退職代行で親バレするリスクを下げる3つの方法

スマホをさわる女性

「退職代行を使ったら親にバレないか心配・・・」

 

このように思われる方も多いと思います。

 

結論から言うと、親バレする可能性はあります。

しかし、会社を辞めたくて心身を壊しそうあなたは、今すぐに退職代行を使いたいと思いますよね。

 

そこで本記事では、親バレリスクを極力下げる方法をご提案します。

また、実際に退職代行を使って親バレした人がいるのかも調査しました。

 

退職代行選びで損してませんか?

あなたの状況にベストな退職代行が30秒で無料診断できます!



退職代行研究所編集長
オススメの退職代行は、あなたの労働環境によって変わります。
退職代行選びに迷う方は、30社以上に取材したデータをもとに、企業に所属しない私が中立な立場でアドバイスします。9〜24時で即返信中!

\相談してみる/
友だち追加
※トークではなく「追加」を選び、その後メッセージをお送りください

退職代行は親バレする可能性がある?

退職代行業者のホームページを見ると、ほとんどの業者は以下のように書いています。

 

「親に連絡しないように伝えることは可能。しかし100%連絡が来ない保証はできない」

親にバレずに退職できるか?

引用:https://www.taishokudaikou.com/

 

柔らかい表現で書いていますが、要は、親に連絡がいく可能性はあるということです。

 

これは、弁護士の退職代行であっても同じことです。

 

なぜなら、人に電話をしないことを強制するような法律はないためです。

 

実際に退職代行が親にバレた人はいるのか?

ちなみに、実際に退職代行を使って、親にバレた人がいないか調査すると、親に連絡があったと言う口コミがありました。

 

こちらの方は、親が保証人として登録されているため、連絡がきたようです。

 

確かに、就職する際は、保証人とか緊急連絡先という名目で、親の連絡先を記載しますよね。

 

退職代行で親バレリスクを下げる3つの方法

以下の点に気をつけて退職代行を実行すれば、親バレするリスクはかなり減ると考えられます。

 

親に会社の電話番号を着信拒否にしてもらう

会社の書類に記載する電話番号は、実家の固定電話が多いと思いますが、親に、会社の電話番号を着信拒否にしてもらいましょう。

 

しかし、なぜ?と親に聞かれるのは当たり前ですよね。

 

そんなときは、建前の理由を答えましょう。例えば、

「辞めたい」が言い出せないあなたへ

退職代行研究所編集長
私は会社員時代、「辞めたい」の一言が言い出せず、人生で一番心を病みました。

退職を言い出せない、本当に退職すべきか、退職代行を使うべきか…。そんな方は、退職を切り出すまでに半年かかった私の苦悩や、その乗り越え方をお伝えするストーリーを、LINE限定配信していますので、参考にしてください。

また、LINE個別トークで、あなたの悩み相談も実施中です。

\期間限定!退職ストーリー配信中/
友だち追加
※トークではなく「追加」を選んでください

 

「しばらく会社と労働組合とで、ストライキレベルで争うことになった。自分も組合員なので、会社から頻繁に連絡がくるかもしれない。迷惑かけるから今日だけ着信拒否にしておいて」

 

企業が親に連絡する確率が高いのは、退職代行の連絡をした当日だと思われますので、今日だけ」としておけば良いと思います。

 

着信拒否してもらう番号は、

  • あなたが所属している部署の人事総務部
  • 本社の電話番号程度

 

で良いと思います。

 

そして、退職代行でやめた後も、労働条件が合わなかったから、辞めたという口実にもなります。

 

退職代行を専門で行う弁護士にお願いする

先ほど、弁護士であっても、親に電話をかけさせない法的効力はないと述べました。

 

しかし、一般業者に頼むより、弁護士にお願いしたほうが企業を牽制することはできます。

 

弁護士から「両親への連絡は避けてください」とお願いすれば、権威のある弁護士の言うことなので、企業側も素直に聞いておこうと思うでしょう。

 

これが一般の業者ですと、「お前にそんなことを言われる筋合いはない」と、逆効果になる可能性もあります。

 

退職代行業者を通じて即レスする

企業が親に連絡する最大の理由は、あなたと連絡がとれないからです。

 

これを回避するためには、退職代行業者を通じていつでも即時返信をするようにしましょう。

 

企業によっては、引き継ぎの話とか退職日の調整などを持ちかけてくるかもしれません。

 

それに対して、問答無用でノーレスポンスでは、親に連絡をする可能性を高めるかもしれません。

 

あなたが直接やりとりしなくても、退職代行業者を通じて、即時レスポンスをすれば、親に連絡することはないでしょう。

 

退職代行業者が親になりすまして連絡できない?

親にバレたくないので、親になりすまして退職のお願いをすればいいのでは?と考える方もいるようです。

 

しかし、ほとんどの退職代行業者はなりすましはしないとホームページに記載されていますので、この方法は無理です。

 

仮に、なりすまし電話を受けてくれる業者がいたとしても、その後、勤め先が、実際の親に連絡をしてくる可能性もあります。

 

その場合、悲惨な状況になるのは明らかですよね。

 

まとめ

退職代行は親バレするリスクはあります。

 

それでも、親バレするリスクを下げるには、以下のことをしておきましょう。

  • 親に着信拒否をお願いする
  • 弁護士の退職代行にお願いする
  • 企業への連絡は退職代行業者を通じて即レス

 

なお、企業に即レスするためには、LINE対応が速い弁護士が必要です。

 

弁護士は返信が遅めですが、一番速いなと感じたのが、汐留パートナーズ法律事務所ですね。

私が相談したときは、15分以内に返してくれました。

退職代行汐留パートナーズの評判・口コミを徹底調査【画像あり】

2019.01.11

最後までご覧いただき、ありがとうございました。


オススメの退職代行が気になる方は、管理人が20社以上を潜入調査して作成した本当のオススメ退職代行ランキングをご覧ください。

実績、レスポンスの速さ、対応の丁寧さなどを徹底評価しています。


退職代行選びで損してませんか?

あなたの状況にベストな退職代行が30秒で無料診断できます!



退職代行研究所編集長
オススメの退職代行は、あなたの労働環境によって変わります。
退職代行選びに迷う方は、30社以上に取材したデータをもとに、企業に所属しない私が中立な立場でアドバイスします。9〜24時で即返信中!

\相談してみる/
友だち追加
※トークではなく「追加」を選び、その後メッセージをお送りください



\退職代行のよくある疑問Q&A/

社宅・寮・荷物はどうする? 退職届は必要?
有休消化はできる? 退職代行は弁護士法違反?
退職金はもらえる? 退職代行は非常識?無責任?
ボーナスはもらえる? 無断欠勤扱いになる?
引き継ぎはどうする? 懲戒解雇になる?
無断欠勤扱いになる? 損害賠償請求される?
転職先にバレない? 親にバレない?
成功率は? -