司法書士の【退職代行センター】の評判を徹底取材!

「司法書士の退職代行で退職代行センターってあるけど、評判はどうだろう。」

「退職代行センターを使った人の口コミや体験談が気になるな。」

「行政書士や弁護士と比べてどんな特徴があるのだろうか。」

退職代行センターを検討している方は、このような疑問を持たれる方も多いと思います。

smis
退職代行センターを運営する司法書士・加陽麻里布(かようまりの)さんにLINEで連絡をしてみました。

本記事では、退職代行センターの評判を調査するとともに、一般業者、行政書士、弁護士の退職代行との比較もしてみました。

 

「退職代行選びで損したくない・・・。

自分に一番あうオススメの退職代行はどこだろう?」

そんな悩みは、退職代行診断チャートで1分で診断できます!

 

 

退職代行センターの事務所情報

事務所名 株式会社あさなぎコンサルティング
代表者 認定司法書士 加陽麻里布(かようまりの)
構成員数 記載なし
事務所設立 2018年8月28日
所在地 〒130-0022 東京都墨田区江東橋二丁目16番3号
電話 03-6559-2341
URL 退職代行サイト https://asanagi.co.jp/lp
公式サイト https://asanagi.co.jp/
事業内容 経営・労務等の各種コンサルティング業務、起業支援、講演執筆出版
営業時間 可能な限り24時間365日
連絡手段 LINE、メール
相談料 無料
料金 30,000円
オプション なし
割引 なし
クレジット 不可
LINE
返信速度
実験なし
月曜朝一実行 要相談

退職代行サービスについては、2018年の秋頃からスタートなので、現時点では日が浅い業者さんになりますね。

しかし、法律のプロである司法書士が退職代行をしてくれるのは安心感があります。

加陽麻里布(かようまりの)司法書士

  • 司法書士 / 宅地建物取引士 / 行政書士試験合格
  • 平成26年1月 株式会社木下不動産 入社
    投資用不動産の販売業務。資産形成・資産運用の提案、電話営業、飛び込み営業等による新規開拓営業職に従事
  • 平成29年8月 株式会社東京リーガルマインド(LEC) 入社
    大手資格予備校にて、制作スタッフとして従事
  • 平成30年1月 東京都中央区の司法書士事務所 入所
    不動産登記、商業登記、信託業務等の実務経験
    設立をはじめ、増資、M&A、信託等の専門性の高い実務を数多く経験
  • 平成30年8月 株式会社あさなぎコンサルティング 設立
  • 平成30年9月 あさなぎ司法書士事務所 開設

退職代行センターの加陽麻里布司法書士は、美しい外見と20代の若さでありながら、司法書士事務所と株式会社を設立された凄腕の先生です。

さらに、Youtubeでも司法書士のことや退職代行の情報などを毎日発信しており、身近な存在として感じることができます。

退職代行センターでの退職代行の流れ

退職代行センターの流れは、大きくわけて4ステップです。

  1. LINE等で連絡
  2. 相談
  3. 申し込み・入金
  4. 退職代行実行

1.LINE等で連絡

まず、退職代行センター公式サイトにアクセスします。

LINE、メールで連絡をとります。

素早く対応してもらえるのはLINEですので、急ぎの方はLINEの方がオススメです。

そして、以下を入力して返信します。

  • フルネーム
  • 年齢
  • 電話番号
  • 会社名
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 退職理由
  • 退職希望日
  • 退職代行実施希望日
  • 会社の始業時間
  • 会社の電話番号
  • 人事責任者もしくは上司の名前
  • 当社を知ったきっかけ

 

2.相談

気になったこと、依頼内容の詳細を打ち合わせします。

納得してから申し込みましょう。

また、相談はいつでも何度でも無料です。

3.申し込み・入金

お願いすることが決まれば、指定の口座に入金します。

なお、銀行振込一括のみ対応です。

4.退職代行実施

退職代行センターの司法書士が、1件、1件、勤め先に連絡します。

退職日がくれば、離職票などの書類を受け取って退職完了です。

お願いしてからは、一切、上司や会社の人と会う必要がありません。

退職代行センターのメリット・デメリット

退職代行退職代行センターのメリットを見ていきましょう。

メリットは権威性

業界最安値クラスの3万円でありながら、司法書士という国家資格の方が退職代行をしてくれるというところ。

国家資格の方の権威性はすごいので、連絡を受けた勤め先の方も、冷静に話を聞いてくれてスムーズに退職がすすみます。

また、LINEの返信もそこそこ速いです。(さすがに一般業者の最速クラスのSARABA、辞めるんです、コンシェルジュと比較すると遅いですが)

普通の士業の方は忙しいのか、翌日まで返信がこないこともありますが、退職代行センターでは、だいたいその日のうちに返信を返してくれます。

デメリットは実績が少ない

これといったデメリットはないですが、あえて言うなら、まだ日が浅いため実績が少ないところですね。

実績で言うならニコイチという業者は、退職代行が世の中に広まる前からスタートしており、4000人以上の退職代行を実施しています。

関連退職代行ニコイチの口コミや評判。LINEして分かった事実

退職代行センター利用者の評判・口コミ

退職代行センターの評判や口コミをツイッター等で調べましたが、まだ投稿はありませんでした。

今のところ、100%退職代行継続中とのことなので、問題なく辞められているものと思います。

次に、退職代行センター公式サイトから引用した事例です。

製薬会社 勤続年数 3年5ヵ月 28歳

人間関係に疲れ、辞めたいと考えてから5ヶ月が過ぎ意を決して退職願を提出したが、受け取ってもらえず精神的な限界に達したためご依頼いただきました。

とにかく1日でも早く辞めたいと強くご本人様が希望をしていた為その旨を会社に伝えたところ、即日の退職を承諾して頂きました。会社側も退職願が出されていたことを認識していたため、第三者が間に入ることによりスムーズに話が進み、無事円満に退職が決定しました。

https://asanagi.co.jp/lp/

金融機関 勤続年数 6ヵ月 23歳

公務員への転職を考えていて、とても言い出せる状況ではなかったためご依頼いただきました。

人事担当者へ連絡をとったところすぐに退職を承認して頂きました。
依頼者様が社宅に住んでいたため、社宅の退去日などの確認を中心に連絡の中継を行いました。ご本人の希望通り、本人と勤務先が郵送にて退職手続きを進めることができ無事円満に退職が決定しました。

https://asanagi.co.jp/lp/

金融機関 勤続年数 6ヵ月 23歳

公務員への転職を考えていて、とても言い出せる状況ではなかったためご依頼いただきました。

人事担当者へ連絡をとったところすぐに退職を承認して頂きました。
依頼者様が社宅に住んでいたため、社宅の退去日などの確認を中心に連絡の中継を行いました。ご本人の希望通り、本人と勤務先が郵送にて退職手続きを進めることができ無事円満に退職が決定しました。

https://asanagi.co.jp/lp/

運送 勤続年数 8カ月 正社員

パワハラとサービス残業が毎日のように続く典型的なブラック企業で命の危険を感じたためご依頼いただきました。

職業柄、深夜出社になるため深夜2時に対応させて頂きました。上司は大変驚いておりましたが退職自体は、あっさりと認めて頂き、無事円満に退職が決定いたしました。

スポンサーリンク
https://asanagi.co.jp/lp/

IT業界 勤続年数 8年1ヵ月 35歳

うつ病となり続けるのが難しい状況となり退職を申出るも、引留めにあい休職という形になりましたが、新たな一歩を踏み出したいと考えこの度正式に退職の手続をしたい。現在社交不安障害をかかえているということからご依頼いただきました。

社長に直接連絡をしたところすぐに承諾いただきました。手続きにも非常に強力的でスムーズに終わりました。

https://asanagi.co.jp/lp/

退職代行センターにLINEしてみた

私が実際に退職代行センターにLINEしてみた体験談です。

まず、LINEで友達追加すると、自動返信がきて、相談内容を記載するように求められます。

記入項目が送られて来るのですが、とりあえず、質問だけしてもいいですかと尋ねると、快くOKをいただきました。

なので、まだ迷っているという方は、詳しい理由等は省略して、疑問に思った点を質問したら良いと思います。

退職代行退職代行センターへの質問コーナー

退職代行を使うときは不安だし、気になることがいっぱい出てきますよね。

退職代行センターさんのQ&Aを見てみましょう。

smis
本当に退職できますか
退職代行センター
民法627条1項で退職の権利は誰にでも認められています。 安心してご依頼ください。
smis
会社から訴えられませんか
退職代行センター
裁判コストを考えると会社側は割に合わないため、あまり考えられませんが、100%とはいえません。
smis
懲戒解雇になりませんか
退職代行センター
当社は円満退職を前提としております。退職の意思を伝えたことによって「解雇にする」と脅してくる会社もありますが、解雇するには相当の理由が必要です。

逆に、労働者に対し、解雇をチラつかせ安易に脅す行為は、会社側の不法行為を構成します。安心して相談ください。

smis
会社から本人や親に連絡きたりしませんか
退職代行センター
ご本人や親には連絡しないよう伝えることにより、ほとんどの会社様に対応して頂けますが、強制力がないため、連絡がこないというお約束はできません
smis
離職票などの書類はもらえますか
退職代行センター
退職時に必要な書類については、会社からご本人宛に郵送頂けるようお伝えいたします。

そもそも会社は退職者の請求に応じて離職票を送付する義務がありますので、仮に嫌がらせ等の理由で、離職票を送ってこないような会社でも法律の規定に従って送付請求を行うことが可能です。

smis
会社から借りているものはどうしたらいいですか
退職代行センター
返却物や保険証については、可能であれば最終出社日と決めた日に会社にすべておいてきてください。

難しい場合は、郵送で返却できますので、いつでも郵送できるようにまとめておいてください。

smis
社員寮に住んでいる場合も退職できますか
退職代行センター
可能です。退去日について当社が確認してご連絡いたします。
smis
転職に影響はありませんか
退職代行センター
むしろ無駄な労力を割かずに済むので転職活動に専念できます。
smis
スムーズに退職できますか
退職代行センター
最近はテレビで取り上げられたこともあり、会社も認知してきています。

そのため、かなりスムーズに話が進むことが多いです

smis
土日や早朝も相談可能ですか

退職代行センター
可能な限り対応します。

最近では元旦に退職代行を実行しました

 

一般業者と行政書士と弁護士との比較

司法書士、行政書士、弁護士、一般業者の中で私のオススメの業者で比較しています。

分類 司法書士 弁護士 一般
業者 退職代行
センター
川越みずほ
SARABA
正社員料金
(万円)
3 5.4 3
LINEレス
速度(分)

翌日あり

70

5
親身さ
有給交渉
追加料金
×
早朝相談
深夜相談
転職支援 × ×

CP:キャンペーン価格

正直、司法書士、一般業者は、法律上、同様の依頼しかできないため、資格有無は関係ないかなと思います。ただ、権威性はあるので、相手が話を聞いてくれるメリットはあります。

一方、弁護士は弁護士にしかできない交渉等ができますが、料金はちょっと高い。

 

個別にみていくと、まず、司法書士の退職代行センターは、弁護士の川越みずほ法律会計と比べると、料金は安いです。しかし、LINEの返信速度などの総合力を見ると、値段以外は勝てないと判断しています。

 

次に、一般業者のSARABAと比べると、SARABAは海外スタッフも入れて24時間対応しているところ、LINEの返信が最速クラスで優れていますので、それと比べると勝てないと判断します。

なので、もし、料金をなるべく安くしつつ、最速で対応してほしいならSARABAがオススメです。

当サイトでも一番選ばれている退職代行です。

 

 

終わりに

司法書士の退職代行センターについて、評価・口コミを調べましたが、現時点では見つかりませんでした。

しかし、司法書士という国家資格の方が退職代行をしてくれるし、料金が最安値クラスです。

権威性&最安値なら、司法書士の退職代行センターに相談してみてはいかがでしょうか。

 




他の退職代行も気になる方は、20社以上の相談経験をもとに作成した、おすすめの退職代行ランキングをご覧ください。

実際LINE相談した体験をもとに、業者の態度や対応速度など、細かい調査結果をまとめています。


自分に合う退職代行がわからない・・・という方は、おすすめ退職代行診断チャートをご利用ください。

5〜7つの質問に答えるだけのわずか1分で、あなたにぴったりの退職代行サービスがわかります。

おすすめ退職代行診断チャート

WHO当サイトの管理人

7年務めた職場から異動→消耗して6ヶ月で退職→退職にめっちゃ苦労→退職代行の存在を広めたい→退職代行業者に1つ1つ取材して徹底比較したことをブログにまとめてます。