アルバイトを辞めるときラインはNG?【非常識と思われないコツ】

アルバイト辞めたいをラインで伝えるのは非常識?
NEWS
退職代行SARABAが、労働組合「さらばユニオン」を設立しました。

そのため、一般業者では不可能だった退職代行時の「交渉」が可能になりました。

迷われている方は、実績6000人以上で、対応が速く、リーズナブル、かつ、交渉が可能な退職代行SARABAユニオンがおすすめです。

\交渉が可能で安心/

「バイトが辛い。合わないから辞めたい。でも店長には直接言いたくない。

電話もしたくないしLINEで伝えてもいいのかな?正直、辞めれるなら給料もいらない・・・」

 

アルバイトを辞めたいと切り出すのは、想像以上にエネルギーがいりますよね。

 

なので、LINEで伝えたいという気持ちは非常に共感できます。

 

smis
私も学生時代は、塾講師、コンビニ、接客、調理を経験し、毎回辞めるを切り出すのが苦痛でした。

 

本記事では、バイトをLINEで辞めるのって非常識なのか?

 

というテーマで世間の声を調査しつつ、LINEでバイトを辞める時のポイント、例文、非常識と思われないコツを紹介します。



 

\退職代行選びで損してませんか?/


あなたの状況にベストな退職代行が30秒で無料診断できます!

 

バイト辞めるをラインで伝えるのは非常識?

スマホをさわる女性

ラインで辞めるを伝えることは非常識なのか、ツイッターにて世間の声を調査しました。

 

世間の声は非常識というのが多数

世間の声を調査すると、ラインでバイト辞めると伝えるのは非常識という意見が大半でした。

 

転職サイトでもマナー違反だからNGなんて書いてあります。

 

やはり直接、面と向かって伝えないとダメ!ということが刷り込まれている感じです。

 

しかし非常識は常識に変わる

人は、これまでになかった珍しいことを目の当たりにしたときに、非常識と思うのです。

 

私の意見としては、LINEで退職を伝えることは、これから常識に変わっていくと考えています。

 

これまではラインという手軽に連絡できるツールがなかったから、直接店長に辞めることを伝えることしかできなかったんですよね。

 

しかし、コミュニケーションツールの1つとして確立されたラインは、今や、おじいちゃんもおばあちゃんも使えます。

 

このように当たり前になっていくと、非常識は常識に変わり、ラインでアルバイトを辞めるのも当たり前になってくのではと思います。

 

法律上、辞めたいと伝えてから2週間あければ問題ありません。

もちろん、店長の了承があれば、2週間も待たずして即日辞めれます。

 

ラインでバイトを辞めるときに悩むのが、文章をどう書くか、辞める理由をどうするか?ではないでしょうか。

 

バイトをLINEで辞めるを伝えるときのポイントと理由

ラインの会話モザイクあり

なるべく波風立てないように、バイトを辞める時のポイント、理由例、例文を紹介します。

 

ラインで辞めるときのポイント

LINEで辞めるを伝える時のポイントは以下。

  1. 理由を伝える
  2. 退職をはっきり伝える
  3. 退職日を伝える
  4. 最後に謝罪する

 

理由は、法律上も伝える義務はないですが、理由があったほうがスムーズな文章が書けます。

(例は、後ほど紹介します)

 

そして、一番重要なことは、退職をはっきり伝えること。

 

「退職を考えている」という言い方は、説得の余地ありと思われるのでNG。

 

しっかり「辞めます」と言い切りましょう。

 

そして、退職日を伝えましょう。

 

即日退職が難しければ、日程調整が必要になります。

 

最後に謝罪します。

 

円満に辞める理由例

ラインでバイトを辞める時に、一番困る理由。

 

生半可な理由だと、引き止められます。

 

ここでは、変にツッコミを入れられず、円満に辞めるためのオススメの理由を紹介します。

 

学業・就職関係の理由

  • 進学のため学業に専念したい
  • 部活で部長を任せられたため専念したい
  • 大学4年になったので卒論に力を入れたい
  • 大学3年になったので就活に力を入れたい
  • 高校2年なので受験勉強に力を入れたい

 

家族・体調関係の理由

  • 最近、体調が優れないため
  • 家の仕事を手伝うことになったため
  • 母親の体調が優れず、家事を手伝うことになったため

 

もし、これらの理由にあてはまらない場合でも、プライベートな事情・家庭の事情と言えば、そこまで突っ込んで聞いてくる人はいません。

 

バイトをLINEで辞めるときの例文2パターン

では、これらを踏まえて、ライン例文を2つ紹介します。

 

パターンとしては、以下。

  • 退職日を数日後に指定する場合
  • 即日辞める場合

 

退職日を指定する場合

退職日を指定する場合、先ほどのポイントを守りましょう。

  1. 理由を伝える
  2. 退職をはっきり伝える
  3. 退職日を伝える
  4. 最後に謝罪する

 

以下、例文です。

退職日指定の場合

店長、お疲れ様です。●●(名前)です。

突然の連絡で申し訳ないのですが、実は〇〇のため、退職させていただきたく思います。

退職日は、こちらの都合で申し訳ありませんが、△△月△△日にさせていただきたいです。

急な連絡で申し訳ありませんが、最後まで精一杯頑張りますので、ご了承のほど、よろしくお願いします。

 

即日辞める場合

もう二度とバイトに顔を出したくない即日退職の場合、少しコツがいります。

  • 理由を体調不良にする
  • ライン連絡は2段階に分ける
  • ライン連絡1回目は前日の夜にする

 

1回目は体調不良で休む、2回目は体調不良で退職という流れにします。

 

1通目は、バイト直前の夜にしましょう。

 

理由は体調不良にすることで、直前の連絡でも変な感じがしません。

 

即日退職の場合の1通目

店長、お疲れ様です。●●(名前)です。

突然の連絡で申し訳ないのですが、実は体調が優れず、明日の仕事をお休みしたく思います。

急な連絡でシフトに穴を開けてしまい、申し訳ありません。

ご了承のほど、よろしくお願いします。

 

2通目は、次のシフトの数日前に送りましょう。

即日退職の場合の2通目

店長、お疲れ様です。●●(名前)です。

以前も急なお休みの連絡をしたのですが、最近体調が優れず、体が思うように動きません。

このままだと、急な連絡で迷惑をかけることになるため、退職をさせていただきたく思います。

申し訳ありませんが、次回のシフトから欠勤でお願いします。

制服などは、洗濯して店に郵送させてもらいます。

急な連絡で申し訳ないのですが、ご了承のほど、よろしくお願いします。

 

この方法によって、二度とバイト先に行かずに辞めることが可能になります。

 

しかし、真面目なあなたは、ラインで退職を伝えるのはちょっと・・・と思うかもしれません。

 

そんなときに、ラインでバイト辞めるを伝えても非常識と思われないコツを1つ紹介します。

 

バイトを辞めることをラインで伝えても非常識と思われないコツ

何が一番気まずいかっていうと、

 

「辞めたいのですが・・・」

 

と、店長に切り出す瞬間です。

 

私も4つのバイトを辞めてきましたが、切り出す瞬間が一番エネルギーいりますよね。

 

なるべく非常識と思われないための方法は、「バイトを辞めたいのですが」という切り出しだけをLINEですることです。

 

そして、その後は、話し合ってシフトを調整する。

 

通常のアルバイト先ならば、これが一番ベストだと思います。

 

でも、ブラックバイトという言葉があるように、勤務先の店長が異常で、話し合いにもならない場合もありますよね。

 

そんな場合は、最終手段として、自分で連絡をとらずに辞める方法がを使うのもアリです。

 

連絡を一切取らずにバイトを辞める方法

その方法は、第3者にバイトを辞めたいと伝えてもらう方法です。

 

それが、2018年の夏から、テレビや新聞に多数取り上げられて人気が爆発している退職代行サービスです。

 

第3者が伝えてくれるので、バイト先とは一切連絡を取らずに、すんなりと退職できます。

 

正社員の方がよく利用していますが、バイトの方もかなりの依頼人数があるようです。

 

比較的新しいサービスなので、世間の常識にはなってませんが、とある退職代行業者への依頼件数は月に300人以上だそう。

 

アルバイトの方が退職代行サービスを使う場合には、注意点等もありますので、以下記事をご覧ください。

退職代行はアルバイトやパートでも使える?費用や流れを徹底解説!

2019.03.02

 

まとめ

空にたくさんの気球が飛んでいる様子
  • LINEで辞めるのは、現在では非常識と思われる可能性が高い
  • 非常識と思われないためには、辞める切り出しだけLINEにする
  • 話し合いが無理なブラックバイトなら退職代行もあり

 

バイトをやめるときは非常にエネルギーが入ります。

 

けど、辞めたいのに辞めれないと迷っている時間は、あなたにとって無駄な時間にしかなりません。

 

みなさんの「辞める決断」が、明るい未来につながることを願っています。

2 件のコメント

  • ブラックバイトで働いています。
    時給は最低賃金より大幅に少なく休憩も15分行ったら聞こえるように嫌味を言われるバイト先です。土日はほぼ全部入らように言われてて入ってますが、全然稼げなくて学校帰り違うバイトしたりで休みがなくよく体調を崩すようになりました。やりたい仕事だったので頑張ってましたが体を崩してばかりでもう体力的、精神的に疲れました。
    会って直接辞めたいと伝えるのが筋なのはわかってますが、結構きつい店長で今人手も足りてないようなので直接会って伝えるのがどうしても怖くてできません。前働いてた人も相当嫌味言われながら引き止められてたようです。文章を考えたのでご意見いただけたら幸いです。

    • はじめまして、大変お疲れ様です。ブラックバイト、さぞお辛いと思います。でも楽しいこともあり、なかなか退職を言えないという気持ちよくわかります。
      LINEでもなんでも、バックレるより伝えるという判断は、非常に勇気のある行動をしていると思います。

      また、お送りいただいた文章を拝見しました。
      退職を伝える際は引き止められないようにするのが良いです。
      つっこまれそうなところも削除した方が良いと思います。

      ・体力があまりないみたい→体調が悪いという表現にする
      ・帰りにも違うバイト→そっちのバイトは続けるの?と思われるので削除
      ・○月○日で退職しますと入れる。原則は、申し入れから2週間後の日付です。

      また、アルバイトでも半年以上働いていれば、有給休暇も得られますので、それももらうように伝えてもいいと思います。

  • コメントを残す