退職代行は契約社員・派遣社員でも可能?契約期間内でも問題なし?

悩む女性2
NEWS
退職代行SARABAが、労働組合「さらばユニオン」を設立しました。

そのため、一般業者では不可能だった退職代行時の「交渉」が可能になりました。

迷われている方は、実績6000人以上で、対応が速く、リーズナブル、かつ、交渉が可能な退職代行SARABAユニオンがおすすめです。

\交渉が可能で安心/

「契約社員や派遣社員でも退職代行は利用できるのかな?有期雇用契約しているのに契約期間中に辞めて大丈夫?」

 

退職代行が話題ですが、契約社員や派遣社員でも使えるか、気になりますよね。

 

結論から言えば、問題なく利用可能です。

 

以下では、契約社員や派遣社員の退職代行について、退職代行を利用できるか、有期雇用の契約期間中でも可能か、体験談などを取材してまとめました。

 

最後にオススメの退職代行も紹介しています。

 

\退職代行選びで損してませんか?/


あなたの状況にベストな退職代行が30秒で無料診断できます!

 

契約社員や派遣社員は退職代行が使えるの?

契約社員や派遣社員でも、退職代行が使えます。

 

なお、退職代行業者は、契約社員の場合は勤め先、派遣社員の場合は、派遣元に連絡します。

 

なお、契約社員や派遣社員の退職代行は、正社員より利用者数は少ないものの、多くの方が利用しています。

 

また、管理人がインタビューした契約社員の方は、退職代行辞めるんですを使って辞められました。

退職代行辞めるんですのリアルな評判・口コミ【2人の体験談あり】

2018.12.15

 

退職代行が派遣先の企業にも連絡してくれるの?

派遣社員の場合、退職代行サービスは、派遣会社に連絡しますが、実際に働いている派遣先の企業に連絡することはないです。

 

派遣先の企業と委託契約を結んでいるのは、派遣会社なので、派遣会社が派遣先にあなたの退職について連絡します。

 

契約社員や派遣社員は有期雇用の契約期間中に退職代行できる?

退職代行を使う使わないに関わらず、契約社員や派遣社員は、原則、契約期間中の退職はできません。

 

しかし、原則という言葉があるように、例外が3つあり、以下の場合は退職代行を使って辞められます。

  • 勤め先が合意する場合
  • 止むを得ない事由がある場合
  • 1年以上勤務している場合

 

勤め先が合意する場合

雇用主が辞めていいよと認めてくれたら、契約期間中であっても辞めることができます。

 

辞める時の理由は様々ですが、

  • 体調が長く悪い
  • 仕事が思っていたものと違った
  • 薬品が肌に合わなかった

 

など、勤め先が納得する理由を伝えます。

 

退職代行業者がこの理由までは考えてくれませんので、あなたが考える必要があります。

 

smis
私の会社員時代の話ですが、が一緒に仕事していた契約社員や派遣社員は、通勤が辛いからとか、結婚することになりという理由で辞められました。

 

止むを得ない事由がある場合

止むを得ない事由による契約解除は、止むを得ない理由がある場合にできる辞め方です。

 

契約期間内であっても、辞めることができます。

 

これは民法第628条に規定されています。

民法
(やむを得ない事由による雇用の解除)
第六百二十八条 当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。

この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

出典:Wikipedia

 

損害賠償請求される可能性もゼロではないですが、契約社員、派遣社員の退職で、損害賠償を請求される事例はほとんどありません。

 

損害賠償請求には時間もお金もかかるし、裁判になっても勤め先が勝てる見込みがほとんどないからです。

 

なお、やむを得ない事由については、法律で規定されているわけではないですが、具体例として、以下のようなことが相当すると考えられています。

  • サービス残業
  • 天変地異によって通勤困難
  • セクハラ・パワハラ
  • 親の介護
  • 自分の病気

 

契約社員や派遣社員の退職代行費用はどれくらい?

契約社員や派遣社員の退職代行費用は、記載がない場合が多いので、業者に個別に問い合わせ、表にしました。

業者 契約社員 派遣社員
EXIT 50,000 不明
SARABA 29,800 29,800
ニコイチ 28,000 28,000
辞めるんです 30,000 30,000
コンシェルジュ 30,000 30,000

 

このように、ほとんどの業者で、3万円以下で実行してくれます。

 

ただし、退職代行EXITは、契約社員5万円、派遣社員は不明でした。

 

契約社員や派遣社員でも有給消化可能

労働基準法39条により、契約社員や派遣社員でも有給休暇がもらえます。そして、退職代行を使っても有給消化が可能です。

 

ただ、契約社員や派遣社員が有給をもらうには、以下を満たす必要があります。

  • 6ヶ月以上継続して勤務していること
  • 労働日の8割以上を出勤していること

 

そして、6ヶ月以上同じ派遣会社で働いていれば、10日の有給がもらえます。

 

よく、派遣会社が、「先方に迷惑をかけるから有休消化を認めない」と言ってきますが、それは派遣会社の認識が誤っており、法律違反行為になります。

 

反論したいところですが、一般退職代行業者では交渉ができませんので、有給を拒否されるブラックな派遣会社であれば、弁護士または労働組合の退職代行にお願いしましょう。

 

対応が速く、有休消化交渉を無料で行ってくれるオススメ弁護士は汐留パートナーズです。

退職代行汐留パートナーズの評判・口コミを徹底調査【画像あり】

2019.01.11

 

契約社員や派遣社員にこそ退職代行をオススメしたい理由

契約社員や派遣社員にこそ退職代行をオススメしたいです。

 

ちょっと話はそれますが、契約社員や派遣社員のバックれは結構あります。それは正社員の比じゃないです。(私の経験談)

 

バックれがあると、仕事のスケジュールに関わるし、連絡がないので事故にあったんじゃないかと大騒ぎになるので大変です。

 

また派遣会社としても、退職日とか、離職票の手続きとかの調整に手間取り、自分にもデメリットがふりかかります。

 

ただ、どうしても仕事が合わないなどで、契約期間中に辞めたいことはあると思います。

そんなときには、退職の理由が必要です。

 

「ウソの理由を考えるのが後ろめたいし、営業さんに話すのが気まずい」

 

と思ってしまいますが、そこで使えるのが退職代行です。

 

退職代行にお願いすれば、理由を自分で伝える必要がなくなります。

 

契約社員や派遣社員の方には、最低限のマナーおよび自分のためにも、バックれず、退職代行を使ってでも連絡を入れて退職してほしいです。

 

契約社員や派遣社員で退職代行を利用した方の体験談

契約社員や派遣社員で、退職代行を利用した方の体験談をまとめています。

 

40代男性、契約社員、退職代行辞めるんですを利用

退職代行辞めるんですを辞めた契約社員の方にインタビューした話を、以下の記事に掲載しています。

退職代行辞めるんですのリアルな評判・口コミ【2人の体験談あり】

2018.12.15

 

 

20代女性、派遣社員、退職代行EXITを利用

派遣社員を退職代行EXITで辞めた方の体験談です。

外部のブログです。

 

退職代行サービスの体験談。1人の派遣社員が退職するまでの話。

 

契約社員・派遣社員の退職代行の流れ

退職代行するときの流れは、大きく以下の流れです。

  1. 退職代行業者に連絡
  2. 相談
  3. 入金&申し込み
  4. 退職代行実行
  5. 退職

 

退職代行業者に連絡

退職代行の公式ページに行くと、LINE友達追加ができるので、登録します。

 

メールや電話でもOKですが、LINEの方が業者とのやりとりが素早く行えるので便利です。

 

相談

退職代行を行うに当たって気になることを質問します。

 

最短でいつ実行できるか、有休消化はできるかなどを確認しましょう。

 

入金&申し込み

納得すれば事前に入金し、入金したことを業者に伝えます。

 

現金振り込みなら明細の写真、クレジット支払いなら入金した画面の写真などを添付すればOKです。

 

なお、ほとんどの業者が前払いですが、後払いが可能な業者もありますので、以下記事をご覧ください。

退職代行でクレジットカード・分割払い・後払いできるところは?

2019.08.20

 

退職代行実行

指定の日に退職代行業者が退職代行を電話で実行します。

派遣社員の方の場合は派遣会社に、契約社員の場合は勤め先企業に、退職の意思があることを伝えます。

 

その後、あなた自身で退職届を作り送付します。

 

退職届のテンプレートをもらえる業者もありますので、有効活用しましょう。

 

退職届けが面倒なら弁護士の退職代行にお願いすれば、退職届も代理で送付してくれますが、料金が高くなるので、自分で作った方がコスパは良いです。

 

なお、電話したときの反応や進捗などは、その都度LINEで確認しながら進めることができます。

 

退職

晴れて退職が決まりましたら、指定の日付まで有給を消化して退職です。

 

多くの場合は、電話した次の日に即日退職することが多いので、退職届をしっかり準備しておきましょう。

 

制服や荷物などは、後日、郵送で返却します。

 

契約社員や派遣社員が選ぶべき退職代行は?

先に述べた通り、契約社員や派遣社員は、有期雇用契約なので、労働契約解除の交渉が必要です。

 

正社員よりも難易度が高いので、交渉が可能な業者にお願いするのがベスト。

 

交渉が可能なのは、労働組合の退職代行か、弁護士の退職代行の2つだけです。

 

労働組合と弁護士の退職代行については、以下の記事に詳しくまとめています。

労働組合の退職代行とは?一般業者、労働組合、弁護士の違いをまとめた

2019.08.28

 

結論から言えば、契約社員、派遣社員にオススメなのは、対応が速く、交渉が可能な汐留パートナーズです。

弁護士の退職代行として、当サイトでも一番選ばれています。

 


他の退職代行も気になる方は、オススメの退職代行ランキングもご覧ください。

各社に連絡を取り、実績、レスポンスの速さ、対応の丁寧さなどを徹底評価してランクづけしています。



「オススメの退職代行が多すぎ!」

そんなあなたへ。
あなたの状況にベストな退職代行が30秒で無料診断できます。







【2019年版】管理人厳選の退職代行サービス3選

総合力No.1の退職代行「SARABA」
オススメポイント
  • 労働組合なので交渉も可能
  • 退職代行実績6000人越え
  • 24時間365日営業で休日・深夜相談もOK
  • LINEレス5分以内で不安がすぐ解消
  • 有給消化率98%
  • リーズナブルな28,000円

「汐留パートナーズ」圧倒的な対応スピードの弁護士!
オススメポイント
  • 弁護士の退職代行
  • LINEレスが平均12分と弁護士最速
  • 有休消化請求無料
  • 退職金・残業代請求の着手金無料
  • 超巨大法律グループの安心感

※ライン相談の場合は、あなたから「退職代行を検討しています」と送ってください。

「ニコイチ」丁寧な対応と転職キャッシュバック!
退職代行ニコイチ
オススメポイント
  • 有名退職代行で最安値の28,000円がお財布にやさしい
  • 退職代行実績4500人以上で成功率100%
  • 懇切丁寧な対応がうれしい
  • 転職成功で退職代行費用全額キャッシュバックも