退職代行は当日でもLINE無料相談できる?即日対応できるオススメ業者まとめ

退職代行の即日対応と即日退職

「退職代行で当日に会社を辞めたい。今すぐLINEや電話で無料相談できるところはある?」

 

仕事が辛すぎるあなたは、今すぐに退職代行業者に連絡して、即、退職代行を実行してもらい、明日から仕事に行きたくないと思っていませんか?

 

私は、会社員時代は、毎日思っていましたので、その気持ちはよくわかります。

 

さて、結論からいうと、当日に退職代行の相談をして、即日退職代行を実施することは可能です。

 

ただ、現在、退職代行業者には依頼が殺到しており、対応スピードが遅いところもありますので、対応が遅い業者を選ぶと、即日退職代行ができない可能性もあがります。

 

本記事では、20社以上にLINEや電話で実体験した私が、当日にLINEや電話で無料相談可能で、対応スピードが非常に速く、当日に退職代行を実行できるオススメ業者を厳選して紹介しますので参考にしてください。

 

時間がない方へ。

LINE対応速度が早朝でも深夜でも5分以内で速く、料金が安く、即日退職代行を実行してくれるオススメ業者はSARABAです。労働組合なので、弁護士と同様に交渉も可能。当サイトからも一番選ばれています。

\早朝・深夜もスタッフ完備で即対応/

\退職代行選びで損してませんか?/


あなたの状況にベストな退職代行が30秒で無料診断できます!

 

【退職代行】辞めたいと思った当日にLINEや電話で無料相談できる?

多くの退職代行業者がLINEや電話の24時間対応をしていますので、辞めたいと思った当日に相談が可能です。

 

さらに、相談料金は無料で、その日のうちに退職代行を実行できるところも多いです。

 

ですので、以下のような流れも可能です。

 

4/1 6:00 もう辞めたい。仕事に行きたくない

4/1 6:10 退職代行に無料相談

4/1 6:30 クレジットカード等で入金

4/1 8:30 退職代行業者から会社に電話連絡

 

速いところでは、LINE連絡してから、30分以内に退職代行の電話をしてもらえるところもあります

 

しかし、業者選びの際の注意点もあります。

 

業者の中には、24時間対応と宣伝していても、24時間受付はするけど、返信は翌営業日からというところがありますので、この点は注意しましょう。

 

オススメなのは、早朝も深夜もスタッフを配置して、24時間、退職代行を実行してくれる業者です。

 

当日対応可能な退職代行業者選びのポイント

当日対応可能な退職代行業者選びのポイントを紹介します。

  • LINEの対応スピードが速いか
  • 24時間スタッフによる返信対応できるか(受付だけ24時間はNG)

 

この2点は、必ず押さえておきましょう。

 

あとは交渉ができるか、実績は十分か、などを加味して退職代行業者を選びましょう。

 

交渉ができないと、弁護士法違反になる可能性もあります。

退職代行はどこまでが弁護士法違反?見解が分かれている理由を解説

2018.12.04

 

では、以下ではオススメの退職代行業者を紹介します。

当日にLINE相談後、即日対応できるオススメ退職代行まとめ

以下の表は、筆者が実際にLINE連絡を数回行って検証し、返信速度順に並べています。

LINEレス速度(分以内) 営業時間 正社員料金 交渉
退職代行コンシェルジュ 2 24時間 ¥30,000 ×
SARABA 5 24時間 ¥29,800
わたしNEXT 5 24時間 ¥29,800
GIVE UP 12 24時間 ¥30,000 ×
辞めるんです 14 24時間 ¥30,000 ×
フォーゲル綜合法律事務所 14 24時間 ¥30,000

LINEの対応スピードの観点で言えば、退職代行コンシェルジュ、SARABA、わたしNEXTが、いつでも5分以内に返信がきて、当日に退職代行が可能なオススメ業者です。

「辞めたい」が言い出せないあなたへ

退職代行研究所編集長
仕事やバイトを辞めたい、本当に退職すべきか、退職代行を使うべきか。そんな方は、退職を切り出すまでに半年かかった私の苦悩や体験談をLINE限定配信していますので、参考にしてみてください。LINEでの無料悩み相談も好評実施中!
\期間限定!退職ストーリー配信中/
友だち追加
※トークではなく「追加」を選んでください

 

退職代行コンシェルジュは、人材紹介会社が運営しているので、転職サポートも手厚いです。ただ、労働組合ではないので、交渉ができないのがネック。

 

わたしNEXTは、労働組合なので交渉が可能です。ただ、残業代等の交渉は行なっておらず、また、新しい会社なので、実績が少ないのがネックです。

 

SARABAは、労働組合なので交渉が可能であり、残業代等の交渉も可能です。また、実績も2019年8月時点で6000人以上とトップクラスの安心感があります。ただ、転職サポートが弱いのがネックです。

 

フォーゲル綜合法律事務所は、弁護士でありながら24時間営業している事務所ですので、未払い給料、残業代等の請求まで検討したいならオススメです。

 

迷われる方は、当サイトでも一番選ばれており、総合力に優れる退職代行SARABAに無料相談することをオススメします。

 

5分以内に返事がきます。

 

 

即日退職代行しても即日退職できるとは限らない

ただし、当日に退職代行ができても、当日に退職できるとは限らない点には注意しましょう。

 

ここでは、即日対応と即日退職の違いについて説明します。

 

退職代行における即日対応とは?

即日対応とは、業者にLINEや電話で連絡をしたその日のうちに返信をもらい、その日のうちに退職代行をしてもらうことです。

 

業者からの返信が遅かったり、こちらからの連絡が営業時間外だったりすると1テンポ遅れるので、なるべく業者からのLINE返信が速く、営業時間が長い退職代行を選ぶ必要があります。

 

なお、即日対応希望の方はかなり多いようで、ある弁護士の方に聞くと、8割は即日対応希望とのこと。

 

退職代行における即日退職とは?

即日退職とは、退職代行を実施した当日に退職まで完了させることです。

 

正社員の場合は、退職の旨を伝えてから2週間たってからという法律があるので、本来は即日退職は不可能なのです。

 

これは、弁護士でも同じことです。

 

しかし、実質的に即日退職できるケースがあります。

 

退職代行で実質的に即日退職できるケース

会社との合意が取れた場合

先ほど述べたように、原則、正社員の場合は申し入れから2週間立たないと辞められません。(民法627条より)

 

ただし、会社側が合意すれば即日退職が可能です。

 

退職代行業者に話を聞くと、実際問題は、退職代行すると、即日退職で合意するケースが多いそうです。

 

会社側としては、辞める人に雇用保険などを長々と払いたくないためと考えられています。

 

退職代行後に有休消化する場合

法律的な退職日は、申し出から2週間後以降ですが、退職代行を依頼して有給消化をすれば、会社に行くことはないので、実質、即日退職ができます。

 

有休消化は、労働基準法第39条で認められた権利であり、会社が拒否することはできません。

 

会社側にも時季変更権がありますが、退職時の有休消化を変更することはできないと言われています。

退職代行でも有給消化できる?有給取得率95%以上の業者まとめ

2019.01.10

 

ただし、本当に退職したわけではないので、離職票や失業認定などの手続きは、退職日以降からしかできません。

 

本記事は以上となります。

 

辞めたいと思った当日に退職代行の相談をしたい方は、SARABAに連絡してみてください。

 

\早朝・深夜も5分以内返信/


人気記事
弁護士の退職代行で一番オススメは?

オススメの退職代行ランキング



「オススメの退職代行が多すぎて選べない…」

質問に答えるだけであなたにベストな退職代行が30秒で無料診断できます。





【2019年版】管理人オススメの退職代行サービス3選

素早く丁寧な対応の弁護士「汐留パートナーズ」
オススメポイント
  • 弁護士の退職代行
  • LINEレスが平均12分と弁護士最速
  • 有休消化請求無料
  • 退職金・残業代請求の着手金無料
  • 超巨大法律グループの安心感

※ライン相談の場合は、あなたから「退職代行を検討しています」と送ってください。

総合力No.1の退職代行「SARABA」
オススメポイント
  • 労働組合なので交渉も可能
  • 退職代行実績6000人越え
  • 24時間365日営業で休日・深夜相談もOK
  • LINEレス5分以内で不安がすぐ解消
  • 有給消化率98%
  • リーズナブルな27,000円

転職も考えるなら「ニコイチ」
退職代行ニコイチ
オススメポイント
  • 退職代行実績4500人以上で成功率100%
  • 懇切丁寧な対応がうれしい
  • 転職成功で退職代行費用全額キャッシュバックも