アルバイトを辞めるときラインはNG?【非常識と思われないコツ】

アルバイト辞めたいをラインで伝えるのは非常識?

「バイトの仕事が合わないから辞めたい。でも店長には直接言いたくない。

電話もしたくないしLINEで伝えてもいいのかな?

正直、辞めれるなら給料もいらない・・・」

 

アルバイトを辞めたいと切り出すのは、想像以上にエネルギーがいりますよね。なので、LINEで伝えたいという気持ちは非常に共感できます。

 

smis
私も学生時代は、塾講師、コンビニ、接客、調理を経験し、毎回辞めるを切り出すのが苦痛でした。

 

本記事では、バイトをLINEで辞めるのって非常識なのか?というテーマで世間の声を調査しつつ、LINEで辞める時の例文や、非常識と思われないコツを紹介します。

 




 

退職代行選びで損してませんか?

あなたの状況にベストな退職代行が30秒で無料診断できます!

 

バイト辞めるをラインで伝えるのは非常識?

スマホをさわる女性

ラインで辞めるを伝えることは非常識なのか、ツイッターにて世間の声を調査しました。

 

世間の声は非常識というのが多数

世間の声を調査すると、ラインでバイト辞めると伝えるのは非常識という意見が大半でした。

 

転職サイトでもマナー違反だからNGなんて書いてあります。

 

やはり直接、面と向かって伝えないとダメ!ということが刷り込まれている感じです。

 

しかし非常識は常識に変わる

人は、これまでになかった珍しいことを目の当たりにしたときに、非常識と思うのです。

 

私の意見としては、LINEで退職を伝えることは、これから常識に変わっていくと考えています。

 

これまではラインという手軽に連絡できるツールがなかったから、直接店長に辞めることを伝えることしかできなかったんですよね。

 

しかし、コミュニケーションツールの1つとして確立されたラインは、今や、おじいちゃんもおばあちゃんも使えます。

 

このように当たり前になっていくと、非常識は常識に変わり、ラインでアルバイトを辞めるのも当たり前になってくのではと思います。

 

法律上、辞めたいと伝えてから2週間あければ問題ありません。

もちろん、店長の了承があれば、2週間も待たずして即日辞めれます。

 

バイトをLINEで辞めたい時の例文【コピペOK】

ラインの会話モザイクあり

なるべく波風立てないように、LINEでバイトを辞める時の例文を紹介します。

LINEで辞めるを伝える時のポイントは以下。

  1. 体調不良であることを伝える
  2. 退職することを伝える
  3. 退職日を伝える
  4. 最後に謝罪する

 

smis

smisです。突然の連絡すみません。

少し前から体調を崩しており、働くことが難しくなったため、退職させていただきます。

急な連絡でシフトに穴を開けてしまったこと、また、本来なら直接ご連絡、ご挨拶すべきところ、このような形でお伝えすることになり申し訳ありません。

退職日は、もし了承いただけるなら、明日○月○日にさせていただきたいですが、難しければ、民法を考慮し、2週間の〇月〇日を退職日とさせていただきたく思います。

申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いします。

 

連絡は、お店が始まる前にしておきましょう。

出社前日の夜でもOKです。

 

それでも、LINEで辞めるというのはやっぱり非常識かな?と気にする方は、かなり真面目な方なんだと思います。

気にしない人は、突然バックれますからね。

 

そんな真面目なあなたに、ラインでバイト辞めるを伝えても非常識と思われないコツを1つ紹介します。

 

バイトを辞めることをラインで伝えても非常識と思われないコツ

何が一番気まずいかっていうと、

 

「辞めたいのですが・・・」

 

と、店長に切り出す瞬間です。

 

私も4つのバイトを辞めてきましたが、切り出す瞬間が一番エネルギーいりますよね。

 

なるべく非常識と思われないための方法は、「バイトを辞めたいのですが」という切り出しだけをLINEですることです。

 

そして、その後は、話し合ってシフトを調整する。

 

通常のアルバイト先ならば、これが一番ベストだと思います。

 

でも、ブラックバイトという言葉があるように、勤務先の店長が異常で、話し合いにもならない場合もありますよね。

 

そんな場合は、最終手段として、自分で連絡をとらずに辞める方法がを使うのもアリです。

 

連絡を一切取らずにバイトを辞める方法

その方法は、第3者にバイトを辞めたいと伝えてもらう方法です。

 

それが、2018年の夏から、テレビや新聞に多数取り上げられて人気が爆発している退職代行サービスです。

 

第3者が伝えてくれるので、バイト先とは一切連絡を取らずに、すんなりと退職できることが多いです。

 

比較的新しいサービスなので、世間の常識にはなってませんが、とある退職代行業者への依頼件数は月に300人以上だそうです。

 

 

まとめ:LINEでアルバイトを辞めるは今は非常識?

空にたくさんの気球が飛んでいる様子
  • LINEで辞めるのは、現在では非常識と思われる可能性が高い
  • 非常識と思われないためには、辞める切り出しだけLINEにする
  • 話し合いが無理なブラックバイトなら退職代行もあり

 

バイトをやめるときは非常にエネルギーが入ります。

 

けど、辞めたいのに辞めれないと迷っている時間は、あなたにとって無駄な時間にしかなりません。

 

みなさんの「辞める決断」が、明るい未来につながることを願っています。

 

 

 


他の退職代行も気になる方は、オススメの退職代行ランキングもご覧ください。

各社に連絡を取り、実績、レスポンスの速さ、対応の丁寧さなどを徹底評価してランクづけしています。



「オススメの退職代行が多すぎ!」

そんなあなたへ。
あなたの状況にベストな退職代行が30秒で無料診断できます。







【2019年版】管理人厳選の退職代行サービス3選

総合力No.1の退職代行「SARABA」
オススメポイント
  • 労働組合新設で交渉も可能に
  • 退職代行実績3000人越え
  • 24時間365日営業で休日・深夜相談もOK
  • LINEレス5分以内で不安がすぐ解消
  • 有給消化率98%
  • 行政書士が実行で安心

「汐留パートナーズ」圧倒的な対応スピードの弁護士!
オススメポイント
  • 弁護士の退職代行
  • LINEレスが平均12分と弁護士最速
  • 有休消化請求無料
  • 退職金・残業代請求の着手金無料
  • 超巨大法律グループの安心感

※ライン相談の場合は、あなたから「はじめまして、退職代行を検討しています」と送ってみてください。

「ニコイチ」丁寧な対応と転職キャッシュバック!
退職代行ニコイチ
オススメポイント
  • 有名退職代行で最安値の28,000円がお財布にやさしい
  • 退職代行実績4500人以上で成功率100%
  • 懇切丁寧な対応がうれしい
  • 転職成功で退職代行費用全額キャッシュバックも

WHO当サイトの管理人

7年務めた職場から異動→消耗して6ヶ月で退職→退職にめっちゃ苦労→退職代行の存在を広めたい→退職代行業者に1つ1つ取材して徹底比較したことをブログにまとめてます。