退職代行は無断欠勤していても使える?何日休んだら解雇になるの?

「今、無断欠勤しているが、退職代行でそのままやめられるのかな?解雇になったりしないか心配」

 

このように思われる方も多いと思います。

 

本記事では、無断欠勤をし、その後、退職代行で退職をした場合に、解雇になるリスクを調査しました。

結論から言えば、

  • 無断欠勤の理由
  • 無断欠勤の長さ

 

によって、変わってきます。

 

\退職代行選びで損してませんか?/


あなたの状況にベストな退職代行が30秒で無料診断できます!

 

無断欠勤していても退職代行は使えるか?

無断欠勤していても、大抵の場合は退職代行が使えます。

 

しかし、無断欠勤の理由、欠勤日数によっては、退職代行を使ったとしても解雇される恐れがあるので注意が必要です。

 

どんな理由なら無断欠勤してても解雇されないの?

無断欠勤をして退職代行をしても、直ちに解雇されることはありません。

 

たとえ就業規則に「〇〇日無断欠勤の場合は解雇とする」などと記載されていてもです。

 

労働契約法第16条には、解雇権乱用法理という厳しい規制があり、立場の弱い労働者が守られるようにできているためです。

(解雇)
第十六条 解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。

引用:e-gov 労働契約法

 

そして、上記の労働契約法第16条に記載のように、合理的な理由がある場合は解雇になりません。

 

では、合理的な理由とはどんな理由でしょうか?

  • 精神状態が悪く(うつ病など)で連絡できない
  • パワハラ・セクハラがあって連絡したくない

 

一般的には、このような場合は、無断欠勤したからと言って、解雇されることはなく、退職代行でやめても問題ないと考えられます。

 

逆に解雇された場合は、不当解雇問題として裁判を起こすことも視野に入れなければなりません。

 

合理的な理由がない場合、何日無断欠勤したら解雇になる?

上記のような合理的な理由がなく、無断欠勤している場合は、何日休んだら解雇されるのでしょうか?

 

無断欠勤と解雇についての裁判例を調査しますと、6日程度の無断欠勤であれば、解雇されても不当解雇と判断されて無効にることが多いです。

 

しかし、無断欠勤が2週間以上続くと、正当な解雇理由として認められる判例がありました。

 

したがって、あなたが2週間以上、無断欠勤しているならば、退職代行を使って辞めると、解雇されるリスクがあります。

 

このような場合は、弁護士の退職代行にお願いすれば、解雇されないための上手な辞め方を提案してくれます。

 

オススメの弁護士の退職代行については、以下記事をご覧ください。

弁護士の退職代行一覧と絶対オススメの弁護士【2選】

2019.02.13

 

まとめ

  • 無断欠勤が6日程度であれば、退職代行で辞めても解雇されるリスクは低いと思われる。
  • 無断欠勤が2週間続いてる場合は、退職代行で辞めても解雇される恐れがある。

 

無断欠勤をする場合は、理由と日数により解雇されるリスクがありますが、不安な場合は、弁護士の退職代行をお願いしましょう。

 

一般業者ではできないアドバイスをしてくれるはずです。

弁護士の退職代行一覧と絶対オススメの弁護士【2選】

2019.02.13

 

 人気  弁護士の退職代行で一番オススメは?

 人気  退職代行ランキング。TOPはどこ?



「退職代行で失敗したくない…」

質問に答えるだけであなたにベストな退職代行が30秒で無料診断できます。