派遣社員でも退職代行が使えるか?契約期間中に退職する2つの方法

「派遣社員でも退職代行は利用できるのだろうか?」

「正社員と違って、雇用期間を契約しているし、突然辞めるのはダメなんじゃないの?」

「派遣を辞めたいけど、嘘の理由を担当営業に伝えるのは気まずいし。」

 

本記事では、派遣社員のための退職代行について、各業者に取材したことも交えて記事にしました。

 

本記事でわかること
  • 契約期間中に退職する2つの方法
  • 派遣社員の退職代行事例
  • 派遣社員にオススメの退職代行サービス

 

派遣社員は契約期間中に退職できるか?

原則、契約期間中の退職はできません。

理由としては、働く期間を契約書で結んでいるからです。

しかし、原則という言葉があるように、例外が2つあります。

  • 合意退職
  • 止むを得ない事由による雇用契約解除

合意退職とは

合意退職とは、派遣会社と話し合って認めてもらって退職することです。

契約中でも派遣会社がOKと言ってくれれば辞めれるのです。

辞める時の理由は様々ですが、仕事が思っていたものと違ったとか、薬品が肌に合わなかったとか、体調不良であるを伝え、派遣会社に認めてもらう必要があります。

派遣会社に認めてもらったら、あとは派遣会社が派遣先企業に話しますので、自分が説明する必要はないです。

ちなみに、私の前職での経験談ですが、派遣社員が辞める時は全員、合意退職でした。ハードルはめちゃくちゃ低いですよ。

smis
私が一緒に仕事していた派遣社員は、通勤が辛いから・・・とか、結婚することになり・・・という理由で辞めていかれました。

意外に合意退職はすごく簡単です。

止むを得ない事由による雇用契約解除とは

止むを得ない事由による契約解除は、止むを得ない理由がある場合にできる辞め方です。

こちらは、会社に認めてもらう必要もなく、一方的に契約解除できます。

これは民法第628条に規定されています。

民法
(やむを得ない事由による雇用の解除)
第六百二十八条 当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。

この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

出典:Wikipedia

ただし、労働者の一方的な過失によって生じた場合は、損害賠償請求される可能性が生じます。

やむを得ない事由についての具体例は、以下のようなことが考えられます。

  • サービス残業
  • 天変地異によって通勤困難
  • セクハラ・パワハラ
  • 親の介護

 

これを踏まえて、派遣社員が退職代行を使えるか見ていきましょう。

派遣社員でも退職代行サービスは使える?

結論は使えます。

各業者のツイッターや公式サイトに、派遣や契約社員の退職代行事例がたくさん記載されています。

派遣社員の場合、退職代行はどこに連絡するのか?

派遣社員が契約を結ぶのは派遣元となります。(スタッフサービス、テンプスタッフ、パソナ、WDBなど)

したがって、退職代行業者は派遣元に退職したいことを伝えます。

退職代行が派遣先の企業にも連絡してくれるの?

退職代行サービスは、派遣先に連絡することはないです。

派遣の委託契約を結んでいるのは、派遣会社と派遣先企業ですから、派遣会社が派遣先に連絡します。

退職代行するときはどんな理由で辞めるの?

退職代行 非常識

退職理由については、上述のように、「合意退職」と「止むを得ない事由による契約解除」がありますが、退職代行では、基本的に合意退職で話を進めます。

止むを得ない事由を作ると、つじつま合わせが大変なためですね。

体調不良などを理由にして、○○さんはもう出勤できません、と伝えるのが多いようです。

退職代行で派遣社員は有給消化できる?

退職代行を使ったとしても有給は消化したいですよね。

退職代行を使っても、法律上、退職時の有給消化が可能です。

ただ、派遣社員が有給をもらうには、以下を満たす必要があります。

  • 同一の派遣会社から、6ヶ月以上継続して勤務していること
  • 労働日の8割以上を出勤していること

 

そして、6ヶ月以上同じ派遣会社で働いていれば、10日の有給がもらえます。

よく、派遣会社が先方に迷惑をかけるから有休消化を認めないと言ってきますが、それは派遣会社の認識が誤っています。

なので、反論したいところですが、一般業者では交渉ができませんので、対応できません。

有給を拒否されるブラックな派遣会社であれば、弁護士の退職代行にお願いしましょう。

派遣社員にこそ退職代行をオススメしたい理由

弁護士が退職代行!ウラノス法律事務所の評判・口コミ・体験・料金を調査

派遣社員にこそ退職代行をオススメしたいです。

ちょっと話はそれますが、派遣社員のバックれは結構あります。それは正社員の比じゃないです。(私の経験談)

バックれがあると、仕事のスケジュールに関わるし、連絡がないので事故にあったんじゃないかと大騒ぎになるので大変です。

また派遣会社としても、退職日とか、離職票の手続きとかの調整に手間取り、自分にもデメリットがふりかかります。

 

ただ、どうしても仕事が合わないなどで、契約期間中に辞めたいことはあると思います。

先ほども記載しましたが、契約期間中に辞めるには、「合意するための理由」または「止むを得ない事由」が必要です。

どちらにしても、理由を考える必要が出てきます。

 

「ウソの理由を考えるのが後ろめたいし、営業さんに話すのが気まずい」

 

と思っちゃいますよね。

そこで使えるのが退職代行です。

退職代行にお願いすれば、派遣会社の営業さんには会う必要もないし、ウソの理由を自分で伝える必要がなくなるんですよ。

派遣社員の方には、最低限のマナーおよび自分のためにも、バックれず、退職代行を使ってでも連絡を入れて退職してほしいのです。

派遣社員で退職代行を利用した方の体験談

20代後半女性、派遣社員、生命保険、勤続3年、退職代行EXIT

ネットニュースをみて退職代行EXITを知りました。

EXITでは派遣社員は5万円でしたが、心身が疲れ果てており、安いと感じました。入金して、明日お願いしますと連絡しました。

「明日以降は欠勤となります」との連絡が。

当日、出勤時間の9時をすぎ、10時半頃にEXITから連絡が。

「派遣元の担当者に退職の意向を伝えましたので、このまま退職届を送ってください」とあっさり退職が認められました。

出典:https://www.institutfr-dakar.org/taishokudaiko-taikendan/

Wさん(36歳 女性)、派遣社員、メーカー勤務1ヶ月、退職代行コンシェルジュ

事例

思っていた仕事ではなく辞めたいと派遣元の担当者に伝えましたが、

契約書に明示されている期間までは働くようにと言われました。 

【ご要望、ご不明点】 

社会保険の手続きはまだおこなっておりません。 

次の仕事を早く見つけたいので、早急に退職したいです。

 

対応

派遣元の担当に代行電話をし、

派遣元の担当から派遣先に連絡をしていただき、完了。

 

退職代行コンシェルジュを利用した感想

依頼からすぐに対応していただけたので助かりました。

また代行を通すことで引き留めにもあわずに済んだ。

 

出典:https://retirement.cram.work/category/cases/page/2/

Wさん(26歳 女性)人材業界、派遣社員、勤務1ヶ月、退職代行コンシェルジュ

事例

8月に人材会社に派遣されました。仕事内容は聞いていたのですが自分の想像よりも覚える内容が多く、全くついて行けなくなりました。 

辞めたい旨を派遣の営業担当の方に話したのですが、丸め込まれてしまいました。 

頑張って続けていたのですが、ここ数週間めまいが止まらず、階段を降りている最中にめまいが起きてしまって転んで頭を打ってしまい、仕事を休みました。 

もう体力的にも精神的にも辛いので退職したい。

 

対応

まず依頼者の意向を派遣元の営業担当へお伝えし、派遣元の営業担当より

派遣先へ退職の旨を連絡。

無事退職に至る。

 

退職代行コンシェルジュを利用した感想

派遣先にはお世話になっていたので、なるべく円満に済ましたいと思っており、

退職代行を依頼しました。

すぐに退職ができ、気持ちもすっきりしましたので、また少し休んでから

働きたいと思います。

出典:https://retirement.cram.work/category/cases/page/3/

派遣社員の実績があるオススメ退職代行サービス

退職代行コンシェルジュ

1つは、先ほど体験談を載せていた退職代行コンシェルジュです。

公式サイトには、派遣社員の体験談が複数記載されているのと、顧問弁護士の指導の元業務されていること、さらに、運営会社は厚生労働省が認可する人材紹介事業もやっているので安心感があります。

そのため、そこらの転職サイトを紹介するだけでなく、キャリアカウンセラーの相談があったり、一人一人に合わせた転職支援をしてくれます。

料金も32,400円と最安値クラスの価格で対応してくれます。

さらに私が強調したいのが、LINEのレス速度が圧倒的に速いこと。

私もLINEのやりとりさせてもらいましたが、平均5分以内に返事があり、調査した中では最速ですね。

不安な点が出てきてもすぐに回答をもらえるので安心です。

LINEレスが速くて、転職支援も希望するなら退職代行コンシェルジュがオススメです!

 

退職代行ニコイチ

もう1つ私がオススメするのは、退職代行ニコイチです。

ニコイチは、資本金1,000,000円を持ったしっかりとした株式会社が運営しています。

2004年に便利屋として創業後、2012年に退職代行の業務を開始しました。

10年続く会社は3%しかないんですが、ニコイチは、もはや14年も続けていますから、安心・安定の会社です。

さらに特筆すべきは、累計退職実績4000人という圧倒的な実績と派遣社員や20〜30代の利用者が多いのが特徴。

そのため、派遣社員の退職をスムーズにサポートしてくれます。

料金は4万円で、業界最安ではないものの、圧倒的な実績を元に100%の退職を保証してくれるので、非常にリーズナブルです。

ただ、LINEの返信が少し遅いのがネックですね。暇時は返信も速いですが、忙しい時は遅いという印象です。

派遣社員で、退職代行を頼みたいならニコイチがオススメです!

 



管理人厳選の退職代行サービス3選【2019年版】

SARABA
オススメポイント
  • どんな方も3万円で100%退職できる!
  • 海外スタッフ在中で完全24時間対応!
  • LINEレスは平均5分以内で不安はすぐ解消!
  • 法律に詳しい行政書士が実行!
3万円という低価格でありながら、海外にスタッフをおくことで、完全24時間対応を実現しています。

さらに、LINEのレス速度も平均4.5分と圧倒的なスピードなので、不安がすぐに解消できます。

また、行政書士の退職代行により、会社の方も冷静になるため、スムーズに話が進みます。

どこが1番オススメと聞かれたら間違いなくSARABAですね!

辞めるんです


オススメポイント
  • 24時間対応&LINEレス15分以内!
  • どんな質問も丁寧に答えてくれる!
  • 有給消化率95%以上!
  • キャンペーン中は3万円!


24時間対応で、LINEレス速度は15分以内と素早い対応をしてくれます。

一番の特徴は、こちらの質問に親身になって丁寧に答えてくれるところ。

私のわりと失礼な質問にも、きちんと返してくれて一人一人に真剣に向き合ってくれている感じがしました。

さらに、有休消化についても力を入れており、独自のノウハウにより有給全消化を95%以上成功されています。

もちろん顧問弁護士の指導も受けているので安心感があります。

この内容でありながら4万円とリーズナブルなのに、今なら、キャンペーン中で3万円で実施可能です。

素速くて、親身な対応、有給も消化したいなら、辞めるんですがオススメです!

川越みずほ法律会計


オススメポイント
  • 弁護士なのにリーズナブルな料金!
  • 弁護士なのに24時間営業!
  • LINEレス平均70分以内と素早い!
  • どんな質問も丁寧に答えてくれる!


正社員54,000円、パートアルバイト32,400と弁護士の中では料金が最安です。

この価格でありながら、24時間365日営業という、異例な営業をしている弁護士事務所です。

弁護士って依頼者のことを見下している人もいますが、清水弁護士は依頼者に寄り添い真剣に耳を傾けてくれます。

さらに、LINEの返信も弁護士の中では最速で、平均約70分で返ってきます。

弁護士にお願いしたいなら、川越みずほ法律会計の清水弁護士しかありません。



ABOUTこのブログをかいてる人

1986年に関東で生まれ関西で育つ。一部上場メーカーで化粧品開発に7年従事し子会社に異動。上司と部下の板挟みで消耗しわずか6ヶ月で退職。現在はWEB関連フリーランスとして奮闘中。妻・息子・住宅ローンあり。 Favorite:歌をうたう、ギター、カレー、コーヒー、ツナサラダ。