退職代行での即日退職、実質即日退職、即日対応の違いを明確にしておこうと思う。

「明日から会社に行きたくない。即日退職したい。」

「でも即日退職させてくれる退職代行はどこがあるのだろう?」

「即日退職と即日対応の違いがよくわからない」

 

smis
こんにちは。

子会社に異動後6ヶ月で会社を辞めたsmisです。

退職代行を検討している方は、このような疑問を持たれる方が多いと思います。

本記事では、即日退職について詳しく調査・解説していきます。

まず、即日退職と言っても、実質即日退職、即日対応というややこしい単語があるので、違いをしっかり押さえた上で業者を検討しましょう。

 

退職代行での即日退職、実質即日退職、即日対応の違い

まず、言葉の定義をしっかり押さえておきましょう。

  • 即日退職
  • 実質即日退職
  • 即日対応

 

この3つの違いわかりますでしょうか?

似ているようでちょっと違う、この3つの違いをみていきましょう。

前提として、正社員の場合を考えます。

正社員は雇用期間の定めがないので、民法上は退職を申し出てから2週間で辞められます。

即日退職

即日退職とは、退職代行実施→2週間より早く退職することです。

この方法は非常にハードルが高いです。

通常、退職する際は、民法に従って、退職日を2週間以降に設定します。

しかし、2週間より早く辞めるとなると、会社と話し合った上で退職を承認してもらわないといけないからです。

会社としては、退職日を正式に決定して、離職票などの書類も作成する必要がありますので、調整に時間がかかる可能性があります。

実質即日退職

実質即日退職とは、有給や欠勤を使って明日から仕事に行かない退職方法です。

ほとんどの退職代行業者が実施してくれる方法で、現実的な方法です。

法律的な退職日は、申し出から2週間後以降ですが、その間は有給や欠勤を使うことで、退職代行実施→有給消化(または欠勤)→退職日という流れが可能になります。

これによって、実質、明日から会社に行かなくてよくなりますよね。

なお、離職票や失業認定などの手続きは、退職日以降からしかできませんので注意です。

即日対応

即日対応とは、業者(または弁護士)に連絡をとったその日に対応してくれることです。

即日対応可能であれば、例えば、月曜日の朝5時に入金したからすぐ実施してくれ、とお願いし、月曜の出勤時間の朝9時に連絡してもらえます。

やはり、即日対応希望の方はかなり多いようで、ある弁護士の方は、8割は即日対応希望と仰ってました。

即日対応が可能ならば、実質即日退職と合わせることで、月曜日の朝一に連絡して、月曜日から会社に行かず、有休消化後に退職ということが可能になります。

バックれはNG!即日退職したいなら退職代行にお願いしよう

即日退職にしても実質即日退職にしても、バックれはNGです。

退職代行も使わず、自分からも何も連絡せず会社を辞めると、退職日の設定もわからないし、離職票がもらえなかったり、遅れたりする可能性が高くなります。

そうすると、失業保険がもらえなかったり、支給が遅れたり、再就職に悪影響出たりというデメリットがたくさん出てきます。

バックれで辞めるくらいなら退職代行を使うことをおオススメします。

退職代行で即日対応できる業者・弁護士

即日対応については、様々な業者さんで訴求されていますが、実際には業者の営業時間とLINEの返信スピードがとても重要です。

連絡したのに全然返信がこないのでは、無断欠勤になってしまいますから。

ということで私が、実際連絡をとってみて、オススメできると思ったところをご紹介しますね。

現時点では3つをオススメします。

2つは一般業者で、1つは弁護士事務所です。

  • 辞めるんです(一般)
  • SARABA(一般)
  • 川越みずほ法律会計(弁護士)

辞めるんです

オススメポイント
  • 24時間対応!
  • LINEレス15分以内!
  • どんな質問も丁寧に答えてくれる!
  • 有給消化率95%以上!
  • キャンペーン中は3万円!

24時間対応で、LINEレス速度は15分以内と素早い対応をしてくれます。

一番の特徴は、こちらの質問に親身になって丁寧に答えてくれるところ。

私のわりと失礼な質問にも、きちんと返してくれて一人一人に真剣に向き合ってくれている感じがしました。

さらに、有休消化についても力を入れており、独自のノウハウにより有給全消化を95%以上成功されています。

もちろん顧問弁護士の指導も受けているので安心感があります。

この内容でありながら4万円とリーズナブルなのに、今なら、キャンペーン中で3万円で実施可能です。

素速くて、親身な対応、有給も消化したいなら、辞めるんですがオススメです!

SARABA

オススメポイント
  • どんな方も3万円で100%退職できる!
  • 海外スタッフ在中で完全24時間対応!
  • LINEレスは平均5分以内で不安はすぐ解消!
  • 法律に詳しい行政書士が実行!

3万円という低価格でありながら、海外にスタッフをおくことで、完全24時間対応を実現しています。

LINEのレス速度は平均4.5分と圧倒的なスピードなので、月曜朝一に会社に行きたいくないと思ったらすぐ対応してくれます。

入金したスクリーンショットを送れば、その日の始業時間にでも対応してくれます。

また、行政書士の退職代行により、会社の方も冷静になるため、スムーズに話が進むと評判です。

川越みずほ法律会計

オススメポイント
  • 弁護士なのにリーズナブルな料金!
  • 弁護士なのに24時間営業!
  • LINEレス平均70分以内と素早い!
  • どんな質問も丁寧に答えてくれる!

正社員54,000円、パートアルバイト32,400と弁護士の中では料金が最安です。

この価格でありながら、24時間365日営業という、異例な営業をしている弁護士事務所です。

弁護士って依頼者のことを見下している人もいますが、清水弁護士は依頼者に寄り添い真剣に耳を傾けてくれます。

さらに、LINEの返信も弁護士の中では最速で、平均約70分で返ってきます。

弁護士にお願いしたいなら、川越みずほ法律会計の清水弁護士しかありません。

まとめ

  • 即日退職→2週間より早く辞めること
  • 実質即日退職→退職代行実行後、有給休暇(欠勤)で会社に行かず、退職すること
  • 即日対応→退職代行を当日に実行してくれること

 

いかがでしたか。

退職代行を検討するならば、即日対応可能な業者を選ぶのがオススメです。



管理人厳選の退職代行サービス3選【2019年版】

SARABA
オススメポイント
  • どんな方も3万円で100%退職できる!
  • 海外スタッフ在中で完全24時間対応!
  • LINEレスは平均5分以内で不安はすぐ解消!
  • 法律に詳しい行政書士が実行!
3万円という低価格でありながら、海外にスタッフをおくことで、完全24時間対応を実現しています。

さらに、LINEのレス速度も平均4.5分と圧倒的なスピードなので、不安がすぐに解消できます。

また、行政書士の退職代行により、会社の方も冷静になるため、スムーズに話が進みます。

どこが1番オススメと聞かれたら間違いなくSARABAですね!

辞めるんです


オススメポイント
  • 24時間対応&LINEレス15分以内!
  • どんな質問も丁寧に答えてくれる!
  • 有給消化率95%以上!
  • キャンペーン中は3万円!


24時間対応で、LINEレス速度は15分以内と素早い対応をしてくれます。

一番の特徴は、こちらの質問に親身になって丁寧に答えてくれるところ。

私のわりと失礼な質問にも、きちんと返してくれて一人一人に真剣に向き合ってくれている感じがしました。

さらに、有休消化についても力を入れており、独自のノウハウにより有給全消化を95%以上成功されています。

もちろん顧問弁護士の指導も受けているので安心感があります。

この内容でありながら4万円とリーズナブルなのに、今なら、キャンペーン中で3万円で実施可能です。

素速くて、親身な対応、有給も消化したいなら、辞めるんですがオススメです!

川越みずほ法律会計


オススメポイント
  • 弁護士なのにリーズナブルな料金!
  • 弁護士なのに24時間営業!
  • LINEレス平均70分以内と素早い!
  • どんな質問も丁寧に答えてくれる!


正社員54,000円、パートアルバイト32,400と弁護士の中では料金が最安です。

この価格でありながら、24時間365日営業という、異例な営業をしている弁護士事務所です。

弁護士って依頼者のことを見下している人もいますが、清水弁護士は依頼者に寄り添い真剣に耳を傾けてくれます。

さらに、LINEの返信も弁護士の中では最速で、平均約70分で返ってきます。

弁護士にお願いしたいなら、川越みずほ法律会計の清水弁護士しかありません。



ABOUTこのブログをかいてる人

1986年に関東で生まれ関西で育つ。一部上場メーカーで化粧品開発に7年従事し子会社に異動。上司と部下の板挟みで消耗しわずか6ヶ月で退職。現在はWEB関連フリーランスとして奮闘中。妻・息子・住宅ローンあり。 Favorite:歌をうたう、ギター、カレー、コーヒー、ツナサラダ。