退職代行110の運営会社の評判は?転職支援も受けられる?

退職代行110って最近目にするけど、評判はどうなんだろう。どんなサービスが知りたい」

 

退職代行110はベースメントアップス株式会社が運営しており、退職代行から転職サービスの流れが受けられます。

 

本記事では、退職代行110について、調査してお伝えします。

 

本記事でわかること
  • 退職代行110の会社情報

それでは参りましょう。

 

人気No.1退職代行はSARABA【2019.2.5更新】
  • どんな方も29,800円で退職できる!
  • 海外スタッフ在中で完全24時間対応!
  • LINEレスは平均5分以内で不安がすぐ解消!
  • 法律に詳しい行政書士が実行!


退職代行110の会社情報

会社名 ベースメントアップス株式会社
設立 2014年11月頃
代表者 中林 義太郎
資本金 9,900,000円
従業員数 30名
所在地 〒150-0002
東京都渋谷区渋谷一丁目8番8号 新栄宮益ビル4階
会社ホームページ http://basementapps.tokyo/
退職代行サイト https://taisyokuagent.com/
連絡手段 LINE、メール、電話
電話番号 記載なし
営業時間 平日10〜19時
基本料金 一律50,000円
cp中29,800円
オプション なし
割引 なし
クレジット
カード
不可
顧問弁護士 記載なし
LINE
返信速度
実験なし

退職代行110の運営元は、ベースメントアップス株式会社です。

スマホアプリの開発や転職支援サイト「行列のできる転職相談所」を運営しています。

 

ただし、現在、退職代行110サイトにアクセスしようとすると、全く画面が表示されない状態になっています。

(2019年2月13日現在)

 

したがって、申し訳ありませんが検証はできないと判断します。

今後、退職代行サイトが復活したときに検証します。

 

ただ、退職から転職サポートで選ぶなら退職代行EXITの方が今の所優れています。

EXITで退職代行し、提携している「ワークポート」という転職エージェントで転職が決まれば、退職代行費用全額キャッシュバックという、これ以上ないメリットが得られます。

 

退職代行使っても転職がうまくいくか心配ですが、転職エージェントなら履歴書や面接対策もしてくれます。

転職まで支援してほしいなら、EXITに相談してみることをオススメします。

 

 



P.S.

退職代行を検討している方の状況は、人それぞれ違いますよね。

なるべく費用をかけたくない、弁護士にお願いしたい、すぐに返事をくれるところがいい、転職支援もしてほしいなど。

以下の記事では、実際に各業者とLINEのやり取りを行い、利用者の立場から最適な退職代行をまとめています。


関連20社とLINEのやりとりして分かったオススメの退職代行


管理人厳選の退職代行サービス3選【2019年版】

SARABA
オススメポイント
  • 料金は29,800円で最安値クラス
  • 24時間365日営業でLINEレス5分以内なので不安がすぐ解消
  • 有給消化率98%
  • 行政書士が実行で安心
 
smis
29,800円の最安値クラスの料金であり、 それでいて、365日24時間対応や、素早いLINEレス速度などを加味すると総合力トップの退職代行です。
行政書士も在籍し、有給消化率も開示しているので安心感のあるサービスです。
どこがオススメと聞かれたら1番に出てくる退職代行です。
   
EXIT
 
オススメポイント
  • 退職代行の生みの親
  • テレビ取材多数で有名度No.1の安心感
  • 提携会社からの転職成功で退職代行費用実質0円
  • リピーター割引1万円
 
smis
退職代行市場を生み出したのパイオニアがEXITです。テレビ出演多数のため、安心感が段違いです。
さらに、転職に強いサービスでして、提携の転職エージェントから転職成功すると、なんと退職代行費用が0円になります。
迷ったらLINE友達追加すべきサービスですね。
   
汐留パートナーズ
 
オススメポイント
  • 弁護士が退職代行
  • LINEレスが平均12分と高速
  • 超巨大法律グループの安心感
  • 退職金・残業代請求の着手金無料
 
smis
営業時間は21時までですが、その時間のLINE返信速度は12分であり、速度ランクもNo.3です。ここまで速い弁護士は他にはありません。
また、残業代や退職金請求の着手金無料は破格対応です。
弁護士にお願いしたいなら、まずは汐留パートナーズをオススメします。
なお、LINEで友達追加したら、一度自分でコメントを送信する必要がありますので注意です。(おそらくシステム都合だと)
   

ABOUTこのブログをかいてる人

7年務めた職場から異動→消耗して6ヶ月で退職→退職にめっちゃ苦労→退職代行の存在を広めたい→退職代行業者に1つ1つ取材して徹底比較したことをブログにまとめてます。