退職代行「辞めるんです」で契約社員を辞めた方にインタビュー

本記事は、退職代行を実際に使用した方のリアルな体験談です。プライバシー保護の観点より、氏名および顔写真は架空のものを利用しています。

当方が実際に募集し、掲載していますので、無断転載・引用は禁止させて頂きます。引用されたい場合は、お問い合わせフォームよりご連絡の上、ご相談ください。

 

smis
管理人smisです。

退職代行辞めるんですを使って会社を辞めた、赤田さん(仮名)に、実際にインタビューさせて頂きました。

「辞めるんです」が気になる方に、少しでも参考になればと思います。

赤田さん
よろしくお願いします。

 

人気No.1退職代行はSARABA【2019.2.5更新】
  • どんな方も29,800円で退職できる!
  • 海外スタッフ在中で完全24時間対応!
  • LINEレスは平均5分以内で不安がすぐ解消!
  • 法律に詳しい行政書士が実行!


退職代行辞めるんですを使った体験談

smis
早速ですが、自己紹介をお願いします。
赤田さん
40代男性です。倉庫業軽作業を契約社員でやってました。1年6ヶ月勤務しました。

smis
退職代行利用前は、どんな仕事をしていましたか?
赤田さん
通販会社の倉庫で荷物の搬入後の整理と、顧客の注文に合わせた商品のピッキング、それから梱包して配送トラックに搬出するという全ての流れをその日の人員に合わせて行っていました。

通販を利用する人の激増で、朝は午前7時前には勤務が始まり、常に終電ギリギリかそのまま泊まり込んで行うということが一週間に一度か二度程度あり、休憩時間は昼食の10分程度だけで、後はずっと動きっぱなしでした。

smis
仕事を辞めたいと考えた理由は何ですか?
赤田さん
軽作業ばかりなので部分的に肉体に負担がかかるということはなかったのですが、とにかく休みなしに近い状態で一日に15時間以上働かされ、それでいて残業は表向きには上限が設定されていてそれを超えると注意を受けるため、仕方なくタイムカードを押してから作業するのが恒常化されている部署でした。

 

勤務シフトが3日出て1日休みというものだったので、何とか体調を戻すことができましたが、繁忙期である夏場や年末・年始はその休みにも出勤を求められ、基本的には断ることもできましたが、人がいないと泣きつかれて結局はほとんどの人が出勤するという状態です。

 

有給はあっても上司の了承が取れずに使うことができず、病気で休む時も病院の領収書を提示しなければ無断欠勤になるなど、あまりに従業員の意思を無視したようなやり方に我慢ができなくなりました。

smis
利用した退職代行サービスを教えてください。
赤田さん
退職代行辞めるんですを利用しました。
smis
なぜ退職代行サービスを利用したのですか?
赤田さん
退職願いは三回ほど提出しました。

しかし人員が確保できないので代わりの人を用意するか、新しい人が定着したら考えるという中途半端な言い分を言われ、そのような状況にはならないために、なし崩しに退職は撤回という形式を取らされていました。

 

法的手段を取りたいと言うと、退職後の会社が行なう手続きは一切行わないと言われ、年齢的に失業保険の適用を受けなければ次の仕事がいつ決まるのかわからないので、適正に処置してもらうためには第三者に仲介してもらうのが最適だと判断して退職代行サービスを利用しました。

 

通販会社の配送部門で社会的に体裁を保つ必要があるため、外部の人が入れば話を聞いて貰えるだろうという確信もありました。

smis
退職代行の利用前、利用中に不安だったことを教えてください
赤田さん
ある程度は退職代行の人にきちんと接してくれるだろうという予測はしていました。

しかし、会社側には残業時間については名目上は適正な範囲内で行っているという証拠があり、どこまで一人の従業員の言い分を受け入れてくれるのかわかりません。

 

また退職させてくれても、退職後の手続きを行ってくれるのか全くわからないため、その部分がとても不安でした。

 

退職代行サービスの人も、出来る限りこちらの意向に沿った結果を求めて行くが、確約はできないと言われていたので、退職できてもその後の部分についてきちんと手続きをしてくれるのかが心配でした。

smis
確約ができないというのは、不安ですね。

ただ、退職した後の離職票等の発行は、雇用保険法第7条で定められた義務なので、会社は行う義務があるのですが、脅して来るとどう対応すべきか迷いますよね

smis
退職代行「辞めるんです」を利用した結果どうでしたか?トラブルなどありましたか?
赤田さん
特に問題なく退職は成功しました。

 

会社というのは本来は、法律に則って従業員の意思を最大限尊重するものですが、やはり人員不足が顕著な仕事場では、従業員の言い分を全て受け入れていては業務がうまくできないという本音を持っています。

 

退職というのは個人的な意思なので、第三者を間に入れるべきではないと今でも思っていますが、仕事を順調に継続させるというのが会社の上層部の理念であるのは間違いなく、複数回に渡って退職を願い出ても受け入れてもらえないのであれば、退職代行サービスを使うのも仕方ないでしょう。

 

仕事は大切ですがあくまでも人生の一部分に過ぎないので、後悔しないためにもやるべきことはやってみるべきです。

smis
ありがとうございました。

仕事はあくまで人生の一部分ということに非常に共感します。

仕事が全てだと、前しか見えなくなる方もいますからね。それで体を壊さなければいいですが・・・。

 

話の中で出てきた、退職後の書類の発行などは、本来は会社の義務です。

しかし、拒否されると一般の業者では、交渉ができないので、不安がある方は弁護士に頼んだ方が良いと思います。

 

弁護士の退職代行では汐留パートナーズが圧倒的におすすめです。

料金も54,000円とリーズナブルで、相談は何度でも無料です。LINEの返信もかなり速いです。

また、退職金、残業代の請求の着手金も無料です。

弁護士業界でここまで優良なサービスはあまり多くありません。

 

 

 

関連退職代行業者の体験談は嘘?ガチで退職代行を使ってみた体験談



P.S.

退職代行を検討している方の状況は、人それぞれ違いますよね。

なるべく費用をかけたくない、弁護士にお願いしたい、すぐに返事をくれるところがいい、転職支援もしてほしいなど。

以下の記事では、実際に各業者とLINEのやり取りを行い、利用者の立場から最適な退職代行をまとめています。


関連20社とLINEのやりとりして分かったオススメの退職代行


管理人厳選の退職代行サービス3選【2019年版】

SARABA
オススメポイント
  • 料金は29,800円で最安値クラス
  • 24時間365日営業でLINEレス5分以内なので不安がすぐ解消
  • 有給消化率98%
  • 行政書士が実行で安心
 
smis
29,800円の最安値クラスの料金であり、 それでいて、365日24時間対応や、素早いLINEレス速度などを加味すると総合力トップの退職代行です。
行政書士も在籍し、有給消化率も開示しているので安心感のあるサービスです。
どこがオススメと聞かれたら1番に出てくる退職代行です。
   
EXIT
 
オススメポイント
  • 退職代行の生みの親
  • テレビ取材多数で有名度No.1の安心感
  • 提携会社からの転職成功で退職代行費用実質0円
  • リピーター割引1万円
 
smis
退職代行市場を生み出したのパイオニアがEXITです。テレビ出演多数のため、安心感が段違いです。
さらに、転職に強いサービスでして、提携の転職エージェントから転職成功すると、なんと退職代行費用が0円になります。
迷ったらLINE友達追加すべきサービスですね。
   
汐留パートナーズ
 
オススメポイント
  • 弁護士が退職代行
  • LINEレスが平均12分と高速
  • 超巨大法律グループの安心感
  • 退職金・残業代請求の着手金無料
 
smis
営業時間は21時までですが、その時間のLINE返信速度は12分であり、速度ランクもNo.3です。ここまで速い弁護士は他にはありません。
また、残業代や退職金請求の着手金無料は破格対応です。
弁護士にお願いしたいなら、まずは汐留パートナーズをオススメします。
なお、LINEで友達追加したら、一度自分でコメントを送信する必要がありますので注意です。(おそらくシステム都合だと)
   

ABOUTこのブログをかいてる人

7年務めた職場から異動→消耗して6ヶ月で退職→退職にめっちゃ苦労→退職代行の存在を広めたい→退職代行業者に1つ1つ取材して徹底比較したことをブログにまとめてます。