退職代行は派遣/契約社員の契約期間内でも可能?【業者に聞いた】

「契約社員や派遣社員でも退職代行は利用できるのかな?有期雇用契約しているけど、契約期間中に辞めて大丈夫?」

 

結論から言えば、契約期間内でも利用可能な場合が多いです。

 

今回は、退職代行業者に、派遣社員や契約社員の退職代行について取材しつつ、まとめました。

契約期間内の場合は、多少注意すべきですね。

 

そもそも契約社員や派遣社員は退職代行可能?

そもそも契約・派遣社員で退職代行可能?ということですが、契約社員や派遣社員でも、退職代行が使えます。

 

正社員より利用者数は少ないものの、人気の退職代行のSARABAに話を聞くと、正社員の次に多いのが契約社員だそうです。

 

なお、派遣社員の場合、退職代行サービスは、派遣会社に連絡しますが、実際に働いている派遣先の企業に連絡することはありません。

 

契約・派遣社員は契約期間中の退職代行に注意

注意点があります。退職代行を使う使わないに関わらず、契約社員や派遣社員は、原則、契約期間中の退職はできません。

 

しかし、原則という言葉があるように、例外が3つあり、以下の場合は退職代行を使って辞められます。

  • 勤め先が合意する場合
  • 止むを得ない事由がある場合
  • 1年以上勤務している場合

 

勤め先が合意する場合

雇用主が辞めていいよと認めてくれたら、契約期間中であっても辞めることができます。

 

辞める時の理由は様々ですが、

  • 体調が長く悪い
  • 仕事が思っていたものと違った
  • 薬品が肌に合わなかった

 

など、勤め先が納得する理由を伝えます。

 

退職代行業者がこの理由までは考えてくれませんので、あなたが考える必要があります。

 

すみす
私の会社員時代の話ですが、が一緒に仕事していた契約社員や派遣社員は、通勤が辛いからとか、結婚することになりという理由で辞められました。

 

止むを得ない事由がある場合

止むを得ない事由による契約解除は、止むを得ない理由がある場合にできる辞め方です。

 

契約期間内であっても、辞めることができます。

 

これは民法第628条に規定されています。

民法
(やむを得ない事由による雇用の解除)
第六百二十八条 当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。

この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

出典:Wikipedia

 

損害賠償請求される可能性もゼロではないですが、契約社員、派遣社員の退職で、損害賠償を請求される事例はほとんどありません。

 

損害賠償請求には時間もお金もかかるし、裁判になっても勤め先が勝てる見込みがほとんどないからです。

 

なお、やむを得ない事由については、法律で規定されているわけではないですが、具体例として、以下のようなことが相当すると考えられています。

  • サービス残業
  • 天変地異によって通勤困難
  • セクハラ・パワハラ
  • 親の介護
  • 自分の病気

 

契約期間内の契約解除について退職代行業者に聞いた

まずは、有名退職代行のSARABAさんに取材しました。

 

すみす
契約社員や派遣社員の場合、契約期間内での退職代行は可能ですか?
SARABAアイコン
SARABA
はい、対応可能です。契約社員の方の9割くらいは、契約途中ですね。
すみす
実績人数などはいかがでしょうか?
SARABAアイコン
SARABA
すでに1000件くらいは退職代行しています。(2020年1月30日時点)
すみす
契約途中では、「やむをえない理由」が必要になると思うのですが、みなさんどんな理由で辞められているのでしょうか
SARABAアイコン
SARABA
心身の不調の方が多いです。

 

つづいて、弁護士法人みやびにお聞きしました。

すみす
契約社員や派遣社員の場合、契約期間内の解除はできるのですか?
退職代行みやび佐藤弁護士
弁護士法人みやび
退職可能です。派遣や契約社員といっても、個別に内容が違いますのdで、弁護士との電話面談にて、実施可能かどうか判断させて頂いております。
すみす
契約途中では、やむを得ない退職理由が必要との認識ですが、それは依頼人が考えるのですか?
退職代行みやび佐藤弁護士
弁護士法人みやび
退職理由を考える必要はありません。
すみす
ありがとうございました。

 

退職代行業者に確認したところ、契約・派遣社員の契約途中の退職代行も可能とのこと。SARABAの場合は退職理由が必要そうです。

 

一方、弁護士の場合は、弁護士が勤め先と話して、合意退職で進めるので退職理由は必要ないということだと思います。

 

契約・派遣社員の退職代行費用はどれくらい?

契約社員や派遣社員の退職代行費用は、記載がない場合が多いので、業者に個別に問い合わせ、表にしました。

退職代行業者契約社員料金(円、税込)派遣社員料金(円、税込)
EXIT50,000不明
SARABA27,00027,000
ニコイチ27,00027,000
辞めるんです30,00030,000
コンシェルジュ33,00033,000

 

このように、ほとんどの業者で、3万円以下で実行してくれます。

 

ただし、退職代行EXITは、契約社員5万円、派遣社員は不明でした。

 

契約社員や派遣社員でも有給消化可能

労働基準法39条により、契約社員や派遣社員でも有給休暇がもらえます。そして、退職代行を使っても有給消化が可能です。

 

ただ、契約社員や派遣社員が有給をもらうには、以下を満たす必要があります。

  • 6ヶ月以上継続して勤務していること
  • 労働日の8割以上を出勤していること

 

そして、6ヶ月以上同じ派遣会社で働いていれば、10日の有給がもらえます。

 

よく、派遣会社が、「先方に迷惑をかけるから有休消化を認めない」と言ってきますが、それは派遣会社の認識が誤っており、法律違反行為になります。

 

反論したいところですが、一般退職代行業者では交渉ができませんので、有給を拒否されるブラックな派遣会社であれば、弁護士または労働組合の退職代行にお願いしましょう。

 

契約社員・派遣社員の退職代行の流れ

退職代行するときの流れは、大きく以下の流れです。

  1. 退職代行業者に連絡
  2. 相談
  3. 入金&申し込み
  4. 退職代行実行
  5. 退職

 

退職代行業者に連絡

退職代行の公式ページに行くと、LINE友達追加ができるので、登録します。

 

メールや電話でもOKですが、LINEの方が業者とのやりとりが素早く行えるので便利です。

 

相談

退職代行を行うに当たって気になることを質問します。

 

最短でいつ実行できるか、有休消化はできるかなどを確認しましょう。

 

入金&申し込み

納得すれば事前に入金し、入金したことを業者に伝えます。

 

現金振り込みなら明細の写真、クレジット支払いなら入金した画面の写真などを添付すればOKです。

 

なお、ほとんどの業者が前払いですが、後払いが可能な業者もありますので、以下記事をご覧ください。

関連記事

「退職代行を今すぐ使いたけど、手持ちのお金が少ない・・・。分割払い、クレジット払い、後払いができるとことはあるのかな?」 本記事では、分割払い、クレジット払い、後払いが可能な退職代行サービスを一覧表にしてまとめまし[…]

 

退職代行実行

指定の日に退職代行業者が退職代行を電話で実行します。

派遣社員の方の場合は派遣会社に、契約社員の場合は勤め先企業に、退職の意思があることを伝えます。

 

その後、あなた自身で退職届を作り送付します。

 

退職届のテンプレートをもらえる業者もありますので、有効活用しましょう。

 

退職届けが面倒なら弁護士の退職代行にお願いすれば、退職届も代理で送付してくれますが、料金が高くなるので、自分で作った方がコスパは良いです。

 

なお、電話したときの反応や進捗などは、その都度LINEで確認しながら進めることができます。

 

退職

晴れて退職が決まりましたら、指定の日付まで有給を消化して退職です。

 

多くの場合は、電話した次の日に即日退職することが多いので、退職届をしっかり準備しておきましょう。

 

制服や荷物などは、後日、郵送で返却します。

 

なお、次の派遣会社を探す場合、派遣会社の選び方などをわかりやすくまとめている良質なサイトがあるので、参考にしてみてください。

派遣タカラ島

 

契約社員や派遣社員にオススメに退職代行は?

先に述べた通り、契約社員や派遣社員は、有期雇用契約なので、労働契約解除の交渉が必要です。

 

交渉が可能なのは、労働組合か弁護士の退職代行の2つだけです。労働組合と弁護士の退職代行のできる内容については、以下の記事に詳しくまとめています。

関連記事

退職代行の労働組合は、依頼者が労働組合員となることで、一般業者の退職代行では不可能な「交渉」が可能になっていることが特徴です。 「交渉」は本来、弁護士しかできなかったのですが、労働組合であれば団体交渉などが法律で認[…]

退職代行と労働組合ユニオン

 

読む時間がない方のために、オススメの退職代行を紹介します。

 

あなたが訴訟リスクなどを恐れ、万全を期したいなら、弁護士法人みやびがおすすめです。最大のメリットは、弁護士が個別に対応するので、退職理由を考える必要もないこと。さらに、有給消化交渉も無料です。

関連記事

退職代行が気になる人弁護士の退職代行で弁護士法人みやびってあるけど、評判や口コミが気になる。他の弁護士の退職代行と比べてどんな特徴があるのだろうか。 弁護士法人みやび(旧・汐留パート[…]

退職代行の弁護士法人みやび

 

一方、料金の安さや実績を重視するなら、人気の退職代行SARABAです。契約社員の退職代行も2020年1月時点で1000件は超えており、そのうち9割は契約期間内での退職が完了しています。

 

\LINEで気軽に無料相談/

SARABAユニオンの詳細を見る

今すぐSARABAユニオンに無料相談する

 

契約社員や派遣社員のバックれはNG

契約社員や派遣社員にこそバックれずに退職代行を使って欲しいと思います。

 

ちょっと話はそれますが、契約社員や派遣社員のバックれは結構あります。それは正社員の比じゃないです。(私の経験談)

 

バックれがあると、仕事のスケジュールに関わるし、連絡がないので事故にあったんじゃないかと大騒ぎになるので大変です。また、裁判沙汰になった事例もあるそうです。

 

また派遣会社としても、退職日とか、離職票の手続きとかの調整に手間取り、結局、自分にもデメリットがふりかかります。

 

ただ、どうしても仕事が合わないなどで、契約期間中に辞めたいことはあると思います。

そんなときには、退職の理由が必要です。

 

「ウソの理由を考えるのが後ろめたいし、営業さんに話すのが気まずい」

 

と思ってしまいますが、そこで使えるのが退職代行です。

 

退職代行にお願いすれば、理由を自分で伝える必要がなくなります。

 

契約社員や派遣社員の方には、最低限のマナーおよび自分のためにも、バックれず、退職代行を使ってでも連絡を入れて退職してほしいです。

 

個人的にオススメなのは、対応が早く、契約社員の実績が多いSARABAです。

LINEで何回でも無料相談ができるので、ひとまず登録だけしておくのも手です。

 

\LINEで気軽に無料相談/

SARABAユニオンの詳細を見る

今すぐSARABAユニオンに無料相談する