です。

とりあえずどこがオススメ?と聞かれたら、まず出てくる退職代行です。

汐留パートナーズ法律事務所
オススメポイント
  • 弁護士の退職代行
  • LINEレスが平均12分と弁護士最速
  • 有休消化請求無料
  • 退職金・残業代請求の着手金無料
  • 超巨大法律グループの安心感
smis
LINE返信速度は12分であり、速度ランクもNo.3です。ここまで速い弁護士は他にはありません。

また、有休消化請求は無料で、残業代や退職金請求の着手金も無料というのは、弁護士業界ではかなりの破格対応と言えます。

弁護士にお願いしたいなら、まずは汐留パートナーズをオススメします。

なお、LINEで友達追加したら、一度自分でコメントを送信する必要がありますのでご注意を。(おそらくシステム都合)

退職代行「ニコイチ」
退職代行ニコイチ
オススメポイント
  • 有名退職代行で最安値の28,000円
  • 退職代行実績4500人以上
  • 創業14年の実績
  • 提携会社からの転職成功で退職代行費用キャッシュバックあり
smis
退職代行が有名になる前から、退職代行業務を実行し10年以上の老舗。
退職代行実績はなんと4500人以上で100%の成功率

有名退職代行では最安値の一律28,000円という破格でありながら、心理カウンセラーによるカウンセリングや、転職成功で退職代行費用全額キャッシュバック制度もあります。

メンタルサポートや転職まで考えている人にオススメです。